仕事を辞める理由の伝え方とは?例文を参考に円満退職を目指そう

仕事を辞める理由の伝え方とは?例文を参考に円満退職を目指そうの画像

この記事のまとめ

  • 仕事を辞める理由は嘘ではなく、建前を使うことが大切
  • 仕事を辞める理由がネガティブな場合は、ポジティブな内容に変換する
  • 仕事を辞める理由は、まず直属の上司に伝えるのが基本

退職を考えているものの、仕事を辞める理由を会社にどう伝えるか悩んでいる人は多いでしょう。円満に仕事を辞めるためには、ネガティブな理由をポジティブな内容に変換して伝え方を工夫する必要があります。このコラムでは、円満に仕事を辞めるための理由の伝え方や例文をご紹介。仕事を辞める理由を伝える前に知っておくべきポイントについてもまとめましたので、角を立てずに退職するための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞める際に多い理由とは?

仕事を辞める理由として多いのは、会社への不満や家庭の事情、キャリアアップのためなどが挙げられます。特に、待遇の不十分さや職場環境の悪さは、企業側がすぐに対応・改善できることではないので、受け入れてもらいやすい理由といえるでしょう。「退職理由は建前を伝えるべき?仕事を辞める本当の理由」では、仕事を辞める理由をランキング形式で紹介しているので、ご一読ください。

円満に仕事を辞めるための理由の伝え方

円満に仕事を辞めるためには、理由の伝え方を工夫することが大切です。以下で気をつけるべき点を解説しているので、参考にしてみてください。

ネガティブな理由は避ける

仕事を辞める理由を会社側に伝えるときは、ネガティブな内容は避けましょう。たとえ本当の理由でも、ネガティブな内容をそのまま伝えてしまうと、角が立って気まずくなったり、退職を引き止められたりする可能性があります。特に、会社や職場環境に対する不満は述べないのが賢明です。円満退職を目指すためにも、避けたほうが良い理由は事前に把握しておきましょう。

人間関係の悪さ

仕事を辞める理由として人間関係の悪さを伝えると、部署異動を提案されて引き止められる可能性があります。また、苦手な人や性格が合わない人に退職理由が伝わってしまえば、さらに気まずくなることも。人間関係の悪さの原因が上司にある場合、退職を切り出しにくいと感じる人も多いでしょう。

仕事が合わないこと

「現在の仕事が合わない」という退職理由は、引き止めに合う可能性が高めです。仕事が合わないという退職理由は「弱音を吐いている」と捉えられやすく、忍耐力のなさや業務姿勢を指摘されてしまうこともあるでしょう。上司に「続けることでやりがいが分かるはずだ」と諭されて引き止められると、退職の意思自体が揺らいでしまう恐れもあります。

会社に対する不満

会社への不満も、仕事を辞める理由として伝えるにはふさわしくありません。給与や待遇に関する不満や批判を正直に伝えてしまうと、上司や同僚の心証を悪化させ、トラブルに発展する恐れがあるからです。社内での印象が悪くなることで、退職手続きの妨げとなってしまうでしょう。

急に辞める場合はしっかり謝意を伝える

自身の体調不良や親の介護などで急に仕事を辞める場合は、しっかりと謝意を伝えることが大切です。社員が急に辞めると、会社は退職手続きや人員の確保を短期間で行わなければなりません。会社に迷惑を掛けていることを申し訳ないと思う姿勢が見られなければ、正当な退職理由であっても良い印象を抱かれない可能性があります。急な退職を申し出る際は、誠意のある対応を心掛けましょう。

嘘はつかない

仕事を辞める本当の理由が伝えにくいものであったとしても、嘘をつくのは望ましくありません。嘘が発覚してしまった場合、心証悪化は避けられず、円満退職は見込めないでしょう。また、退職後も嘘をつき続けることに疲れてしまう可能性も。仕事を辞める理由をいいにくい場合は、嘘をつくのではなく、印象の良い「建前」に変換することが大切です。

転職する際の退職理由の伝え方にも気をつけよう

転職活動中の面接でも、退職理由の伝え方には注意しましょう。たとえば、「人間関係の悪さ」が理由で仕事を辞めた場合、そのままいわずに「チームで協力し合える環境で働きたいと思ったから」というように、前向きに伝える工夫が必要です。転職での退職理由の伝え方は「転職理由を面接で聞かれたら本音を伝える?前向きさを占める書き方の例文とは」で解説しているので、参考にしてみてください。

円満に仕事を辞めるための理由の例文

この項では、円満に仕事を辞めるのに効果的な「前向きな理由」と「引き止めにくい個人的な理由」の2つの例文を紹介します。

前向きな理由

仕事を辞める前向きな理由として、以下のような例文が挙げられます。

・○○の業務スキルを高めるためにより専門的な業界で成長したい
・これまでの経験を活かして○○職に挑戦したい
・資格を取るための勉強に専念したい

明確な将来のビジョンや向上心を伝えられれば、印象が悪くなったり申し出を拒否されたりする可能性は低いでしょう。退職後の挑戦を応援してもらいながら、円満に退職しやすくなると考えられます。

引き止めにくい個人的な理由

個人的な理由は会社側が干渉しにくいため、引き止めを回避できる可能性が高いでしょう。ただし、先述したとおり、嘘をつくのは望ましくありません。以下の例文を参考に、仕事を辞める理由を考えてみてください。

・結婚に伴い転居するため新天地で転職する
・体調不良のため治療しながらできる○○の仕事に移る
・家業を手伝うことになった
・家族の介護に専念することになった

万一、会社側から異動やシフト調整、休職などを提案された場合、曖昧な態度を取らないことが大切です。退職の意思が固まっていることをしっかり伝えましょう。円満に仕事を辞めるのに効果的な理由は「仕事を辞める理由は嘘でも良い?本音を伝えないメリットとデメリットを解説」でも紹介しているので、ぜひご一読ください。

仕事を辞める理由をいいづらいときはどうする?

仕事を辞める理由を会社側に伝えづらいときにおすすめの対処法は、「ポジティブな内容に変換する」と「転職エージェントに相談する」の2つです。

ネガティブな理由はポジティブに変換する

仕事を辞める理由がネガティブでいいづらい場合は、建前を使ってポジティブな内容に変換します。以下の例を参考に、本音と建前を使い分けましょう。

例1

「人間関係が悪い」という本音は、以下のように変換できます。

(本音)人間関係が悪い
(変換)周囲を気にせず、のびのび働きたい
(建前)新しい環境で、より自分の強みを活かせる仕事がしたい

仕事を辞める理由として現状の辛さを訴えるのではなく、退職後の前向きなビジョンを伝えて引き止めを回避しましょう。

例2

「会社への不満」をポジティブに変換する方法は以下のとおりです。

(本音)評価が不当で、成果が給与に反映されない
(変換)頑張りが認められる職場で働きたい
(建前)さらなるキャリアアップを目指して、新天地で実力を試したい

前述したとおり、仕事を辞める理由として給与や待遇に関する不満をそのまま伝えると、印象が悪くなる恐れがあります。会社側に悪い印象を与えないためには、建前に「キャリアアップのため」や「子どもの将来のために収入を上げたい」など、具体的な理由を盛り込むと良いでしょう。

転職エージェントに相談してみる

仕事を辞める理由をいい出せず悩んでいる人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントとは、転職者の求人探しから内定獲得までを一貫してサポートしてくれるサービスのこと。そのほかに、退職理由の伝え方やタイミング、必要な手続きなども専任のアドバイザーに相談できます。第三者に相談しながら、安心して退職手続きを進められるでしょう。

仕事を辞める理由を伝えるときのポイント

仕事を辞める理由を会社側に伝えるときには、「まずは上司に伝える」と「曖昧な態度は取らない」という2点のポイントをおさえる必要があります。円満退職を実現するために、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。

まずは上司に「相談」の形で伝える

仕事を辞めることを決意したら、まずは直属の上司に「相談」の形で伝えます。同僚や部下、上司以上の上役に先に話が漏れると角が立ち、円満退職は難しくなってしまうでしょう。また、相談という体裁ではなく、いきなり退職を切り出すのも望ましくありません。落ち着いて話を聞いてもらえるように、お世話になった感謝の気持ちや明確な退職理由を前置きとして伝えると良いでしょう。

退職日までに余裕をもって伝えよう

上司への申し出は、退職日までに余裕をもって伝えることが大切です。退職希望日の1~3ヶ月前までには、仕事を辞める意思と理由を伝えましょう。退職に伴う各種手続きや後任の配置、引き継ぎにはある程度の手間と時間を要します。周囲に迷惑を掛けないためにも、退職の申し出は繁忙期を避け、できるだけ早いタイミングで行いましょう。

口頭で伝えるのがベター

仕事を辞める意向と理由は、口頭で直接伝えるのがベターです。「退職の話は気まずい」「忙しそうだから」といって、メールで意思を伝えるのは避けましょう。就業中は避け、休憩時間や就業後など、上司の業務が落ち着く頃合いを見計らって話を切り出します。

曖昧な態度は取らない

仕事を辞める決意をしたのであれば、「悩んでいる」「考えている」といった曖昧な言動は取らないように気をつけましょう。曖昧な態度を取っていると、引き止めに合う可能性があります。引き止められているうちに退職の話がうやむやになってしまう恐れもあるため、毅然とした態度で自身の意思と理由を話すことが大切です。

仕事を辞める理由を伝える前に知っておくべきことは?

この項では、仕事を辞める理由を会社に伝える前に知っておくべきことを紹介します。退職手続きをスムーズに行うための参考にしてみてください。

引き継ぎは計画的かつ漏れなく行う

仕事を辞める際に大切なのが、丁寧な引き継ぎです。後任者がすぐ理解できるように、業務環境をしっかり整理しておきましょう。職種によっては、取引先への挨拶や業務ルートの説明などの外回りが必要な場合も。綿密に引き継ぎのスケジュールを立てたり、マニュアルやリストを作成したりして、漏れなく情報を伝えるようにしましょう。引き継ぎの方法は「後任者も企業も安心!スマートな仕事の引き継ぎ方とは」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

必要なら失業保険を申請する

転職するまでに期間が空く人は、退職後にハローワークで失業保険の受給申請が可能な場合があります。自己都合退職の人は、「退職日からさかのぼって2年以内に、被保険者期間が12ヶ月以上あること」が受給の条件です。また、申請に必要な「雇用保険被保険者証」や「離職票」は会社に依頼して発行してもらう必要があります。受給条件に該当する人は、仕事を辞める理由を伝える前に、必要な手続きや書類を確認しておきましょう。失業保険については「失業保険の受け取り方のステップとは?支給額のルールと注意点も紹介」で解説しています。

転職活動は表立ってしない

仕事を辞める前に転職活動を行う場合は、表立った行動をしないのが賢明です。社内で公表する前に退職することが漏れると周囲が混乱したり、「現職をおろそかにしている」とマイナスのイメージにつながったりする恐れがあります。転職活動は、現職の業務や引き継ぎに支障が出ない範囲で行いましょう。

仕事を辞める準備と転職活動を並行して行いたい方には、ハタラクティブのご利用がおすすめです。ハタラクティブは、若年層向けの転職エージェント。専任のアドバイザーが丁寧なカウンセリングをもとに、あなたの希望に沿った求人や企業をご紹介します。また、現在の会社を円満に辞められるように、退職理由の内容も相談も可能。仕事の合間に悩みや困りごとを相談できるので、働きながら転職活動を進めるのが不安な方におすすめです。円満退職と転職のどちらも実現させるためにも、ぜひ一度お問い合わせください。

この記事に関連するタグ