なぜ日本は新卒至上主義なの?既卒になった場合の就活のコツも解説

なぜ日本は新卒至上主義なの?既卒になった場合の就活のコツも解説の画像
 

【このページのまとめ】

  • ・日本が新卒至上主義である理由は、企業にとって多くのメリットがあるから
  • ・新卒至上主義における採用により、企業は優秀で育てやすい学生を確保できる
  • ・新卒至上主義において、学生には「ポテンシャル採用してもらえる」などの利点がある
  • ・新卒至上主義には「不況に弱い」「ミスマッチが生じやすい」などの欠点がある
  • ・既卒は新卒よりも選択肢が狭まるので、さらなる積極性や就活対策が必要

「日本はなぜ新卒至上主義なの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?新卒採用は会社にも学生にも多くのメリットがあるため、日本では主流になっています。
このコラムでは、新卒至上主義について詳しく解説。企業側・学生側のメリットとデメリットを紹介します。また、新卒で就職せずに既卒になった場合の就活のコツも載せているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

なぜ新卒至上主義なのか

日本が新卒至上主義である理由は、企業にとって「就職の経験がない新卒者は社風に馴染みやすい」「一斉に教育ができる」などの利点があるからです。他社を経験した中途社員はかえって教育がしにくい場合があるので、企業は新卒者を採用したいと考えています。

新卒至上主義はおかしい?

学生生活を圧迫することもある新卒至上主義について、最近は「おかしい」と問題視する声も上がっています。
新卒の一括採用は日本特有の仕組みであり、海外では実力主義で通年採用が主です。世界の国々では「新卒だから」というだけでは就職は有利になりません。即戦力が求められるため、学生は在学中にインターンに参加してビジネスで通用する実力を身につけます。また、学校の成績が採用時の評価に含まれることもあるため、学業も力を抜きません。
グローバル化が進む昨今、日本でも新卒至上主義に疑問を感じて実力主義で採用を行う企業も増えてはいますが、新卒採用を重視する企業がいまだに多いのが現状です。

新卒至上主義のメリットとデメリット

ここでは、新卒至上主義のメリット・デメリットについて、学生側と企業側に分けて説明します。

学生側の4つのメリット

学生側のメリットは以下の4つ。実力主義での採用では得られないメリットがあります。

1.大企業に挑戦できる

日本の企業の大多数は新卒採用に力を入れているため、未経験でも大手企業に入れるチャンスがあります。社会人経験を持たずに幅広い企業に挑戦できる「新卒カード」を使えることは、大きなメリットだといえるでしょう。

2.経験やスキルが問われない

新卒採用のメリットは、入社時の経験・スキルが問われないことです。企業に「ポテンシャルがある」と思ってもらえれば、内定を獲得することが可能。中途採用では、実務経験が求められることが多いので、新卒採用ならではの利点といえます。

3.研修が受けられる

企業は新卒の社員を育てるつもりで採用しているので、研修を充実させています。基本のビジネスマナーをはじめ、業務に役立つ多種多様な研修を受けることが可能です。社会人としての実力を着実に身に付けられるでしょう。

4.同期ができる

会社の規模によって人数の多寡は異なりますが、新卒採用では同時に複数名を採用します。同じ時期に同じ境遇で働きはじめる仲間がいることで、安心感を得られるでしょう。ときにはライバルとして切磋琢磨することもあり、さらなる成長も望めます。

学生側の3つのデメリット

新卒至上主義にはデメリットもあります。状況によっては学生は苦しい就活を強いられることになるでしょう。

1.景気に左右される

新卒採用は景気に大きく左右されます。景気が不況に陥った場合、全体の新卒採用数は減るでしょう。採用数が減るだけではなく、採用自体を行わない企業も。就活をする年の景気状況が悪いと、就活の難易度は跳ね上がります。

2.短期間で複数の選考がある

多くの企業が同じ期間に募集を行うため、短期間で複数の選考を受けなくてはなりません。内定をもらうためには企業ごとに対策する必要があり、学生にとって大きな負担になります。

3.失敗したら就職が厳しくなる

新卒時に失敗して就職できなかった場合、ポテンシャル採用してもらえる「新卒カード」を失い、その後の選択肢が狭まってしまう可能性があります。就職のハードルが上がってしまうのです。そのため、新卒至上主義における就活は、「失敗できない」というプレッシャーが多大であるといえます。

会社側の4つのメリット

新卒至上主義によって企業にもたらされるメリットは主に以下の4つです。これらの利点があるからこそ、新卒至上主義は続いているといえます。

1.優秀な学生を確保できる

新卒採用を行うことによって、前途有望な優れた学生を確保することが可能です。「空きが出たら採用活動を始める」というスタンスでは他社に後れを取り、優秀な若手を逃してしまいます。

2.社員の年齢構成のバランスが保てる

毎年若い新卒を採用することで、会社の年齢構成のバランスを保つことができ、組織の高年齢化を防げます。新卒採用は、企業を長く繁栄させるために有効な手段だといえるでしょう。

3.リーダー候補を育てられる

何にも染まっていないまっさらな状態の新卒は、リーダー候補として育成しやすいでしょう。愛社精神に関しても、他社を経験した中途社員と比べると育まれやすい傾向にあります。

4.定着率が期待できる

先入観を持たない新卒社員のほうが中途社員よりも、自社の文化に馴染みやすいでしょう。中途社員であれば前職と比較して不満を持つこともありますが、初めて会社で働くことになる新卒には比較対象がありません。また、支え合える同期がいることも高い定着率につながっています。

会社側の3つのデメリット

新卒至上主義もメリットばかりではありません。企業側の主なデメリットは以下の3つが挙げられます。

1.景気に影響を受ける

新卒採用は景気に大きく影響されます。新卒採用を行う企業数に対して学生数が少ない場合は「売り手市場」となり、人材確保は困難を極めるでしょう。
また、不況により企業の経営が悪化した場合、新卒採用・教育にコストをかける余裕がなくなり、新卒採用自体を実施できないこともあります。

2.育成コストが高い

新卒採用はポテンシャル採用なので、手厚い教育を施す必要があります。業務を行わないで研修に参加する間、新卒者は会社にとっての利益をあげません。また、OJT教育を行う場合は、現場の社員の負担が増えます。一から育てる新卒社員は、戦力になるまでは高い育成コストがかかることになるでしょう。

3.入社後のミスマッチが起こり得る

会社で働いたことがない新卒社員は入社後のイメージを想像しにくいため、ミスマッチを起こしやすい傾向があります。入社後にギャップを感じ、早期退職してしまう恐れも。もし新卒がすぐに辞めてしまうと採用や教育にかけたコストが無駄になり、企業にとって大きな損失になります。

新卒の就活に失敗したら?既卒で成功する4つのコツ

ここでは、新卒至上主義の日本で既卒が就活を成功させるためのポイントについてお伝えします。
新卒の就活に失敗して内定がもらえないまま卒業した場合、あなたは「既卒」となります。既卒としての就活は、新卒カードを持っていたときよりも厳しくなる傾向はありますが、しっかり準備して挑めば内定を獲得することは可能です。

1.あらためて就活対策を行う

自己分析や企業研究、面接対策など、就活対策をあらためてやってみてください。新卒採用で内定がとれなかった要因を分析し、その原因に対してアプローチするとより効果的です。
準備万端の状態で就職活動に臨みましょう。

2.中途採用枠に応募する

既卒は主に中途採用枠にエントリーして就活を行うことになります。ただし、経験者採用の求人で内定を獲得するのは難しいでしょう。既卒者は、求人情報に「経験不問」や「未経験者歓迎」などと記載してある求人に応募するのがおすすめです。
経験を問わない求人では若さは武器になるので、積極的に応募しましょう。

3.新卒採用枠にエントリーする

既卒でも新卒採用の枠に応募できることがあります。求人情報に既卒でも応募できるかどうかが書かれているので、確認してください。
ただし、いつまでも受け付けてくれるわけではないので注意が必要です。「卒業後3年まで」「卒業後1年まで」など、企業によって卒業後の年数に制限を設けている場合があるので、早めに動き出しましょう。

4.就活支援のサポートを利用する

既卒者が就職活動を成功させるためには、就活を支援してくれるサービスを利用するのがおすすめです。既卒になると周りの友達の多くは就職しているため、情報共有できる人が少なくなります。視野を広げて就活を行うためにも、第三者のサポートを受けましょう。
就活を支援してくれるサービスには、ハローワークや求職サイトがあります。大学のキャリアセンターも既卒の利用を受け付けている場合があるので、確認してみてください。
また、就職エージェントの利用もおすすめ。就職エージェントでは求人の紹介だけでなく、履歴書を添削してもらったり、面接練習をしたりすることが可能です。既卒の就活に関する幅広い支援が受けられます。

「既卒で就活するのが不安…」「自分に向いている仕事が分からない」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒をはじめとする若年層をサポートしている就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが担当につき、仕事探しから内定まで一貫した支援を提供します。
1対1のカウンセリングにより、個々に合ったアドバイスが可能です。カウンセリングを通して、あなたのアピールポイントや向いている仕事をアドバイザーがともに考えます。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION