独自就活ってどうやってやるの?脱フリーターするなら確認したいこと

就職支援を知らない人にとっては、自己応募が普通に感じていて、メリット・デメリットに気付きにくくなっています。多様化している就職活動を知った上で、自己応募の状況を知るのは今後の活動を前向きに捉えるきっかけになります。時間・お金・気力・ストレス、すべて抱え込んでしまう自己応募。自分で企業を検索してそのHPから応募していくその方法は他と違ってどこがよくてどこが大変なのか確認していきましょう。

自己応募とは?

求職者の働きたい職種・場所・給与など。転職の際の条件はたくさんありますよね。希望の職場を見つけるために、新聞・求人誌・会社HPをみて時間をかけて調べます。希望にあった会社の求人をやっとみつけても、電話をかけるだけなのに練習したり、誰もみてないのに正座していたりと緊張するものです。
自己応募は就職支援サービスではありませんが、様々な就職支援サービスができる前は、全員が行っていたいわゆる普通の就職活動の方法でしょう。行きたい企業を自分で決め、企業の採用ページから応募する方法です。なかなかこの方法を行っている人は少なくなっているかもしれませんが、どうしても行きたい企業が決まっているという人はまだまだ直接企業の採用ページから応募してみましょう。

サポートの特徴

この方法は自分で応募する方法なので、サポートというものはありませんが、企業を決める段階が一番大変なのが自己応募です。行きたい企業を自分で決め、募集をかけているかどうかを自分で調べ応募するのです。また、書類添削や面接対策など、他のサポートで受けられるサービス内容もこの方法だと自力で行う必要があるため、よほど行きたい企業があって、その企業に知り合いがいる場合以外は、あまりおすすめできません。
しかし、人材を求めている側も長い月日に渡り募集をかけており、採用コストが年々膨らんでいる状況があります。だからこそスピーディーに人材を確保できる就職支援会社と契約を結ぶ。まだ、コストを十分に使える若い会社であれば、自己応募者のチャンスかもしれません。

求人の特徴

求人の特徴としては企業の採用ページで確認するため、目で見る情報の中では一番情報量が多い可能性が高いです。ただ行きたい企業が見つかっても採用を行っていない場合もあるのでやはり求人探しは大変であると言えます。
また自己応募では会社の中の様子や、会社が求めている職種の詳細がわかりにくいのも弱点です。面接予約→履歴書作成→面接・試験と進んでいく過程で、これから任せられる仕事の話は殆ど会話にでてきません。本当に自分が必要とされているのか不安になり、結果が出る前に次の会社を探すことになります。募集している会社も初対面でたった1回の面接で決断しなくてはなりませんから、選考が厳しくなると言います。人材を求めている側も、応募者の長所・人柄・伸びしろを少しでも掴みたいと思っているのです。

使い方は?

自己募集の使い方は、行きたい企業のHPを検索するだけです。他のサービスの様にメアド登録やカウンセリング、そのサポート場所に出向く必要はありません。自己募集を選ぶ人は、就業時期までに時間がある・フリーターを続ける選択肢が大きい・フリーターと自営を掛け持ちするかもしれない・他人やサポート会社へ依頼することに不安があるという方でしょう。 求人先の会社を知る方法は、会社HP・SNS・口コミです。欲しい人材像や求めているスキルを閲覧することは可能です。また、実際に中途採用で勤務している方のインタビューを用意している場合もあります。しかし、自分を必要としているのか?客観的に自分に合っているか?知ることができません。さらにHPがいつも新しい情報とは限らないので、気になる募集内容は確認が必要です。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ