1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職成功の秘訣は面接の自己紹介?

転職成功の秘訣は面接の自己紹介?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接で行う自己紹介は、新卒の就職時と転職時で求められる内容が異なる
    ・転職時の自己紹介を考える際は、要点をまとめることや制限時間によってパターンをつくること、企業の求める人材とマッチした内容にすることが大切
    ・面接に自信のないときや転職活動に不安のあるときは、エージェントを活用するのがおすすめ

転職時に行う面接の自己紹介は、どのように対策するかご存知ですか?自己紹介は、自分の強みをアピールする絶好の機会。場合によっては、面接の流れを左右することがあります。転職活動を成功させるためのヒントとして参考にしてみてください。

◆転職時の面接の自己紹介は、どうしたらいい?

自己紹介は、第一印象に関わる大切な機会。転職時の面接においても、自己紹介は採用担当者が受ける印象に大きな影響を与えるでしょう。場合によっては、その後の面接の流れを左右することも。転職活動で納得のいく結果が得られるよう、自己紹介で話す内容は入念に準備する必要があります。

転職活動で面接をする際にまず知っておくべきことは、新卒での就職活動時の面接と求められる内容が異なるということ。 自己紹介の場面でも話すべき内容に相違点があるため、注意が必要です。それぞれの面接における自己紹介のポイントは以下のとおりです。

【就職活動時】

新卒採用の面接では、採用担当者は就活生のコミュニケーション能力やポテンシャルの高さなどを見るといわれています。
一般的に、就職活動で行う面接の自己紹介では、学校で身につけたことや学んだことを話した上で、志望動機などを伝えます。このとき、学生時代に経験したことを踏まえ、応募する企業への適性を伝えることが大切になります。

【転職活動時】

転職活動で行う自己紹介は、コミュニケーション能力のアピールに限らず、前職で身につけた技術や実績を具体的にかつ説得力を持たせて述べることが求められます。
自己紹介の中に、これまでの職務経歴や身につけたスキルを織り交ぜ、実現したいビジョンを簡潔にわかりやすく伝えることが大切です。


自己紹介の時間は、自己PRする絶好の機会です。自己紹介でよい流れをつくることができれば、その後の面接も応募者のペースで進むかもしれません。就職時と転職時で求められる内容が異なることを理解した上で、話す中身を考えるようにしましょう。

◆転職時の自己紹介攻略ポイント

・要点をまとめる
伝えたいことをすべて言ってしまうとわかりづらい内容になり、面接官に与える印象は悪くなる恐れがあります。面接では、要点をまとめて簡潔に話すことを心がけましょう。

このとき、自己紹介では以下の項目を取り入れることが大切です。

【自己紹介の内容】

・あいさつ(氏名や面接をさせてもらうことのお礼など)
・職務経歴
・自己PR(身につけたスキルや業務に活かせること)
・志望動機


これらを自己紹介の中に取り入れた上で要点をまとめると、わかりやすい内容にすることができるでしょう。話す内容を事前にまとめる際は、聞く立場になって考えることを心がけ、イメージしやすい中身にすることが大切です。

・制限時間によってパターンをつくる

面接官から「自己紹介をしてください」と言われることもあれば、「○分で自己紹介をしてください」と時間を指定されることもあるでしょう。実際の面接で焦ることのないよう、30秒や1分、3分など制限時間ごとにパターンをつくると安心です。 

たとえば制限時間が30秒の場合、職務経歴や志望動機、自分の強みについて焦点をしぼる必要があります。30秒のときは、それぞれ1文ずつのつもりで話すようにしましょう。職務経歴を話す際は、応募職種に最も活かせるスキル・経験を話せると効果的にアピールできるかもしれません。

1分の場合、制限時間が30秒のときよりも少しだけ内容を膨らませることが可能です。面接官に良い印象を与える自己紹介となるよう、話す実績の中に具体的な数字を入れるなどして、イメージしやすい内容にすることを心がけましょう。盛り込む要素に迷う場合は、面接官に質問してほしい事柄を入れると、その後の面接がスムーズに進む可能性が高まります。

さらに、制限時間が3分になると、職歴や自分の強みについて具体的に話すことができます。自分のアピールポイントを話すときは、それに関するエピソードを付け加えると内容に説得力を持たせることができるでしょう。

・企業ごとにアピールポイントを変える 
企業や職種によって、求められる経験・スキルは異なります。自分の強みの中で、業務に活かせる部分を適切に伝えることが大切です。会社に貢献する姿を面接官にイメージしてもらえるよう、それぞれの企業が求める人材をしっかりと把握した上で自分の強みを話すようにしましょう。


以上のような面接対策ポイントをふまえ、効果的な自己紹介をするために万全な準備を整えましょう。
ちなみに、自己紹介をするときは、明るい表情でハキハキと話すよう心がけることが大切です。聞きとりやすい声や話し方は、コミュニケーションスキルの高さを示すことになり、好印象につながるかもしれません。

◆面接に自信がない方は、プロのアドバイスを受けてみては?

「自分の強みがわからない」「面接で落ちてしまうのが悩み」という方もいるかもしれません。その場合、エージェントを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。2013年より優良職業紹介事業者として厚生労働省に認定されています。
経験豊富な就職・転職アドバイザーが、マンツーマン体制で就職のための書類作成や面接対策をサポート。事前のカウンセリングで企業を選定し、応募先に応じた面接対策を行うことが可能です。自己PRや志望動機の伝え方に不安があるという方にも、親身になってアドバイスします。

ご利用はすべて無料のため、気軽にご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる