新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退社と退職の違いとは?会社を辞めた理由の伝え方

退社と退職の違いとは?会社を辞めた理由の伝え方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「退社」には複数の意味が含まれているため、履歴書には「退職」と書くのがおすすめ
    ・退職理由は、自己都合なら「一身上の都合により」と簡潔に記載する
    ・転職回数が多かったり、ブランク期間が長かったりする場合はあえて詳細に伝えるのも手
    ・面接で聞かれた際は、ネガティブな内容にならないよう注意

転職活動の際、履歴書を書く上で気になる「退社」と「退職」の違いや、会社を辞めた理由の書き方、面接で好印象を残せる伝え方などを詳しくご紹介します。
転職活動中の方はもちろん、転職を考えている方も参考にしてみてください。

◆「退社」と「退職」の違いは? 

まず、退社と退職の違いについてですが、両方とも「会社を辞める」という意味の言葉なので、どちらを使っても間違いではありません。
ただし、 退社には、「仕事を終えて会社を出る」という意味もありますので、履歴書では「退職」を使うと紛らわしくないでしょう。


◆退職の理由も書こう 

「◯◯株式会社 退職」と書くだけでは退職した理由がわからないため、簡単に退職理由も添えるのが一般的です。とはいえ、詳細に書く必要はないので、以下のような表現を用いるようにしましょう。

自己都合:一身上の都合により退職 
会社都合:会社都合により退職 
契約期間が満了した:契約期間満了につき退職 
勤務中:現在に至る(退職予定日が決まっている時は記載する) 

【転職回数が多い場合】

転職回数が多いと、それだけで不採用になってしまうケースもあります。もし結婚や出産など、やむを得ない理由があって転職が多くなってしまった場合は、「結婚に伴い退職」などより詳しい退職理由を書くとある程度はフォローできるでしょう。

【ブランクがある場合】

病気や怪我などで働けなかった空白期間がある場合は、「病気療養のため退職」と書くとマイナスイメージになってしまうことを防げます。また、業務に支障がないことを伝えるために、現在は完治していることも併せて記載しておきましょう。


◆退職理由の伝え方は? 

履歴書には前項で挙げた通りに書けば良いのですが、面接で退職理由を聞かれた際は具体的に答えなければなりません。
そこで、好印象を持ってもらえる退職理由の伝え方をご紹介します。

【ネガティブな退職理由は言わない】

退職理由が、キャリアアップなど前向きな理由の場合は積極的にアピールしたほうが良いのですが、待遇面の不満や人間関係の悪化で辞めた場合、これらをそのまま言うのは避けましょう。
なぜなら、採用担当者から「この人は不平不満が多い」「うちに入っても、また人間関係が理由で辞めるのでは?」と思われ、印象が悪くなってしまうケースが多いからです。

【今後どうしたいかを述べる】

ネガティブな退職理由を正直に話すのはあまりよくないとお伝えしましたが、不満が出ること自体は悪いことではありません。
「自分はこういう働き方をしたかったが、前職では叶わなかった」というのを正直に話した上で、それを自身で改善しようとした姿勢をアピールし、今後はどうしていきたいかなど、仕事への強い意欲を見せましょう。
また、退職理由はできる限り志望動機に繋がるような前向きな話に持っていくと好印象を残せます。

【退職理由の言い換え例】

以下、ネガティブな退職理由の言い換え例を挙げますので、どう伝えれば印象が悪くならないか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

・人間関係が良くなかった
前の職場は個人プレーを重視する傾向が強かったのですが、私自身は周りとコミュニケーションを取りながらチームで仕事を進めていくのが得意なタイプでした。そのため、自分に合った働き方をしたいと感じ転職を決めました。

・給与が低かった
前職でも◯◯の業務を担当し、毎月売上目標を達成するなどやりがいを感じながら業務をこなしてきました。しかし、自分の成果を正当に評価されているのか疑問に感じることが多々あったことから、転職を決めました。

・勤務時間が長い
前職では一人あたりの業務量が非常に多かったため、フローの見直しなど業務効率を上げるための改善案を出しました。しかし、変化を好まない社風だったこともあり、受け入れられなかったため、環境を変えようと考えました。

・職種が合わなかった
前職の職場環境や人間関係には満足していましたが、業務で◯◯の職種に携わったことをきっかけに、以前より興味のあった◯◯の職種に就きたいという気持ちが日に日に大きくなり、転職を決意しました。


「転職活動が思うように進まない」「今の仕事を辞めたいけど、自分にどんな仕事が合うかわからない」という方は、転職エージェント、ハタラクティブをご活用ください。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが一人ひとりの悩みや疑問に応え、その人に合った求人をご案内。また、応募書類の作成や面接対策なども行っておりますので、安心して転職活動を進められます。
ハタラクティブの主なユーザーは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターといった若年層です。もちろん、未経験可の求人も豊富に取り揃えています。
まずはお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ