中卒でなれる販売の正社員

販売の仕事はアルバイトでも接客業の経験があれば選考でPRできます。
なので学歴に不安がある中卒の方でも正社員として就職しやすい職種と言えるでしょう。

しかし職場の選択肢は非常に幅広いものです。
実際に正社員になるとどのような条件下で働くことになるのか、取得しておいたほうが良い資格は何か、適性があるのはどのような人なのかなど豊富な情報をまとめて正社員就職を目指す中卒の方にご提供いたします。

販売の職場の選択肢

販売は職場の選択肢が幅広くある職種で、目に見えて触れる商品があるところほぼ全てに仕事があります。

正社員の求人があれば中卒から大卒まで応募が可能です。
就職先の候補は、アパレル・雑貨のようなファッション業界、書店、コンビニ、スーパー、携帯ショップ、花屋さん、八百屋さん、魚屋さんなど挙げたらきりがないほどたくさんあります。

これらは正社員の求人もよく出ていますが、アルバイトや契約社員の求人も多く出ています。
しかしどの職場でもアルバイト採用からじっくり時間をかけて経験を積んで店長や同僚の信頼が得られれば正社員登用できる可能性があります。
なのでフリーターから正社員を目指す場合でも十分に就職のチャンスがあります。

仕事内容の特徴

どのような業界でも販売の仕事は基本的に立ち仕事で接客がメインとされる職種ですが、事務処理能力も求められます。

レジの金銭管理や在庫管理、商品陳列などお客さまとのコミュニケーション能力以外にも重要な仕事がたくさんあります。
正社員の求人に応募して就職する場合、商品の発注書を作成して業者に送信するには、どの商品がどのくらい売れるのかを日頃からよく把握しておいて、今後どのくらい売れるかを予想する判断力が求められるでしょう。

中卒やフリーターの方でもこれまでのアルバイトでリーダーの経験があれば仕事に活かせます。
また家族連れや友人同士など個人のお客さまを相手にする仕事なので、大多数の企業と学校が休みの土日祝日は稼ぎ時と言えます。
そのため勤務時間はシフト制で平日休みの店舗が多く見られるのが販売員ならではの特徴と言えます。

業界別に見るオススメな資格

販売員は特別な資格が不要であることが多い職種として有名で、求人の募集要項でも正社員・アルバイトともに不問とされる場合がほとんどですが、資格があると就職後に仕事で役立てられることがよくあります。

ではどのような資格を取得すれば良いのでしょうか。
例としてファッション、家電、流通の3種類の業界を挙げてチェックしてみましょう。

まずファッション業界はお客さまに商品を勧める際にセンスを磨くためにも、カラーコーディネートやファッションコーディネートの資格がオススメです。

次に家電業界は家電製品アドバイザーの資格があれば商品の使用方法の説明や不具合発生時の対応に役立てられます。

最後に流通業界はお客さまのニーズを正確に捉えられる販売士の資格がピッタリです。
いずれの資格も、中卒や販売未経験者であっても受験できる資格なので就職活動を始める前に取得しておくと選考で有利になれるかもしれません。

向いている人のタイプ

販売のような接客サービス業の求人は学歴不問の場合が多いので、中卒やフリーターから就職を目指すのにオススメな職種です。

では販売にはどのような人材が求められるのでしょうか。

一番欠かせない能力はやはりコミュニケーションでしょう。
明るく元気で仕事中いつも笑顔を絶やさない方は、採用担当者だけでなくお客さまからも魅力的に見えて、ショッピングを楽しくさせられる才能があるのではないでしょうか。

ただ商品の紹介や会計をするだけでなく、お客さまの要望をしっかり聞いて丁寧な対応ができればさらにお客さまの満足度を高められるでしょう。

また正社員を目指す場合、商品の売れ筋を予測できる判断力が求められるので先の見通しを立てられる方に向いている仕事と言えます。

販売員は中卒から大卒まで幅広い学歴の方に就職のチャンスがあります。

職場の選択肢は非常に幅広くありますが、個人により業界の向き不向きがあるのでどの求人に応募するかは慎重に決めなければならないでしょう。
まずは自己分析をして自分の強みを知る必要があります。

悩んだときはぜひハタラクティブにご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ