退職願の出し方と書き方を解説!退職届や辞表との違いも紹介

退職願の出し方と書き方を解説!退職届や辞表との違いも紹介の画像

この記事のまとめ

  • 退職願は退職の意向を伝えるもので、退職届や辞表とは役割が異なる
  • 退職願を出す前には上司への相談、出した後は退職届の提出や業務の引継ぎなどがある
  • 退職願には退職理由や、退職を希望する日付を記して承認を得る

転職先が決まる、または退職の意思が固まれば、退職願を提出するのが一般的な流れです。しかし、どのタイミングで出せば良いのか、どう書けばいいのか、そもそも退職届とどう違うのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。こちらのコラムでは、書き方や出し方など、退職願のポイントについて解説します。これから転職を考えている方やどの書類を提出すべきかわからない方はチェックしてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職願とは?退職届・辞表との違いも解説

退職願は、自分が退職したいと思っていることを書面で伝えるものです。退職したいという気持ちは口頭で伝えるのが一般的なので、必ずしも提出しなければならないわけではありません。
とはいえ、後々トラブルになるのが嫌だ、上司や社長が引き止めてくることが予想される、といった場合には、「あらかじめ意思を伝えておく」という証明になるので、用意しておくと良いでしょう。退職願は提出後に会社側との話し合いで気が変わった場合には、撤回することも可能です。
以下より退職願や退職届、辞表の役割について見ていきましょう。

退職届は契約解除に合意した後に提出する

退職願が退職の意思を表すものであったのに対し、退職届は労働契約の解除が認められた後、退職の意思表示として提出するものです。
退職届に関しても必ず必要というわけではありませんが、会社によっては就業規則で退職届の提出が必要とされているところもあるので、確認しておくことが重要です。また、退職届は退職願とは異なり、撤回できない点に注意しましょう
退職届は、あくまで会社側が退職を認めた後に提出するものなので、辞めたいと思った時にいきなり退職届を提出するのは避けた方ましょう。

辞表は役職を辞する時に提出する

退職届や退職願が労働契約の解除に関係しているのに対し、辞表は一般的に役職を辞する時に提出するものです。たとえば、社長や専務などの役員がその役を辞める際には辞表を提出することになります。ただし、公務員に関しては、辞表が退職届に相当することを覚えておきましょう。

退職願と退職届の違いについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「覚えておきたい!退職届と退職願の違いや書き方」もご覧ください。

退職願を出すまでの4ステップ

退職届を出すまでにはいくつかのステップがあります。いきなり退職届を出すのはマナー違反なので、どんなことをしておく必要があるかチェックしておきましょう。
退職届を出すまでの流れについてまとめました。

1.退職願の作成

退職したいと思ったなら、まず退職願を作成します。退職願には退職したい日付を明記しましょう。
法的には退職の意思表示から2週間経てば仕事を辞められることになっていますが、就業規則にある退職の予告期間を守るのが賢明です。

2.退職の意向を伝え承認を得る

続いて退職したい意向を直属の上司に伝えます。1で作成した退職願はこの時に渡しましょう。この時点では退職願は必須ではなく、口頭だけで退職の意思を伝えるだけでも大丈夫です。退職が承認されたなら、実際に退職する日付を確定します。

3.退職届の作成と提出

退職が承認されたら退職届を作成します。就業規則に退職届の書き方や出し方が決められている場合にはそれに従いましょう。

4.業務の引継ぎと退職

退職日が決まったなら、その日までに業務の引継ぎを終わらせます。退職日までに有給休暇を使い切る予定であれば、有給休暇に入る前に引継ぎがすべて終わるよう段取りましょう。また、制服などの貸与物も退職日までに返却するようにします。

退職届を出すタイミングや退職までの流れについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「退職願を出した後、退職日までの期間はどれくらい?」もご覧ください。

退職願の書き方

退職願は書き方や出し方に注意が必要です。就業規則に退職願の書き方についてルールが記載されているのであれば、そのルールに従うようにしましょう。
一般的な退職願の書き方や出し方について解説します。

退職願を書く準備

退職願をいきなり書き始める前に、必要なアイテムを準備しましょう。
まず退職願を書く紙は、B5かA4の用紙を使います。パソコンでも手書きでも問題ありませんが、紙の色は白、もしくはビジネス用の便せんを使うのが一般的です。
退職願は封筒に入れますが、使う紙がB5であれば長形4号、A4であれば長形3号が良いでしょう。
手書きの場合、使用するペンは黒のボールペンか万年筆がおすすめです。

退職願の書き方

退職願を書く際には、どのような体裁にするかを考える必要があります。就業規則に特に決められていなければ、縦書きで書くようにしましょう。一般的には以下のような体裁で書くとよいとされています。

1.冒頭に「退職願」と書く。
2.本文1行目の下部に「私儀」または「私事」と書く。わたくしごとであることを記載するのがビジネスマナーです。
3.退職理由と退職希望日を書く。
自己都合の場合には「一身上の都合により」、会社都合の場合には「退職勧奨に伴い」のように理由を記載します。退職願の場合にはまだ退職日が決まっていませんが、退職を希望する日付を記載しましょう。
4.退職を希望する旨を記載する。まだ退職が承認されているわけではないので、「退職いたしたく、ここにお願い申し上げます」といった形にします。
5.届年月日を書く。
 退職願を提出する年月日を記載します。
6.所属と氏名を書く。
所属している部署は正式なものを書き、氏名の最後に押印します。
7.宛名を書く。
会社の最高責任者の氏名を宛名として記載します。役職とフルネームを記載し、「様」か「殿」を付けるようにしましょう。

封筒の書き方

退職願は封筒に入れて提出するのがマナーです。退職願の長辺を三つ折りにして封筒に入れます。
封筒の表面には「退職願」と記載しましょう。裏面は左下に自分の所属部署の正式名とフルネームを記載します。あとは退職願を封筒に入れて封をし、そこに「〆」と書けば完成です。

退職願の書き方についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「退職願の書き方とは?手書きするときの封筒や用紙の選び方も解説!」もご覧ください。

退職願を出すのは1ヶ月前が理想的

退職願は退職を希望する1ヶ月前くらいまでには提出するようにしましょう。法的には退職希望日の14日前に意思表示すれば雇用契約は解除になりますが、実際に2週間で引継ぎなどを終わらせるのは難しいので、1ヶ月くらいの余裕を見て提出するのが賢明です。就業規則に出し方のルールが記載されているのであれば、それに従うようにしましょう。退職を決めたなら直属の上司に意思を伝える必要があるので、そのタイミングで退職願を出すのが一般的です。

会社都合で退職する場合にも退職願が必要になる場合があります。就業規則に「退職理由にかかわらず退職願が必要」と書かれている場合には、退職願を提出しましょう。
また、パートやアルバイトでも退職願の提出が求められることがあります。退職を決意したら、まず就業規則を確認して、どのようなルールになっているかを確認することが重要です。

もし退職願の書き方や出し方に不安があるのであれば、ハタラクティブに相談することもできます。ハタラクティブは、新卒、第二新卒、既卒など、若年層向けの就活エージェントです。経験豊富なアドバイザーが、退職の方法から次の職探しまで親身になってサポートしてくれます。
はじめての退職、転職に不安がある…という方はぜひハタラクティブにご相談ください!プロのアドバイザーのサポートを受けて、自信を持って転職活動ができるはずです。

この記事に関連するタグ