既卒で大手企業に就職できる?

既卒で大手企業に就職できる?の画像

正社員未経験の既卒者が就職しやすいのは、大手よりも中小企業のほうだと言われています。それでも大手企業を目指すなら、社会全体の採用状況を知る必要があります。今回は、近年の社会情勢を踏まえつつ、既卒者の就活のお役立ち情報をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

既卒で大手企業に就職できる?

既卒フリーターで、大手企業への就職は可能なのでしょうか。新卒者や正社員経験者よりも就活が困難と言われる既卒者ですが、まして大手の内定を勝ち取るというのは、高望みと思われるかもしれません。しかし、やり方次第で道は開けます。今回は、既卒の就活事情や、大手企業への就職を目指すポイントなどをご紹介します。

既卒フリーターの躓きポイント

正社員経験がないまま数年過ごした既卒者の場合、数年正社員として働いた第二新卒の転職希望者に比べ、採用で不利になることが多いのです。主な理由は、企業側に育てる余裕がそこまでないこと。
多くの場合は中途枠で採用されますが、正社員未経験だと、一般的な社会常識が身についていないと思われがちです。また、フリーター歴が長いと、就労意欲を疑われることもあります。

既卒にオススメな就活方法

上記のようなウィークポイントはあっても、やり方次第では、就職の可能性を高められます。近年の社会情勢と、既卒で就職しやすい業種をまとめました。

近年は、新卒者の就活解禁が以前より遅くなり、大手企業の新卒採用の終了も後ろ倒しになってきています。このため、大手の採用シーズン終了後に募集をかける多くの中小企業には、既卒・第二新卒を、新卒と対等に見る企業が増えてきています。
この状況の中、既卒者が比較的就職しやすい業種は、建築業や卸売業など。体力のある若手を要する建築業は、20歳近くの高卒者ならば特に需要が高いです。また、一概には言えませんが、アパレルや飲食などサービス業に応募する場合、フリーター時代に長く仕事を続けた方ならば、採用担当者から歓迎されるかもしれません。

既卒者の大手企業への就職

さて、ここからは、中小企業よりも大手への就職を望む方のために、大手企業の就活のコツをご紹介します。

まず、既卒で大手に応募できるのかという点ですが、結論から言うと、可能な求人が多めです。募集条件に「既卒OK」と記されている求人はたくさんあります。教育体制に関しては、むしろ中小企業よりも余裕があるでしょう。
次に、内定に近づくためのポイント。フリーター時代に磨いた能力に、志望企業で活かせるものがあれば、書類選考の段階からPRすると良いでしょう。また、既卒になった理由が、スポーツや親族の介護など、在学中に就活よりも優先して頑張っていたことのためならば、面接で正直に伝えて。アナタの真面目な人柄を、採用担当者が評価してくれるかもしれません。

いかがでしたか?
既卒でも諦めず効率的に就活すれば、正社員の道は開けます。どうしても大手の求人が見つからないときは、人材紹介サービスのコンサルタントに相談することがオススメです。
ハタラクティブでは、担当のコンサルタントがあなたに合った求人をご紹介します。高卒や大学中退など、様々な求職者に対応したサービスです。大手企業の正社員求人も多数取り扱っていて、書類作成や面接などの相談にも応じます。まずは、お気軽にご登録ください。

関連タグ

  • arrow