新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接の自己PRを攻略!企業に合ったアピール方法とは?

面接の自己PRを攻略!企業に合ったアピール方法とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・企業が自己PRを尋ねる理由は、企業が求める人材か、スキルを裏付ける根拠があるかを知りたいため
    ・自己PRで好印象を与えるためには、企業が求める人材を研究し、具体的なエピソードを交えて話す
    ・アピールポイントを盛り込みすぎたり、履歴書と相違がある内容を話したりすることは避ける
    ・自信を持ってハキハキと話せば、書類では伝わらない自分の魅力をアピールできる

「履歴書は自己PR欄がないものを選ぶ」という人がいるほど、苦手とする人が多い自己PR。しかし、面接における自己PRは、自分がどんな人物かを企業に理解してもらうための大切な時間です。
「PR」はもともと「広報」という意味。自己PRは企業に自分を宣伝するものと言えます。自分の魅力を企業に理解してもらうには、どんな方法が適切なのでしょうか?

◆なぜ自己PRを聞かれるの?

まずは、企業がなぜ応募者に自己PRを求めているのかを分析していきましょう。

【企業に合っている人材かを知りたい】

例えば、「質実剛健」という理念を持つ企業に対して、「フットワークの軽さが自慢です」という自己PRはややミスマッチな印象を与えます。
もしこれが「コツコツと作業し、最後までやり遂げるのが得意です」というアピールなら、企業の風土に合っていると言えるのではないでしょうか。
この応募者は我が社の社風に合った人材なのか?」という点は、企業が自己PRから読み取りたいと考えるポイントのひとつです。

【アピールに根拠があるかを知りたい】

ただ「パソコンが得意です」と言っただけでは、企業には本当に得意なのか、どの程度のレベルなのかはわかりません。また、履歴書にIT系の資格が並んでいても、どういった実務経験があるのか、どれだけ情熱を傾けたかまでは推し量れないでしょう。
企業は、口頭での自己PRを通して、応募者のアピールに具体的な根拠があるのかどうかを知りたいと考えています。

【企業で活躍できる人材か、能力があるかを知りたい】

企業が自己PRを聞くことには、その企業で活かせるスキルを持っているかを確認したいという意図もあります。
もしアパレル販売の商品知識があっても、食品販売会社でその知識を活かすことは難しいでしょう。
その場合、企業が知りたいのは「アパレルの商品知識があるか」ではありません。「販売実績はどの程度か」「店舗改善のために努力したことはあるか」といった、その企業で活かせる能力を持っているかという点を知りたいのではないでしょうか。


◆面接の自己PRで好印象を与えるには!

企業が自己PRを求める理由がわかったところで、続いては、実際に面接で好感を与える自己PRには何が必要かを探っていきます。

【企業研究で企業が求める人物を分析する】

企業にマッチした自己PRをするには、まず企業研究をするのがおすすめです。
企業の公式サイトには、企業理念や社訓などが載っていることが多くなっています。採用ページを設けている企業もあるでしょう。求人票にも参考になる記述があるかもしれません。
これらの情報から、企業が求める人材像を読み解き、その人物像に合わせたアピールを導き出していきます。

【具体的なエピソードを交える】

自己PRには、具体的なエピソードが欠かせません。エピソードはPRに説得力を持たせるため、それを受けた企業は入社後にその能力を活かすことをイメージしやすくなるでしょう。
その際、「社内で改善提案表彰を受けた」というような客観的な評価や、「昨年比125%の売上」といった数値での実績を盛り込めば、さらに説得力を持たせることができます。


◆自己PR時にやってしまいがちな注意点

最後に、自己PRの際に気をつけたい項目を、良くない例と一緒に見ていきましょう。

【アピールポイントが多すぎる】

×「学生時代はサッカーに打ち込みながら、ボランティア活動も行なっていました。さらに就職後は業務改善に取り組み…」

自分の経験をすべてアピールしようとすると、何を伝えたいのか分かりづらくなってしまいます。アピールポイントは1~2個に抑えましょう。企業に合ったものや一番自信のあるものをピックアップするのがベターです。

【履歴書に書いたことと内容がずれてしまう】

×「前職では新規開拓の営業に取り組んでいました。」(履歴書の職歴には飲食店スタッフの記述のみ)

書類と、口頭での自己PRに相違があると、企業からアピールのために嘘をついていると思われてしまう可能性があります。
経歴や資格の記述を削る必要はありませんが、自己PRには履歴書とズレのない内容をピックアップするよう心がけましょう。

【自信がなく、おどおどした態度になってしまう】

×「あ、明るく誠実な接客を心がけていました…。」

どんなに素晴らしい自己PRを考えても、話す時に不安そうな態度では相手に内容が伝わりません。面接という場で気持ちが臆してしまうこともあるかもしれませんが、自信を持って挑みましょう。
好印象を与える自己PRのためには、面接前の準備が欠かせません。PR文を紙に書き出し、鏡の前でハキハキと話す練習をするのがおすすめです。


面接での自己PRは、苦手とする人も多いポイント。しかし、堂々と話すことができれば、書類だけではわからないあなたの魅力を企業に直接アピールすることができます。
そのためには、内容、構成、話し方を研究し、自分が伝えたいことがしっかり伝わるように準備を整えておくことが大切です。

しかし、一人で自己PRを考えていると「これでいいのかな?」と不安になることがあるかもしれません。そんな時は、就活・転職活動のプロに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、未経験からの正社員就職に特化した就職エージェントです。あなたとマンツーマンで向き合い、自己PRに使えるポイントを分析。企業の特性や社風も熟知しているから、企業に合った最適な自己PR法をアドバイスすることができます。
面接対策は、納得がいくまで何度でもチャレンジ可能。あなたの就職をしっかりサポートします!

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ