第二新卒の履歴書はどう書く?就活で役立つ書き方と例文を紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

第二新卒の方の中には、履歴書や職務経歴書といった応募書類の書き方が分からず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。就活において、応募書類は自分の職歴や社会人経験、強みなどを応募先企業へアピールするための重要なツールです。このコラムでは、第二新卒の方向けに、履歴書や職務経歴書の書き方を詳しく解説しています。応募書類の書き方で悩んでいる第二新卒者の方は、参考にしてください。

【このページのまとめ】
・第二新卒が就活で期待されるのは「基本的なビジネスマナー」「柔軟性」「意欲と熱意」
・第二新卒の履歴書では、退職理由が志望動機とつながる書き方をする
・履歴書の自己PRでは前職での具体的なエピソードを交えて、長所をアピールする
・第二新卒の就活では大学指定の履歴書は使用しない

企業が第二新卒に期待することは?

第二新卒の就活では、企業側は主に「基本的なビジネスマナー」「柔軟な姿勢」「仕事への熱意」を期待します。以下で詳しく解説していますので、好印象を与える履歴書の書き方の前知識として、新卒採用時とは違う第二新卒の就活のポイントを押さえておきましょう。


基本的なビジネスマナーが備わっていること


第二新卒者は一度就職をしているため、基本的なビジネスマナーがすでに備わっていることを企業側から期待されます。新人社員研修やビジネスマナーなどの教育を行う必要がなく、企業にとっては育成にかかる手間や費用を削減できるというメリットがあります。


労働条件や価値観が社風に合う人材であること


すぐに社風に馴染み、今後の仕事を円滑に行うことができる人材であるか、ということも企業がチェックするポイントです。第二新卒の場合、前職の就業期間が比較的短いため、労働条件や価値観を転職後も引きずることなく、柔軟に対応できるのではないかという企業側の期待があります。前職の経験にとらわれることなく、新しい環境に柔軟に対応する姿勢をアピールすることが大切です。


仕事への意欲や熱意を持っていること


仕事を長く続けてもらうために、企業側は意欲や熱意を持った人物を採用したいと考えています。そのため、前職を短期間で離職した第二新卒者は、仕事への意欲や熱意を特に重視される傾向にあります。履歴書の志望動機欄や自己PR欄を通して、転職の理由や今後のビジョンを明確に説明することで、入社意欲の高さや仕事への熱意をアピールしましょう。


企業が第二新卒を採用するメリットについては「積極採用される?第二新卒の転職事情と成功のコツとは」でも詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

第二新卒の就活向け!履歴書の書き方の基本

ここでは、第二新卒向けの履歴書の書き方を解説しています。項目ごとの基本的な書き方を確認しておきましょう。


日付


履歴書の日付は、記入した日ではなく、提出する日を書きます。日付は和暦と西暦のどちらを書いても問題ありませんが、必ず履歴書内で統一しましょう。


基本情報


履歴書の基本情報には、応募者の氏名や住所、連絡が取れる電話番号、メールアドレスなどを書きます。住所を書く際は都道府県名やマンション名を省略せずに、正しい情報を記入しましょう。在職中であれば、社用のメールアドレスは使わず、個人のメールアドレスを使用します。


学歴


学歴は中学校の卒業から書き始め、以降は高等学校や大学、専門学校などの入学と卒業の両方の学歴を記入します。学部や学科、専攻に所属していた場合も、省略せずに記載します。学歴は間違いがないか細かくチェックされるため、正確に記入することを心がけましょう。


職歴


職歴は会社名を省略することなく、正式名称で記入します。どのような仕事をしていたかイメージしてもらえるように、会社名の下段には部署名と従事した業務内容を簡潔に記入しましょう。なお、1ヶ月未満など短期間で退社した場合であっても、職歴欄には必ず記入します。


免許・資格


免許・資格欄には、普通自動車免許や実用英語技能検定、日本漢字能力検定など、業務で活用できそうな分野の免許や資格を記入します。取得予定の資格がある場合は、「○○検定1級を目指して勉強中」と書くのも一つの手です。採用担当者へ効果的にアピールできる内容を履歴書に盛り込みましょう。


趣味・特技


趣味・特技の内容によっては、面接で会話を広げられる可能性があります。実績や成果が残っている趣味であれば、その内容を補足して書くとより良い印象を与えられるでしょう。なお、お酒やギャンブルに関する趣味は、仕事への影響を懸念されるので履歴書への記入を避けるのが無難です。


志望動機


第二新卒の志望動機は、企業が重要視している項目の一つです。「なぜこの会社を選んだのか」「入社後にどのような貢献をしたいと思っているのか」を簡潔に書きます。前職の退職理由が志望動機につながるような書き方を心がけると良いでしょう。


自己PR


第二新卒の自己PRでは、前職での業務経験を通したアピールが期待されます。アピールできる内容がないからといって、学生時代の経験を伝えることは避けましょう。自分が仕事で得たスキルや経験を具体的に書くことが大切です。


本人希望記入欄


履歴書の本人希望記入欄には、特筆すべきことがなければ「貴社の規定に従います」と書くのが基本です。待遇の希望を書いてしまうと、マイナス印象を与えてしまう場合も。なお、現在就業中の場合は、「在職中の連絡方法」「退職予定日」「入社可能日」などを記入することもできます。


本人希望記入欄の書き方は「履歴書の本人希望欄の書き方は?『特になし』はアリ?記入のコツや注意点」でも詳しく解説しています。書き方で悩んでいる方は参考にしてください。

第二新卒の就活向け!状況別の志望動機の例文

ここでは、第二新卒向けの志望動機の例文を転職の状況別に紹介します。就業期間が短い場合でも、実績や強みをアピールすることでプラスの印象につながります。前向きな退職理由や、新たに勉強をしたことなどを伝えることで、早期退職への懸念を払拭できるでしょう。また、退職理由が志望動機とつながる書き方をすることで、説得力のある志望動機になります。



同職種へ転職する就活の場合


同職種へ転職する場合の志望動機欄では、前職で得たスキルと実績について具体的に記載します。また、その経験を応募企業でどのように役立てていきたいのかを説明することも大切です。



営業職から営業職への転職

私は、前職ではコールセンターでアウトバウンド営業を行っていました。お客様のニーズを分析して提案を行うとにより、入社3年目には部署の中でトップの成績を収めることができました。アウトバウンド営業での成績が目に見える形で出たことで、自身の営業スキルをさらに向上させたいと考えるようになり、対面営業への転職を決断いたしました。新商品の開発が活発な貴社では、顧客のニーズ分析だけでなく商品の魅力を引き出すプレゼンテーション能力が重要と考えております。私がアウトバウンド営業で培ったヒアリング力と商品説明力を活かし、貴社の売上に貢献したいと考え、志望いたしました。


販売職から販売職への転職

前職では、都内に4店舗を構えるアパレルブランドで3年間販売職に従事していました。2年目からは店頭ディスプレイの企画を任され、顧客層や流行の研究を行った結果、担当商品の売上を3倍以上に伸ばすことができました。自身の行動が売上につながった経験から、将来は店長として店舗運営に携わりたいと考え、大型店舗での販売職へ転職を決意いたしました。幅広い年齢層の方が利用し、近年店舗数が増えている貴社では、店舗運営に携わることができるチャンスも多いと考えております。前職で培った企画力をさらに磨き、将来的には店長として貴社の店舗運営に携わりたいと思い、志望いたしました。


未経験職種へ転職する就活の場合


未経験職種へ転職する場合の志望動機欄では、なぜ未経験職種への転職を決意したのか、その理由や背景を具体的に説明しましょう。さらに、目標とする仕事に就くためにどのような努力をしているのか、異職種での経験や知識がどのように活かせるのかをアピールすると効果的です。


営業職から事務職への転職

私は前職で営業として働くなかで、より効率的な営業活動のためには見積書や受発注書、納品書の作成などの事務作業が欠かせないと感じていました。直接お客様と接する営業の仕事にやりがいを感じていましたが、営業スタッフをサポートする仕事がしたいと次第に考えるようになり、転職を決断いたしました。OA機器の営業経験があるため、営業の難しさや、受注から納品までのプロセスを理解しています。前職の営業職での経験を活かし、貴社の営業スタッフに対しても営業目線の適切なサポートができるのではないかと思い、志望いたしました。


経理からエンジニアへの転職

前職では経理を担当していましたが、会計システムなどを使って仕事をするうちに、エンジニアとして開発に携わりたいと考えるようになり、転職を決断いたしました。学生時代にプログラミングの勉強をしていましたが、現在もプログラミングスクールへ通い、改めて勉強を行っています。貴社のアウトプット機能の充実や業務にあわせてカスタマイズできる機能は、画期的で非常に使いやすいと感じています。私のこれまでの使用者としての目線や知識が、貴社の開発にさらに貢献できるのではないかと思い、志望いたしました。


第二新卒として志望動機を書くときのコツは、「第二新卒の志望動機の書き方は?事務や未経験業種の例文を掲載」でも詳しくまとめているので、参考にしてください。

第二新卒の就活向け!能力別の自己PRの例文

ここでは、第二新卒向けの自己PRの例文を、アピールしたい能力別に紹介します。自己PRは、前職での具体的なエピソードを交えながら伝えることがポイントです。応募者の長所が採用担当者に的確に伝わるような自己PRを作成しましょう。


何事も率先して取り組む行動力


私の長所は、やるべきことを自ら考え率先して行動できる力があることです。前職では、アパレル会社で販売員として働いていました。最新のトレンドをチェックしてマネキンのコーディネートや売り場のレイアウトを行うほか、在庫管理といった裏方業務も率先して行いました。その結果、3年目には副店長として店舗運営に携わることができました。何事も自ら率先して取り組む姿勢は、どの業界においても重要だと考えております。女性向けの美容グッズを扱っている貴社で、私は持ち前の行動力を活かし、売上に貢献したいと思っております。


コミュニケーション能力の高さ


私は、相手の意見を汲み取るコミュニケーション能力を大切にしています。前職ではハウスメーカーの営業を3年間行っていました。お客様にとって住宅購入は人生の一大イベントなので、容易に決断できるものではありません。焦らずにお客様のご要望やお悩みを聞き、親身になって常に最善の提案を続ける努力をした結果、2年目の下半期には同期の中でトップの売上を記録しました。お客様のニーズを引き出し、提案・解決するコミュニケーション能力は、どの業界でも大切であると考えております。ホテル業界における顧客満足度トップの貴社で、私は自身のコミュニケーション能力を活かし、よりお客様が過ごしやすい空間づくりに貢献したいと思っております。


柔軟性のある対応力


私は柔軟性をもって物事に対応することができます。前職のカスタマーセンターでは、それぞれのお客様に合わせた対応を心がけていました。たとえば、お客様から問い合わせを受けた商品が無かった場合、お客様の希望を的確に捉え、臨機応変に代替商品を提案していました。その結果、お客様からはお褒めの言葉をいただき、商品の購入にもつながりました。お客様の細かなニーズを引き出して、旅行プランや宿泊先を提案する貴社のカウンター業務でも、これまで培った柔軟な対応力を活かすことができると考えています。

第二新卒の就活向け!職務経歴書の書き方

ここでは、職務経歴書の書き方を項目別で紹介しています。職務経歴書も、就活で重視される応募書類のひとつです。基本的な書き方を確認しておきましょう。


職務経歴書とは?


職務経歴書は応募者の職務経験や保有している資格やスキルについて、採用担当者に伝えるための書類です。履歴書は応募者のプロフィールを確認するための書類ですので、違いを理解しておきましょう。


職務経歴書の基本的な項目別の書き方


職務経歴書には、経歴要約や職務経験、資格・スキル、自己PRを記載する必要があります。4つの項目について、それぞれの書き方のポイントを確認しましょう。


経歴要約

経歴要約は、過去の職歴を要約した文章のことです。詳しい仕事内容や自己PRなどには触れず、概要を100字程度で簡潔にまとめることを心がけましょう。


職務経歴

職務経歴では、これまで行った仕事について詳しく記載します。在職期間や会社名、会社の規模や事業内容についても説明します。そのほか、自分が担当した業務内容や工夫した点、成果などについても記載しましょう。


保有資格・スキル

応募先企業の仕事に役立つ資格やスキルがある場合、職務経歴書の保有資格・スキル欄でアピールします。必ず正式名称で書くことを心がけましょう。


自己PR

前職で得た知識やスキルを活かして、どのように貢献できるのか記載します。職務経歴書の自己PRは100~200字程度で、端的にまとめることがポイントです。


自分に合った職務経歴書の書き方


職務経歴書は、経歴によって書き方を変える必要があります。以下で基本的な3つの書き方を紹介しますので、自分にはどの書き方が合っているのか確認しておきましょう。


逆編年体形式

編年体は、経歴を時系列順で記載する方法です。初めて転職する人や、2社目よりも1社目の在籍期間が長い人などに向いています。


編年体形式

逆編年体は、経歴を新しいものから順番に記載する方法です。直近の経験が目立つため、前職で得た知識やスキルを採用担当者にアピールしたいときに効果的な書き方です。


キャリア形式

キャリア形式は、職種や分野ごとに経歴を記載する方法です。転職回数が多い人や、複数の分野を経験した人に向いています。


職務経歴書の書き方やコツは「職務経歴書の書き方は?職種別の注意点や書くときのポイントも解説」でも詳しく解説しています。職務経歴書の書き方でお悩みの方は、あわせて参考にしてください。

第二新卒が履歴書や職務経歴書を書くときの注意点

第二新卒が就活の応募書類を書くときには、大学指定の履歴書は使わない、使用する写真は3ヶ月以内に撮ったもの、というような注意点があります。以下で解説していますので、応募書類を企業に送る前に、一度確認しておきましょう。


大学指定の履歴書は使わない


第二新卒の就活では、大学指定の履歴書を使うことは避けましょう。就職経験のある第二新卒が大学指定の履歴書を出すと、「学生気分が抜けていないのではないか」と採用担当者にマイナスのイメージを与えてしまう可能性があるからです。

第二新卒の就活では、市販のものかWebサイトでダウンロードできる履歴書を使用します。履歴書の種類にはJIS規格と自由形式の2種類があり、一般的なのはJIS規格と呼ばれる履歴書です。全項目をバランス良く記入できるため、企業から指定がなく、どの履歴書を使用するか迷った際はJIS規格を選択しましょう。


自由形式の履歴書は、志望動機欄が広いものや自己PR欄が広いものなどさまざまなパターンがあります。自分の強みを的確に伝えることができるフォーマットの履歴書を選びましょう。


3ヶ月以内に撮った写真を使用する


第二新卒の就活で使用する証明写真は、必ず3ヶ月以内に撮ったものを使用しましょう。証明写真には、現在の応募者の姿を採用担当者に伝えるための役割があります。そのため、時間が経ちすぎてしまったものは、証明写真として有効ではありません。


証明写真はスタジオでの撮影がおすすめ

証明写真の撮り方で迷った方は、スタジオでの撮影がおすすめです。スピード写真だからという理由で落とされることはありませんが、スタジオ撮影ではプロの視点と技術でより綺麗な写真に仕上げてもらえるというメリットがあります。


証明写真は、応募者の印象を左右する重要なアイテムです。3ヶ月以内に撮影した写真を使う、迷った場合は撮影スタジオを利用する、といったポイントを押さえて、良い印象が伝わる写真に仕上げましょう。


書き方に迷ったら手書きで作成する


履歴書は手書きかパソコンで作成し、迷った場合は手書きを選択しましょう。企業によってはパソコンでの作成を指定する場合もありますが、手書きの履歴書のほうが熱意や人柄が伝わりやすいと考える会社もあります。特に公的機関や老舗企業では、手書きであることを重視する傾向にあるようです。企業から指定がなく、書き方で迷った場合は、手書きで履歴書を作成するのが無難だといえます。


誤字脱字がないよう必ず見直しを行う


履歴書や職務経歴書が完成したら、誤字や脱字、言葉づかいの間違いがないかを必ずチェックしましょう。作成の方法が手書きかパソコンかに関わらず、応募書類に不備があっては、採用担当者に正確な情報を伝えることはできません。特に手書きの場合は、雑な字にならないよう、丁寧に書くことも意識して作成しましょう。

このコラムでは、第二新卒の方向けに履歴書と職務経歴書の書き方について紹介しました。しかし、書き方に沿って書いても、実際に良い応募書類が作成できたのか、自分自身では判断がしにくいものです。就活の応募書類の作成で不安を感じている方は、ハタラクティブにご相談ください。若年層を対象とした就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが履歴書作成のサポートや添削を行っています。ほかにも、カウンセリングにもとづいた面接対策や自己分析のお手伝いなども行っていますので、第二新卒の就活でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細を見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細を見る
  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細を見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細を見る
  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細を見る
  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細を見る
  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細を見る
  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細を見る
  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細を見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細を見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A