履歴書の自己PR欄…新卒なら何を書くべき?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の自己PR欄…新卒なら何を書くべき?

2017/12/13

【このページのまとめ】

  • ・自己PRの際は、アルバイトや大学などの大きな実績を書こうとする必要はない
    ・自己分析を徹底し、自分の長所をアピールしよう
    ・アピールポイントを絞り、見やすい文章にして、企業が会ってみたいと思うような自己PR欄にしよう
    ・自己PRは、結論、根拠、長所をどのように活かすかを具体的に書こう

自己PRを書く際に、「アルバイトで重要なポジションを任せられたことがない」「大学で委員長をしたりサークル活動はしていたがエースではなかった」など、大きな実績を残していなくて悩んでいませんか?
自己PRで大切なのは、いかに輝かしい実績を残したかではなく、いかに自分が持つ強みをアピールできるかです。
本コラムでは、新卒の方が自己PRを書く際のコツを紹介しています。

◆新卒者が自己PRを作るには?

・重要なのは実績の大きさではない
新卒の方は、自己PRに何を書こうか悩んだ経験があるのではないでしょうか?
新卒の方は社会経験がないため、サークルやアルバイトなどの大きな実績を書こうとして悩みがちになってしまう傾向にあるようです。
しかし、実際にそれほど大きな実績を持っている人は多くはいません。
また、自己PRは残した実績の大きさではなく、何かを成し遂げるためにどのような努力をしたか・そのようなエピソードを通してどのように成長したか・その強みをどのように仕事に活かすかをアピールするもの。
まずは自己分析を徹底し、自分の長所を探しましょう。

・長所の探し方
まず、過去の自分を振り返り、思い出せる限りエピソードを書き起こします。
そのエピソードを通し、自分の中の絶対に譲れないものや、これだけは誰にも負けないという部分を抜き出してみましょう。
そうしていくうちに、自ずと自分の強みや短所が見えてくるはずです。
また、他人からの評価とギャップがある可能性もあるため、他己分析も行って第三者の目線も交えましょう。
企業ごとに求める人物像は違うため、どの企業にも当てはまるような自己PRでは他の応募者の中に埋もれてしまいます。
企業研究を徹底し、それぞれの企業のニーズに沿うPRポイントをその都度選択しましょう。


◆履歴書に自己PRを記載する時のポイント

・アピールポイントは1つに絞る
長所やエピソードが多いと全部書きたくなるかもしれませんが、履歴書の自己PR欄は狭く、書ける内容が限られます。
エピソードとアピールポイントは1つずつに絞り、応募先の企業に見合った自己PRを練りましょう。

・企業が「会いたい」と思う内容を意識する
企業の多くは、面接の前に書類選考があります。
書類選考を通過するには、企業に「この人に実際に会ってみたい」と思ってもらうことが必要です。
自己PRを書く際は、そのような内容を意識しましょう。

・読みやすさを重視する
自己PRを書く際は、行間・文字間隔に注意しましょう。
また、字が綺麗でなくても、丁寧に書くことを意識してください。字数は、200~300字程度が望ましいです。
自己PRを書く際は、内容だけでなく読みやすさも重視するといいでしょう。


◆自己PR欄を書く時の流れ

自己PRは、下記のような流れで書きましょう。

・結論
自己PRの際は、「私の強みは○○です」というように、最初に結論を述べましょう。
最初にアピールポイントを記載することで、採用担当者もその後の話を理解しやすくなります。

・根拠(エピソード)
自己PRは、ただ自分の長所や実績の内容のみをアピールするだけでなく、その裏付けとなるエピソードを交える必要があります。
たとえば、失敗談などは、その状況を改善するためにどのような努力をしたか、その結果どのように自分が成長したかを具体的に説明すると、説得力が増すでしょう。

・仕事にどう活かすか
最後に上記のエピソードを通して得たものや、強みをどのように仕事に活かしていくかを具体的に述べると、企業が入社後の活躍をイメージしやすくなります。

自己PRは、企業へ自分の強みをアピールする大切な項目です。
自己分析や企業研究を丁寧に行い、しっかりと内容を練っていきましょう。
もし自己分析のやり方がわからない、自分の長所が見つけられないという方は、エージェントを活用するのも有効です。
ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが書類作成についてマンツーマンで指導します。
他にも、面接対策や就職活動に関するお悩みの対応など、さまざまなサービスを無料で提供。
就職活動でお困りの方は、ハタラクティブまでご相談ください!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ