会社に行くのがつらい…対処法はある?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社に行くのがつらい…対処法はある?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・会社がつらい時は、無理せず休むのも1つの方法
    ・どうしてつらいのかを考え、上司に伝えよう
    ・人間関係の問題は改善しづらいので、我慢し過ぎないこと
    ・状況が改善されないのであれば転職も視野に入れよう

社会人になると、「仕事がつらい」と感じる人は多いでしょう。そのような時は無理せず、「どうしてそう感じるのか」「今後どうしていきたいか」を考えることで自分の気持ちを整理できます。ここでは、会社に行くのがつらいと感じる時の対処法や再就職に向けてどうしていくと良いのか解説しています。参考にしてみてください。

◆会社に行くのがつらい…今すぐできる対処法

仕事がつらい、会社に行くのがしんどい…そのような時は無理せず「ゆっくり休む」という環境を作ることも1つの方法です。
休んでいる間に仕事が気になるかもしれませんが、休暇を取ったらまずは可能な限り仕事についてえ考えないことがポイント。軽い運動や入浴、読書、小旅行など好きなことでリラックスして過ごしましょう。

リフレッシュして心にゆとりができたら、「どうしてつらいのか」「本当はどうありたいのか」などを考えて整理します。結論が出たら、上司に伝えて現状の改善にチャレンジしてみましょう。
上司へ相談することは一時的にかなりつらく感じるかもしれませんが、乗り切れば気持ちも楽になるはずです。
自分の言葉として誰かに悩みを打ち明けるだけで、心が軽くなることもあります。

◆つらい時に無理して頑張ってはいけない

会社がつらいと感じる理由として挙げられるのが、「人間関係の悪化」です。
職場では同僚や先輩、上司など多くの人と関わる必要があります。気が合う人もいれば、中には合わない人もいるでしょう。
それを解決するために自ら歩み寄り関係の改善をはかる方法もありますが、職場環境や他の人を変えるのは困難なのが現実。職場の人全員と良好な人間関係を築くことは難しい、と、ある程度割り切ることも大切です。
「自分が我慢すれば良い」「頑張って環境を変えよう」と考えるのは、余計つらくなってしまうので避けましょう。
つらいと感じるものに無理やり向き合い続けるよりも、「どうしたら仕事がスムーズにはかどるか」を考え、人よりも仕事そのものに目を向けましょう。

他にも仕事がつらいと感じる理由には「残業が多い」「休日が少ない」「目標が見つけられない」などが考えられます。
どのような状況でも、「今後どうなりたいか」と第一に自分の気持ちを優先しましょう。頑張り過ぎると気持ちが張り詰め、体調不良を引き起こすなど身体へのダメージも大きくなります。

心の余裕や働く楽しさを感じられる職場環境でこそ大きな成長はあるはずです。

◆本当につらい時は転職を考えよう!

できることをしても状況が改善されず会社に行くのがつらい、という場合はどうしたら良いでしょうか。
中には「金銭面が不安」「再就職できるのか分からない」「仕事を辞めることで周りの人に迷惑がかかるのではないか」という理由で退職に踏み出せない人も多いでしょう。
しかし、この点もある程度割り切って考えることが大切です。大変そうに感じても、仕事は1人が辞めても回るもの。そもそも誰かが1人退職して機能しなくなる会社は、働き続けたとしても将来的に心配です。
会社の就業規則に退職の規定ががあればそれに従い、引き継ぎなどのスケジュールを調整すれば大きなトラブルを回避することができるでしょう。

業界や職種を限定しすぎなければ転職活動の幅が広がり、再就職の不安を減らせます。
在職中に転職活動を行えば経済的にも安心。安定した生活基盤があれば、急ぐあまり妥協して仕事を決める、ということも避けられるでしょう。

ハタラクティブは、専任のアドバイザーがあなたの転職活動をきめ細やかにサポートします。
一人ひとりのニーズを把握し、プロの視点から企業選びや書類作成など幅広くフォロー。
「どのような仕事が合うのか分からない」「面接のコツを知りたい」などお悩みを抱えてる方はぜひご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ