転職に対するベストな心構えとは

転職に対するベストな心構えとはの画像

転職活動をする中で、絶対に失敗したくない!落ちたらどうしよう…というのは誰もが感じることですが、気負いすぎると望む結果になりづらいものです。そこで今回はどのような心構えで転職活動をするのがベストなのかをまとめました。

◆第二新卒は特に転職の理由、目的を明確に

基本的な部分ですが、転職の理由や目的が明確になっていないと転職活動をスムーズに進めることは難しいでしょう。というのも、転職の理由や目的は、言わば転職活動の土台となる部分。ここをきっちり固めておかないと、求人を探す際に迷いが出て絞り込めない、企業に対して説得力のある志望動機を伝えることができない、などの問題が発生する可能性が高くなります。

理想の転職を実現するためにも、理由・目的が明確か、次の項目を参考に今一度確認してみましょう。

◇転職で実現したい具体的なことは何か
◇本当に転職でしか実現できないことか
◇今の会社で理想を実現できないのはなぜか

◆転職を成功に導くポジティブマインド

転職の理由や目的が明確になったら、とにかく前向きな心構えで転職活動に臨むことです。とはいえ、前向きな心構えがどのようなことなのかイメージしづらい方もいるのではないでしょうか?
そこで、次の項目では転職前と転職後に分けて、どのような心構えで臨むと良いのか具体的にご紹介します。

◇転職前

程よい緊張感で面接に臨むのは良い効果をもたらしますが、「絶対に内定をもらわないと…」と自分を追い込みすぎるのは考えものです。
万が一、良くない結果だったとしても落ち込む必要はありません。なぜなら、企業にとって第二新卒は、仕事の基本が身に付いている、一から育成できる、成長意欲が高いなど、採用時のメリットが多く、積極的に採用している会社が少なくないからです。
第二新卒者に対して企業が抱く印象を「自分の価値」と置き換えて、頭に置いておけば必要以上に緊張することも落ち込むこともなくなるのではないでしょうか。

◇転職後

内定をゴールと捉える方が多いですが、あくまでスタートラインに立っただけ。入社後、円滑な人間関係を築いて業務に取り組めた時に、初めて転職が成功したといえます。それには「早く成果を出さなくては」と気負うよりも、周囲に「この人と一緒に仕事がしたいな」と感じてもらえるように動いたほうが近道です。
新しく教えてもらうことがあるなら「知らないことを学べる」、既に知っていることでも「基礎を復習できる」と楽しむ気持ちで、謙虚且つ素直に取り組むことが大切ではないでしょうか。あなたが新しい人を迎える立場ならそんな人と一緒に仕事がしたいと思いませんか?


今回は、どのような心構えで転職に臨むべきかをご紹介しました。何かと悩むことの多い転職ですが、自分の心構え次第でポジティブに捉え、望む結果を手にすることが可能です。ぜひ上記を参考に前向きな気持ちで取り組んでみてください。

若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、そのようなメンタル面も含めて転職や就職に対する相談を受け付けています。
最新の募集状況をお知らせ、履歴書や職務経歴書の添削、企業情報を基にした効果的な面接対策など、細やかなサポートで、内定率約80%(2015年7月時点)という結果を出している転職エージェントです。

就職活動や転職活動が初めてのフリーター、既卒、第二新卒の方にぴったりの正社員求人が豊富なのもハタラクティブの魅力の1つ。ポテンシャル採用に積極的な企業が多く、全体の約半数が上場企業です。
正社員として安定した生活を送りたいが、そもそも何から始めたら良いか分からない、という方はぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION