1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターがもらえる年金について

フリーターがもらえる年金について

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

フリーターがもらえる年金について

現在、日本では国民に納付が義務付けられている年金が大きく分類すると3種類あります。

国民年金・厚生年金・共済年金です。年金は国内在住の20歳以上、60歳未満の方が加入対象です。

国民年金には、第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者と分かれています。
第1号被保険者は、自営業者、農業従事者(農家など)・学生・フリーター・無職の方、第2号被保険者は、厚生年金に加入している人が自動的に国民年金に加入します。第3号被保険者は、サラリーマンなどの配偶者が対象です。
会社員や公務員と違って、国民年金は自ら役所に出向き、年金の申請をしなくてはなりません。

昨今、老後にきちんと年金がもらえるか分からないと言い納付をしない人もいますが、自分の老後やもし障害者になってしまった時に、年金は必ず必要となります。
しかし、これらは将来の話であって、今、経済的に納付が難しい学生・フリーター・無職の方は「保険料免除・納付猶予」という制度を利用して免除してもらうことが可能です。
年金の納付期間は、国民年金・厚生年金共に25年以上、もしくは両方の合計が25年以上加入していればもらう事ができます。この場合、就職などで厚生年金を納めたとしても、フリーター期間の年数を免除手続きしていなければ加算はされません。
もし、手続きをしていれば年金受給資格期間に加算される上、後から納めることができるメリットもあります。
今だけではなく将来を見据えた、より良い老後ライフを過ごすために年金は必要な制度です

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    人生一度きり!精神的に楽な仕事へシフトチェンジ

  • image

    定時制高校で就活講演

  • image

    正社員と待遇は同じ?限定正社員のメリットとデメリット

  • image

    転職エージェントをフリーターが利用するメリット

  • image

    バイトから始める?29歳のニートが就職する方法を紹介

  • image

    仕事に寝坊した!会社への言い訳ってどうすればいいの?

  • image

    一般企業と公務員のボーナスの相場はどのくらい?

  • image

    知っておきたい!転職先の効率的な探し方

  • image

    面接のお礼メールの正しい書き方と効果的な使い方

  • image

    就職時の身元保証人はなぜ必要?

  • image

    マンション業界で活躍!管理業務主任者ってどんな資格?

  • image

    面接は開始何分前に着くべき?遅刻しそうなときの対処法

  • image

    卒業見込みと在学中の違い。履歴書の学歴欄の書き方

  • image

    博士課程から就職をする際の問題点と対策

  • image

    就活で失敗しないために覚えておきたい面接マナー

  • image

    簿記は就職に有利?何級を取得すべきか解説

  • image

    仕事・人間関係・社会生活…「もう限界」というあなたへ

  • image

    公務員の退職金はどのくらい?どうやって決まるの?

  • image

    転職するなら攻略必須!面接での逆質問の答え方

  • image

    二十代前半はどう見られている?気になる就活事情

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる