再就職手当とは?支給申請書の書き方を解説します!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 再就職手当とは?支給申請書の書き方を解説します!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・再就職手当とは、早期に再就職した時に失業手当の何割かを祝い金として貰える制度のこと
    ・受給するには待期期間を過ぎてから再就職する、支給残日数が3分の1以上あるなどの条件を満たさなくてはならない
    ・「再就職手当支給申請書」には自分だけでなく、再就職先に記入してもらう項目があるので早めに依頼する

再就職手当とは、簡単に言うと「失業手当受給中に再就職すれば残った失業手当の何割かを祝い金として貰うことができる制度」です。この制度を知らずに損をしている方もいるので、当コラムで再就職手当を貰うために必要な条件や手続きの仕方を解説します!

◆再就職手当とは 

再就職手当とは、なるべく早い段階での再就職を促すための支援制度です。 
雇用保険の失業給付を受けていて、早期に次の職場が決まった方を対象に給付されます。 
しかし、再就職手当を受給するには以下の条件を満たしている必要があります。条件を確認しておきましょう。 

再就職手当の条件 

・受給手続き後、7日間の待期期間が過ぎてからの就職であること 
・失業手当の支給残日数が、就職日の前日まで3分の1以上あること 
・離職理由により給付制限を受けた方は、待期期間満了後1ヶ月間はハローワークまたは一部の職業紹介業者の紹介による就職のみ有効 
・1年を超えて雇用されることが確実であること 
・離職した事業所に再び雇用されないこと。また、離職した前の事業所と密接な関わり合いがない事業所に就職すること 
・失業手当の手続き前に採用が内定した事業所に就職しないこと 
・過去3年以内に、「再就職手当」「常用就職支度金」「早期再就職支援金」の支給を受けたことがないこと 
・原則として、雇用保険に加入できる労働条件で働くこと 

参照元:厚生労働省 - 再就職手当のご案内 ttps://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/saishuushokuteate.pdf 

以上の条件にはいくつか注意点があります。 
「失業手当の支給残日数」というのは、失業手当の給付日数が90日の方なら、30日以上残っている状態で再就職しなければ支給されません。これは就職が決まった日ではなく、就職日の前日まで、ということが重要です。 

また、「離職理由により給付制限を受けた場合」というのは、自己都合退職で、失業保険に3ヶ月の給付制限がつけられたケースが該当します。制限期間の最初の1ヶ月は、再就職先が見つかっても、ハローワーク、または厚労省の認可を受けた職業紹介事業者からの紹介による事業所でなければ再就職手当は支給されません。 
つまり認可を受けていない転職サイトなどを利用して再就職先が決まっても、再就職手当は支払われないのです。 

再就職手当の条件をどれか1つでも満たしていない場合は、再就職手当を貰うことができません。 
反対に上記の条件をすべて満たしていれば、次の就職先での雇用形態がアルバイトやパート、派遣社員であっても再就職手当を受給することは可能です。 

 

◆再就職手当を受け取るまでの流れと注意点 

まずは最寄りのハローワークに行き、「再就職手当支給申請書」を貰いましょう。支給申請書はハローワークのサイトから印刷することも可能で、郵送による提出にも対応しています。 
支給申請書を提出すると、受給条件を満たしているか審査が行われます。審査が終わると支給か不支給かの決定通知が届くので、支給決定通知が届けば、1週間後には再就職手当が振り込まれるでしょう。 

なお、再就職手当は入社日から1ヶ月以内に支給申請書を提出しないと支給されないので、申請年月日には注意が必要です。 
支給申請書には再就職先の事業主に記載してもらう項目もあるので、早めに依頼することをおすすめします。 
また、審査には1ヶ月半から3ヶ月はかかるので、再就職手当が振込まで気長に待ちましょう。 

 

◆支給申請書の書き方 

前述でも少しお話しましたが「再就職手当支給申請書」には、自分で記入する項目と再就職先の事業主に記入してもらう項目があります。 

まず自分が記入する項目ですが、氏名、郵便番号、電話番号、住所の4つからスタート。 
住所の丁目・番地などはハイフンで省略しても問題はありませんが、なるべく「◯丁目◯番地◯号」のように丁寧に記入しましょう。また、郵便番号や電話番号はアラビア数字で構いませんが、住所の番地などは漢数字で記入してください。アパート名やマンション名は、普段省略していても正式名称で記入しましょう。 
次に、過去3年間に再就職手当の支給が受けたことがあるかないかに◯をつけ、申請年月日と署名を記入し、捺印すれば完了です。捺印はスタンプタイプの簡易印鑑では不可なので、気をつけましょう。 

次に再就職先に記入してもらう項目についてですが、自分で記入することはありません。記入漏れがないかだけ、きちんと確認しましょう。 

以上、支給申請書の書き方についてまとめました。 
早期に再就職先が決まった場合は、参考にしてみてください。 

再就職先が中々見つからない時は転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか? 
ハタラクティブでは就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行ない、希望に合った求人をご紹介します。 
求人サイトにはない非公開求人を多数有しており、面接日程も就活アドバイザーが間に入って調整。他にも履歴書や職務経歴書など応募書類の添削、面接対策など、細やかなサービスを提供し、転職活動を徹底サポートしているので、ぜひご利用ください!

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ