Iターンとは?メリットとデメリットも追求

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. Iターンとは?メリットとデメリットも追求

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・Iターンとは、都市部から地方へ移住して職につくこと
    ・Uターンとは、地方出身者が都市部で就職後、再び地元に帰り仕事に就くこと
    ・Jターンとは、地方出身者が都市部で就職した後に、地元近くに移住し就職すること
    ・地方と都会、どちらにもデメリットとメリットが存在する
    ・職探しで大切なのは、住む地域だけではない

ニュースやマスメディアを通して、Iターンという言葉を聞いたことがある方は多いと思われます。具体的にどういうものなのでしょうか。また、Uターン、Jターンとの違いなどにも注目しながら解説していきます。今後の就職活動の参考にされてください。

◆Iターンとは?

都市部出身者が地方に移住し就職する形態を、Iターンと言います。
具体的には、次のような例を指します。

【Iターンの具体例】

例1)東京都板橋区出身の男性が、福岡県に移住し県内の企業に就職した。

例2)大阪府堺市出身の女性が、佐賀県の公務員採用試験に合格し移り住んだ。

上記のような就職パターンの大きな特徴は、就職地へ一方通行だということです。その様子から、Iターンという表現をされます。
都市部での就職経験があるか否かは、定義付けされていません。しかし、一般的には都市部(出身地)で就職したのちに地方へというケースを指すようです。

◆Uターンとは?

地方出身者が、進学を機に都市部へ移住。大学卒業後に都市部で就職し、経験を積んだ後に故郷に戻る形態を、Uターンと言います。

【Uターンの具体例】

例1)愛媛県今治市の高校生が東京の大学へ進学。東京にあるIT会社へ就職、3年後に離職し地元へ戻り県内企業へ就職した。

例2)山口県下関市出身の高校生が就職のため大阪へ移住。4年間勤務した後、出身県へ戻り地元での再就職を目指している。

上記の例のように、行って戻る、という弧を描く様子から、Uターンという名称がつきました。再就職は、社会人経験やスキルを活かして行う人が多いようです。

◆Jターンとは?

地方出身者が進学や就職で都会に出た後、出身地に近い地方都市に移住。そこで就職することを指します。

【Jターンの具体例】

例1)群馬県前橋市出身の高校生が進学を機に上京。東京で就職した後、埼玉県さいたま市にある企業へ転職した。

例2)富山県高岡市育ちの高校生が就職のために名古屋へ移住。経験を積んだ後、石川県にある企業に転職した。

Uターンのように地元に戻りはしないが、ほど近い都道府県に移住というルートの線状から、Jターンとの名称がついたようです。

◆地方に暮らすメリット・デメリット

一度外に出たものの地元に戻ってくる人、地方での就職を目標に移住する人、形は違いますが共通しているポイントは、地方だということ。
地方オリジナルのメリットがあるからこその選択なのだと思われます。では、具体的にどのような利点があるのか見ていきましょう。
出身地に住む場合と、全くの移住の場合それぞれのメリットとデメリットについて挙げてみます。

【出身地に住むメリット】

まず第一に、慣れ親しんだ土地ということが挙げられるでしょう。馴染みのある土地の空気感に包まれながらの生活は、心落ち着く日々をもたらしてくれると容易に想像できます。
古くからの友人が近くにいることも、何かと楽しそうです。またなによりも、親の側で生活することは互いにとって安心だと思われます。

次に、物価の事情に着目してみましょう。衣服等はさほど差はありませんが、生鮮食品は地方の方が安いと思われます。
都会に比べて、土地や住宅が比較的安価なのも魅力のひとつ。将来的にマイホームを持つことも不可能ではないでしょう。

【地方へ移住するメリット】

良心的な物価という点は、移住をするにあたって大きな利点だと思われます。また、自治体によっては、移住するにあたり補助金を出すところもあるようです。

【出身地に住むデメリット】

知り合いが多い分、良いことも悪いこともすぐに知れ渡るおそれがあるでしょう。また、都会に比べて、医療機関や商業施設の数が少ないと思われます。

【地方へ移住するデメリット】

地方ならではの人との距離感や、地域の行事等に慣れるのが大変だと感じる方もいるでしょう。また、都会に比べて、公共の交通網が整備されていないという現状があります。

このように、都会と地方どちらにもメリットとデメリットはあるようです。住む地域にとらわれすぎると、デメリットに気がつけないおそれがあります。
つまり、就職を考える際に大切なポイントは、住む場所だけではないということ。企業のビジョンや雰囲気、自分に合っていそうか、ということにも注目することが必要です。

自身で情報収集するのは難しい、という方は、就職転職エージェントを利用するのも良いでしょう。
ハタラクティブでは、あなたの経歴やスキル、専門分野などを踏まえたうえで、企業求人を紹介いたします。対象はフリーター、既卒、第二新卒の方々。
紹介だけではなく、アフターフォローまでしっかりと行います。まずは、あなたのお話をじっくりとお聞かせください。
お問い合わせお待ちしています。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ