第二新卒のための履歴書講座

第二新卒の方の中には、履歴書をはじめとする応募書類の作成方法が分からない、という人もいるのではないでしょうか。
応募書類の作成では、自分の職歴や社会人経験、強みなどを、応募先企業へ魅力的にアピールすることが大切です。
そこでこのコラムでは、第二新卒の方向けに、履歴書や職務経歴書の書き方を詳しくご紹介。
採用担当者に伝わる、効果的な応募書類にするにはどうすれば良いか、考えていきましょう。

採用担当者は応募書類の何を見ている?

企業の採用担当者が履歴書から読み取るのは、応募者がどんな人材かということ。
履歴書に記載する内容は、氏名や住所といった個人情報をはじめ、学歴、職歴、趣味・特技、志望動機、自己PR、本人希望欄など、さまざまです。

その中から採用担当者は、応募者の経験や価値観、仕事に活かせる能力はあるか、なぜ就職または転職を希望するのか、といったことを見る傾向があります。

そのため、「ただ履歴書の項目を埋めただけ」という印象の履歴書は、採用担当者には魅力的に映りません。
自分の経験をどんなことに活かしたいのか、どうして応募先企業でなければならないのか、というような「意欲と熱意」が伝わるようにすることが大切です。

また、字の大きさや筆圧、丁寧さなども見ています。
字が汚い、小さい、誤字脱字が目立つ履歴書は、マイナスイメージに繋がることもあるので、できるだけ丁寧に記入するように心掛けましょう。

第二新卒の履歴書作成ポイント

1度就職を経験し、短期間で退職した第二新卒。
新卒のような若さやポテンシャルが評価されますが、前職の「退職理由」によってはマイナス評価に繋がります。

第二新卒の方が履歴書を記入するときは、「退職理由」によってネガティブなイメージを与えないようにすることが大切です。

例えば、「職歴欄」では、入社と退社の年月日、担当部署、携わった業務などを簡単に記入します。
その際、退職理由が人間関係の悩みや給与に関する不満など、ネガティブなものであった場合、その通りに記入すると、「また同じ理由で辞めてしまうのでは?」と、マイナスイメージに繋がりやすいので避けたほうが無難です。
退職理由を記入する場合は、「一身上の都合により退職」などと書くと良いでしょう。

また、「自己PR欄」や「志望動機欄」は採用担当者が最も注目する項目です。
そとため、採用担当者にひと目で伝わりやすいものにすることが大切。
最初に強みや動機などの結論から述べ、具体的なエピソードを交えて説明し、最後に「応募先企業で活かせる経験やスキル」や「就職後に成し遂げたいこと」などをまとめると、分かりやすい文章になるでしょう。

職務経歴書とは?

「職務経歴書」とは、過去に従事していた企業、職種、地位、業務内容などを詳しく記載し、その人の経験や能力、具体的な功績や成果などを伝えるための書類です。

履歴書には書ききれない詳しい内容を伝えることができるので、職務経歴書の内容次第では効果的なアピールに繋がります。

中途採用では、履歴書と一緒に職務経歴書の提出を求められるケースがほとんど。
そのため、短期間でも社会人経験のある第二新卒の方は、職務経歴書について詳しく学んでおいたほうが良いでしょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書には決まった形式がありません。
そのため、応募者が自由な形式で作成することができます。

【職務経歴書の代表的な書き方】

・編年体式

職務経歴を時系列に沿って記入する方法です。
第二新卒などの社会人経験の少ない人、転職回数の少ない人、経験や成長の過程を分かりやすく伝えたい方などに向いています。

・逆編年体式

編年体形式とは反対に、新しい職務経験から逆上って記入します。
最近のキャリアや実績などを強くアピールしたいときに効果的な方法です。

・キャリア式

職務経験を、職務別、プロジェクト別にまとめて記載する方法。
転職回数が多い人や、専門職、技術職などで能力やスキルをアピールしたい人に向いている形式です。

第二新卒の方であれば、「編年体式」を選ぶのがおすすめ。
自分の経験やスキルを、簡潔に分かりやすく記入することが大切です。

履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンで作成するのが基本

社会人になると、パソコンで書類を作成する機会が増えますが、履歴書は手書きで記入、職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的です。

履歴書は、市販のものでもWebサイトでダウンロードできるものでも、自分に合ったものを用意しましょう。
また、職務経歴書のサイズはA4サイズに3枚以内にまとめるのが基本。
第二新卒の方なら、1、2枚程度にまとめると良いでしょう。

応募書類で差をつけたいなら、ハタラクティブへ相談してみよう!

応募書類は就職・転職に欠かせないものです。
しかし、中途採用では、社会人経験の浅い第二新卒の方と経験豊富な転職希望者で、書類作成のポイントは違うので注意が必要。

中途採用では、経験やスキルを採用ポイントにすることが多いですが、第二新卒の方は若さやポテンシャルを見られる傾向があります。
そのため、第二新卒の方は、自分の置かれている状況を良く理解した上で、応募先企業で活かせる強みや価値観、入社意欲をアピールすることが大切です。

履歴書や職務経歴書の書き方が分からない、作成に自信がないという人は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが、応募書類の添削やアドバイスをするほか、面接対策、面接のスケジュール調整など幅広く求職活動をサポートします。

1人では求職活動が不安、プロに相談してみたいという人は、ぜひお気軽にご相談ください!

履歴書の書き方は、正解がないため不安が募るものです。
ここでは、どの業界でも好印象を持たれる履歴書の書き方をご紹介します。

職歴が浅くてアピールできないという方、そもそも履歴書を書いた経験がないという方も、まずはハタラクティブにご相談ください。
履歴書の基本的な書き方からアドバイスさせていただきます。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ