出社拒否は甘え?対応方法や退職手続きについて解説

出社拒否は甘え?対応方法や退職手続きについて解説の画像

この記事のまとめ

  • 出社拒否とは、出社する意志はあるのに何らかの原因で行けずに休んでしまうこと
  • 原因は人それぞれ違うものの、責任感の強さや完璧主義などから出社拒否に陥る人が多い
  • 出社拒否が深刻化すると、体調や精神面に支障をきたすことがある
  • 出社拒否が何日も続く場合は、退職を選択するのも一つの手段

「出社時間になると憂鬱になり、どうしても体が動かない…」こんな経験をしたことはありませんか?これは「出社拒否」と呼ばれる状態です。このコラムでは出社拒否の原因や対処法についてまとめました。
会社のことを考えるだけで気持ちが沈んでしまう人は、心や体がSOSのサインを出しているのかもしれません。出社拒否が長引くとストレスから大きな不調を引き起こす可能性も。コラムを参考に今後の対応を考えましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

出社拒否とは?

出社拒否とは、会社に行かない、あるいは行けなくなる状態を指します。具体的には、「出社しようとする気持ちはあるのに、会社に行くことができず休んでしまう」という状態です。
そのほか、なんらかの理由で本人が意志を持って出社を拒んでいる状態も「出社拒否」と呼ばれます。たとえば、新型コロナウイルスが流行した2020年には、感染を回避するためテレワークを希望する人も数多くいました。また、雇用条件や業務内容に納得が行かず拒否する場合もあるようです。
出社拒否には多くの意味がありますが、コラムでは「出社の意志はあるのに出勤できない状態」に焦点を当てて解説していきます。

出社拒否は突然起こることもある

「昨日までは何事もなく出社していたのに、突然会社に行けなくなった」というように、ある日を堺に出社拒否に陥ってしまうこともあるようです。この場合、これまで特に症状がなくいきなり異変が訪れるため、「自分は出社拒否症かもしれない」と気付きにくい傾向があります。

出社拒否は甘えとは言い切れない

出社拒否は本人すら原因が分からない場合が多く、周囲からは「甘えているだけ」「ズル休みじゃないの?」と思われることも少なくありません。しかし、先に述べたとおり、ある日突然出社拒否になる場合もあります。誰にでも起こりうる可能性があることから、最近では出社拒否を“心の病気”として捉え、症状に苦しむ社員をサポートする企業が増えてきているようです。
出社拒否は「出社困難症」とも呼ばれています。「出勤困難症の改善方法とは?主な原因や対策方法もあわせて紹介」でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

出社拒否をする3つの理由

出社拒否は、「仕事に行きたくない」「面倒くさい」といった理由で起こるものではありません。あくまでも本人には働く意思があるものの、思うように出社できないのが出社拒否。
出社拒否の原因には、自分の性格や職場環境などが影響しているといわれています。

1.人間関係で悩みがある

同じ部署内や取引先など、仕事上の人間関係によるストレスが原因で出社拒否に陥ってしまう場合があります。毎日職場で長い時間を共にするからこそ、相手との相性によっては精神的苦痛を感じることもあるようです。
人間関係については、社会人として働く人たちにとって、極めて多い悩みでもあるといえます。「会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしよう」のコラムも参考に、ある程度割り切った付き合い方なども試してみましょう。

2.仕事へのプレッシャー

仕事へのプレッシャーは、出社拒否を引き起こす大きな原因といえます。たとえば、大規模なプロジェクトを任されたり、新人なのに膨大な量の仕事を振られてしまったりすることで、不安や焦りが募ってしまうようです。
これは、個人の性格にも通じるものがあります。責任感が強い方なら、プレッシャーを感じながらも「期待に応えなければいけない」と頑張り続けてしまうこともあるでしょう。一方で、自分に自信がない方は、成功体験の少なさから「できなかったらどうしよう」と重圧感に苦しむことも。いずれにしても、仕事に対して大きなプレッシャーを感じることがストレスにつながり、出社拒否という形になってしまうようです。

3.業務内容に対する理想と現実のギャップ

仕事が自分が納得できる結果につながらなかったり、思うような実績が出せなかったりすると、自分の思い描く理想と現実のギャップに失望してしまうことがあります。
その内容によっては、働くことへのモチベーションがなくなり、仕事に意味を見いだせなくなってしまうことも。出勤する気力もなくなってしまい、そのまま出社拒否に陥ってしまう場合も少なくないようです。

出社拒否をすると懲戒処分になる?

出社拒否が続くと懲戒処分にならないか心配になる方もいるでしょう。
労働基準法によれば、使用者は労働者に対して業務命令権を持っているとされ、合理的な命令であれば労働者は従わなければいけません。合理的な範囲で出社するように命令しているにも関わらず出社拒否を続ければ、懲戒処分となる可能性もあるでしょう。

参照元
e-Gov法令検索
労働基準法

懲戒処分の種類

懲戒処分は重い順から懲戒解雇、論旨解雇、降格、出勤停止、減給、譴責、戒告です。最初の違反や軽度の違反であれば戒告にとどめ、違反を繰り返すと徐々に処分が重くなっていくのが一般的な処分となります。懲戒処分については「譴責処分とは何のこと?懲戒処分の7つの種類や転職への影響を解説!」のコラムでも解説しています。
処分のなかでも懲戒解雇や論旨解雇は社員を解雇する非常に重い処分。解雇だけでなく退職金が支払われないことも珍しくありません。

出社拒否すると懲戒処分されるのか

出社するようにとの会社の命令に従わずに出社拒否を行うと、状況や理由によっては懲戒処分にならないこともあります。
懲戒処分はすべての違反に適用されるわけではなく、処分が妥当な場合に限られるのです。懲戒処分の事由が就業規則に明記されているか、社員の行動が就業規則にある懲戒処分に値するか、処分の内容は妥当かなどを慎重に検討する必要があるため、簡単に懲戒処分にならないことも多いようです。
さらに、体調不良など正当な理由で出社を拒否している社員に対して懲戒処分を下すと、会社側が損害賠償を求められることも。出社拒否だけで懲戒処分を行うのはリスクが高いため、一般的には処分対象にならないと考えられるでしょう。

不当な処分を受けたら?

正当な理由があって出社拒否をしたにも関わらず何らかの処分を受けたら、労働組合や労働基準監督署、弁護士といった信頼できる機関に相談してみましょう。「労働基準監督署に相談する方法」もご確認ください。

出社拒否になったらどう対応する?

もし出社拒否になってしまっても、焦らないことが重要です。また、なにかしらの症状がありながら、長い間放置してしまった場合は、改善が難しいこともあります。心にゆとりをもって下記の対応を行ってみましょう。

会社に連絡する

出社拒否の症状によって出社するのが困難になってしまった場合は、会社に欠勤の連絡をします。もし、何日も出社できない状態が続くのであれば、心療内科などの専門医を受診し、診断書を書いてもらいましょう。
会社側は、従業員が出社拒否になった際、「職場復帰できるのかどうか」を確認する必要があります。診断書は正当な理由の証明となるため、用意するのが望ましいです。
欠勤連絡もせず、診断書の提出にも応じない場合は、会社側が解雇を含めた処分の検討を進めることも。会社への連絡は、早めに対応することが重要です。

気分転換の時間を作る

出社拒否になる要素を減らすためには、普段からストレスを蓄積しないよう心身ともにリフレッシュできる時間を作るのがおすすめ。
公園の散策や軽いスポーツで身体を動かしたり、美術館巡りで落ち着いた時間を過ごしたりと自分が気分転換できる方法を試してみましょう。
また、1日の疲れはその日に発散することも重要。しっかりと睡眠時間を確保し、バランスの良い食事をとって規則正しい生活を心掛けることが大切です。ヨガや読書など、気軽にできるリフレッシュ方法を日常生活に取り込むと、ストレスからの回復も早くなるでしょう。

誰かに相談する

出社拒否になってしまったら、1人で悩まず家族や友人などに相談してみましょう。会社の人事や上司に相談できるなら、具体的な解決策が見つかることも期待できます。
責任感が強く、真面目な性格の方が出社拒否に陥ってしまうと、「なぜこんなことになってしまったのか」「自分は駄目な人間だ」と、思い詰めてしまうことも。誰かに悩みを打ち明けるだけでも、心の負担はぐっと軽くなるはずです。
それでも問題が解決せず、出社拒否が続いてしまう場合は、精神科・心療内科などの専門医を受診してみるのも1つの手段。適切なアドバイスを受けることで、不安定な気持ちや悩みから抜け出せるようになるでしょう。
会社を退職する前にできる対処法については、「ストレスで退職したいときの5つの対処法!円満退社をするには」の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

出社拒否が続くなら退職も選択肢の一つ

出社拒否が続き、今の会社で働き続けるのが難しいと感じるなら、退職を選択するのも効果的です。環境を変えることで、気持ちも切り替わり出社拒否や精神的なストレスが解消することも。
長期間出社拒否を続けてしまうと、企業によっては約1ヶ月で職務怠慢とみなされ、懲戒解雇となるケースもあるようです。また、懲戒解雇はその後の転職が不利になる恐れも。この先の自分のためにも、早めに決断し、行動に移すことが重要といえるでしょう。
本来であれば、上司のところへ直接足を運び、退職について相談するのがマナーですが、出社拒否の症状が重く、どうしても会社に行けない場合は、電話で相談してみるのも有効な方法です。
会社に相談をしたあとは、退職届をはじめ、退職に関する書類を郵送します。社員証や健康保険証、名刺など、会社から支給された貸与品の返却も忘れずに行いましょう。
一つの職場で働き続けることがすべてではありません。出社拒否になった自分を責めすぎず、ポジティブかつ柔軟な物事の捉え方を身につけることが、再スタートにつながります。

出社拒否に悩む方や退職を決断した方は、一度外に目を向けて自分に合った仕事や職場を探してみるのがおすすめ。視野を広く保てば、良い転職先に出会えるでしょう。
自分の適性や希望条件に合った職場をお探しの方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
丁寧なヒアリングによって、多彩な求人からあなたにぴったりのお仕事をご提案。ほかにも、書類添削や面接対策など、専任アドバイザーがマンツーマンで対応します。就職・転職に関する疑問や不安など、どんなことでも相談できるのがポイントです。あなたの声をぜひお聞かせください。

関連タグ