1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 常用型派遣とは?登録型派遣との違いやメリット・デメリットを解説!

常用型派遣とは?登録型派遣との違いやメリット・デメリットを解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・常用型派遣とは、派遣会社と無期雇用を結んだ状態の派遣社員のこと
    ・常用型派遣は専門性の高いスキルをもつ人や安定した雇用を求める人に向いている
    ・無期転換ルールにより、無期雇用にはなれるが正社員になれるわけではない
    ・常用型派遣は登録型派遣よりも自由度は低いがキャリアを築きやすい

常用型派遣とは?登録型派遣との違いやメリット・デメリットを解説!の画像

「常用型派遣ってなんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか。派遣の働き方の一つである「常用型派遣」は「登録型派遣」と何が違うのでしょう。このコラムでは、「常用型派遣」と「登録型派遣」の給与体制や待遇などの違い、メリット・デメリットについて解説しています。「常用型派遣」を正しく理解した上で、今後の働き方について考えてみてはいかがでしょう。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

常用型派遣とは

常用型派遣とは、派遣会社に社員として常に雇用されている状態の派遣のことを指します。
派遣会社と無期の雇用契約を直接結んでいるので、派遣先の就業期間が終了しても無職になることはありません。次の派遣先が決まるまでの待機中も給与が支払われます。
常用型派遣は派遣会社の面接や選考を受ける必要がありますが、その分、登録型派遣より良い待遇で派遣されるでしょう。
また、働く期間に制限がないので、腰を据えて取り組む専門性の高い企業や長期のプロジェクトを抱える企業に派遣される傾向が高いといえます。
▼関連記事
派遣社員ってどんな働き方?

登録型派遣という働き方もある

常用型派遣とは別に、登録型派遣という派遣の働き方もあります。自身にあった派遣の方法はどちらか考えてみましょう。

登録型派遣とは

登録型派遣とは、派遣会社に登録して、派遣先の企業で働いている期間中、派遣会社と雇用関係を結んだ状態の派遣のことを指します。
常用型派遣とは違い、派遣先の就業期間が終了したら派遣会社との雇用関係も終了。もちろん、雇用契約が締結されていないため、次の派遣先が決まるまでの間は給与は発生しません。新たに企業に派遣される場合は、再度契約を結ぶ必要があります。
比較的短期間で派遣先は変わりますが、ライフスタイルに合わせた条件や時間の仕事を選べるので、プライベートを充実させたい方におすすめの働き方といえるでしょう。
▼関連記事
正社員を目指すなら!派遣会社で働いてみませんか?

常用型派遣と登録型派遣の違い

常用型派遣と登録型派遣では、雇用関係だけでなく給与形態や待遇が異なります。詳しい解説は以下をご覧ください。

雇用関係

常用型派遣は派遣会社と直接雇用関係を結びます。そのため、派遣先が決まっていない状態でも雇用関係は継続するので、安定した雇用といえるでしょう。
登録型派遣は派遣会社と間接的な雇用関係を結びます。あくまで派遣会社には「登録」という状態です。そのため、常用型派遣よりは自由な働き方ができるでしょう。

給与体制

常用型派遣の給与体制は月給制です。派遣先が決まっていない状態でも雇用関係が続いているので、勤務に当たっていないブランクの間も給与が発生します。
登録型派遣の給与体制は時給制です。派遣期間が終了すれば雇用契約も終了となるため給与も発生しません。

待遇

長期的に働ける常用型派遣は派遣先から重宝されることもあるでしょう。また、月給制なので登録型派遣よりも給与額は多いです。
派遣社員は活躍が認められると、派遣先の企業から直接雇用を提案されることもあります。しかし、派遣会社によっては常用型派遣の社員には直接雇用の提案を積極的に行わないことも。長期的なキャリアを見据えた派遣会社選びを行いましょう。
登録型派遣は常用型派遣よりも待遇が低い傾向にあります。また、時給制なので月の稼ぎは常用型派遣より少ないといえるでしょう。
ただし、派遣契約ごとに雇用契約を結ぶ登録型派遣は派遣会社から囲い込まれることが少ないため、常用型派遣よりも派遣先の正社員になりやすいといえます。

福利厚生

常用型派遣は、登録型の派遣社員では受けられない会社の福利厚生の恩恵を受けやすくなります。
派遣会社にもよりますが、常用型派遣には賞与制度や昇給制度が設けられているのが一般的です。退職金が払われる派遣会社もあります。また、2015年に改正された労働者派遣法により、「キャリア形成支援制度」が派遣会社に義務付けられました。これにより、長期間働く常用型派遣はキャリアアップを目指しやすい環境といえるでしょう。
登録型派遣は短期間で派遣先が変わるので、特定のスキルを磨くのが難しい傾向があります。研修制度も基本的なPCスキルやビジネスマナー等、基礎的なものが多いようです。

常用型派遣は正社員とは限らない

常用型派遣のなかには、無期転換ルールを利用した無期雇用派遣として働く方も。無期雇用派遣は正社員ではありませんが、無期契約を結んでいるので常用型派遣といえます。

無期転換ルールとは

無期雇用転換ルールとは、2013年4月1日の改正労働契約法によって施行された新たな働き方のこと。
派遣社員に限らず、有期雇用で働く労働者が対象で、いくつかの条件を満たすことで有期雇用から無期雇用に転換できるルールです。
有期雇用の派遣社員が無期雇用に転換するには、以下の条件を満たす必要があります。
・有期雇用契約の通算期間が5年を超えていること
・契約の更新回数が1回以上あること
・現時点で同一の派遣元との間で契約していること
以上の条件を満たすことで、無期雇用契約への転換を申し込む権利が発生。申し込みをすれば無期雇用契約が成立し、無期雇用の派遣社員として勤務できます。

正社員との格差がある

無期雇用派遣が正社員と同じなのは、「契約に期間がない」という点です。それ以外の労働条件や手当、賞与は異なるのでしっかりと確認してください。
正社員と婿雇用派遣社員の違いを正しく理解していないと、正社員と働く条件は一緒なのに、格差を感じて「辞めたい」と思ってしまうこともあるでしょう。
▼関連記事
登録型となにが違う?派遣会社の正社員とは

常用型派遣のメリット・デメリット

常用型派遣のメリット・デメリットを解説します。自身の状況と照らし合わせて、今後の働き方を考える参考にしてみてください。

メリット

常用型派遣のメリットは以下の通りです。
・空白期間が発生しない
・雇用の安定性
・スキルアップしやすい環境
・3年ルールに縛られない
常用型派遣はブランク期間も雇用関係は続いており、厚生年金や健康保険などの各種保険も継続されています。登録型派遣のように再度、契約を結ぶ必要がないので雇用の安定性が高いといえるでしょう。研修制度も充実しているので、スキルの獲得やキャリアアップを目指す派遣の方に適した働き方です。
また、常用型派遣のメリットといえば無期契約によって、3年ルールに縛られずに長期間、派遣先で働けることです。3年ルールとは、派遣社員が同じ職場・部署で勤務できる期間が最大3年に定められているルールのこと。業務に慣れたところで契約が終了し、また一から新たな派遣先で仕事を覚える必要はありません。ほかにも、長期で働ける環境なので、専門的なスキルが活かせるでしょう。

デメリット

常用型派遣のデメリットは以下の通りです。
・職場を選べない
・転勤の可能性もある
・選考が厳しい
・給与が上がりづらい
登録型派遣と違い、派遣先の勤務地や時間を自由に決めることはできません。派遣会社の社員として決められた勤務地に赴くことになるので、転勤することもあります。新しい環境に適応するための柔軟性が必要となるでしょう。
また、常用型派遣は一般的な就職試験と同様に、派遣会社の選考を突破しなければまりません。事前面接や学歴、職歴、資格などさまざまな項目をチェックされます。
月給という給与制度によりブランク中も給与は発生しますが、逆にいえば、どんな仕事でも規定額で働かなければいけません。派遣社員は経験やスキルが重要なので、経験によっては時給交渉をすることも可能です。しかし、登録型派遣は派遣先が変わる頻度が高く、時給が上がるチャンスも豊富ですが、常用型派遣はその機会が少ないといえるでしょう。
メリット・デメリットを総合した上で、常用型派遣に向いている人は、正社員にはこだわらないが安定した雇用で働きたい人や、昇給しにくくとも最初から高い月給が欲しい人、職場選択の自由度が低くても気にしない人などが当てはまります。

同一労働同一賃金によって給与アップの可能性がある

同一労働同一賃金とは、派遣社員や契約社員、パート社員などの非正規雇用労働者が、正社員と比較して不合理な待遇差を受けないよう改善していくという原則です。派遣先の正社員と非正社員の待遇差がなくなるわけではありませんが、「不合理な待遇差」は違法となります。
将来性を含めた待遇差により、契約社員の給与が正社員の七割程度であることは不合理とは見なされません。しかし、不合理と見なされるような条件で働いていた場合は、給与が見直されることもあるでしょう。
一度、厚生労働省の「同一労働同一賃金ガイドライン」を確認してみましょう。
参照元
厚生労働省
同一労働同一賃金ガイドライン
「自分に合った働き方がわからない」「常用型派遣になろうか悩んでいる」という方はぜひハタラクティブにご相談ください!
転職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーが面接対策から履歴書の作成、アフターフォローまで、効率的に就職活動を進められるようサポートしています。まずはお気軽ご連絡ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    徹底分析!「派遣社員」って何?

  • image

    特定派遣の廃止とは?働き方を考えよう

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる