1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから正社員!これをすればあなたも正社員!

ニートから正社員!これをすればあなたも正社員!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・まずはアルバイト経験を積むことからスタートし、働く習慣を作る

    ・経験をある程度積んだら、スキルアップや業務改善などを実践したり、スーツや靴など就活に必要なものを揃えたりして、就活を見据えた活動を

    ・就活では、条件に優先順位を付け、特定の業界や職種について先入観を持たないことで、幅広い求人から探すことができる

    ・ニート期間についての質問は避けては通れないので、回答をしっかり考えておく

ニートから正社員になるためには、具体的にどのように動けば良いのでしょうか。当コラムでは、今までニートとして過ごしてきた方を対象に、就職活動をスタートさせるまでのポイントについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

◆長期間働いていないニートがまずすること

ニートと一口にいっても、 今まで一度も就業経験のない人、就業経験はあるものの長期間仕事についていない人、ニート期間が短い人…などさまざまなケースが存在します。

この中でも就業が困難なのは、ニートを長期に渡って続けてきた前者の2つです。今回はその両者について、正社員として就職するまでに、どのような流れで動けば良いのかを解説します。

【働く動機や意欲を湧き起こす】

まずは、自分の中の働く動機を見つけてみましょう。「社会に少しでも貢献したい」「趣味を充実させるためにもっとお金が欲しい」といった個人的な理由でも、なんでも構いません。大事なのは、その動機によって就職活動をスタートさせる気持ちが生まれるかどうかです。

また、ニートを続けた場合の現実を知っておくのも必要なこと。ニートを続けることで将来的にどのような状況になるのかを具体的にイメージしましょう。危機感を持つことも働き始めることに対するモチベーションの維持に繋がります。

【働く習慣を作る】

いきなり正社員として働くことを目指さなくても大丈夫。長期間働いていなかった人が、いきなり週5日8時間のペースで働くのは無理があります。自分のペースに合わせて、少しずつ働くことから始めてみましょう。 

焦らずに、段階を踏んで一歩ずつやっていけばいいのです。 

【後戻りしたとしても、自分を責めない】

どんな人でもまっすぐ失敗することなく、進めることはほとんどありません。失敗したり転んだり、時に後戻りすることもあります。大事なのは転んだときに起き上がり、また歩き出すこと。
せっかく雇ってもらえた仕事をすぐに辞めてしまったり、体調を崩してしまったりすることもあるでしょう。そんな自分を責めてしまうかもしれません。
ですが、案外みんなそんな経験をしているもの。失敗したからといって、諦めてしまってはダメですよ。

◆働くことに慣れてきたら

アルバイトとして経験を重ねたら次のステップに進みましょう。就職活動のスタートラインに立つまであと一歩です。就職活動を見据えた動きをしておきましょう。

【勤務日数を増やしてみる】

働くことに慣れ、生活リズムも整ってきたら、自分に少しだけ難しいノルマを課してみましょう。これまで週3日しか働いていなかったところを4日にしたり、勤務時間を1時間だけ延ばしたり。あるいは資格の勉強を始めるのもいいかもしれませんね。
今自分ができていることよりも、ほんのちょっとだけ背伸びをしてみましょう。そうすれば、また新しい景色を見ることができるはずですよ。 

【できることを増やす】

アルバイトは正社員と比較すると業務範囲が限られていますが、就活時の武器を増やす意味でも、業務内容から自分ができることを増やす努力をしましょう。

会社視点で物事を捉える力を磨いたり、スキルアップを念頭に業務改善をしたり、できることはあるはずです。
職場で課題になっていることを洗い出してみたり、周囲の人に意見を聞いてみたりして、自分ができることは何なのか考えて、動いてみましょう。

【就活に必要なものを揃える】

ここまでくれば正社員への道は開けたも同然です。週に5日、およそ8時間の勤務もさほど苦ではなくなっているのではないでしょうか?
最後に、これまでアルバイトで稼いだお金を使って、就職面接用のスーツや靴、バッグなど、就活に必要なものを購入しましょう。もしスーツを持っている場合でも、デザインや形が古い場合はくたびれた印象になります。

気分を一新する意味でも、スーツを新調しましょう。 

◆いよいよ就職活動をスタートさせる

アルバイト経験によって、働くことが自然な生活になっているはず。ここまで進めることができれば、次はいよいよ最後のステップ、就職活動です。正社員になるためのハードルを超えるポイントをまとめました。

【条件は優先順位をつける】

仕事探しに条件はつきものですが、何でも必須条件として探してしまうことで、応募数が少なくなり、結果的に内定をもらえる確率も下がります。

「給与が良くて休日も多くて福利厚生も手厚い」という全てがパーフェクトな求人はほぼありません。あったとしても、そのような条件の会社は定着率が良いですから競争率も高く、ニート期間が長い方にとってはかなり狭き門といえます。

自分が挙げた条件の中で絶対に譲れないモノ、譲歩できるものは何なのかを明確にしておくことで、幅広い求人の中から探すことができます。

【仕事や業界に対しての先入観を無くす】

SNSやWebサイトでの情報収集することが当たり前の現在ですが、就活ではうまくバランスを取ることが大切。根拠のない情報によって、特定の業界や職種に対して、ネガティブな捉え方や先入観を持っていることは少なくありません。
業界や職種について調べるのはとても良いことですが、可能性を広げたいなら四季報など根拠のある情報をベースにしましょう。周囲に実際に働いている人がいるなら、その人から話を聞くのも1つの手。
自分で対象範囲を狭めることをせず、さまざまな可能性から自分に合う職種を探してみましょう。

【ニート期間についての回答を考える】

履歴書の書き方や面接の流れなど、基本的なことについて押さえておくのはもちろんですが、もう1つニートを経験してきた方が必須で用意しておかなければならないことがあります。それは「ニート期間中に何をしていたのか」「なぜニートを選んだのか」という質問に対する回答の準備です。
これはほぼ避けては通れない質問ですから、必ず自分の言葉で語れるようにしておきましょう。

「すぐに退職するのではないか」「困難に立ち向かう力はあるのか」など、採用担当者が不安に思うことが多い点についても言及できると、印象が良くなります。

今回は長期に渡ってニートを続けてきた方を対象に、就活に向けたポイントをご紹介しました。

長年ニートを続けていると、もう正社員になるのは無理、と諦めていませんか?長期間働いていなくても、正社員になるための方法はあります。ハタラクティブなら、ニートから正社員になるための方法を知ることができるだけでなく、就職サポートまで行っています。会員登録をして、ぜひご確認ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ニートから正社員に就職するには?おすすめの仕事や面接のポイントを紹介!

  • image

    ニートから正社員を目指すのは無理?就職のコツを解説

  • image

    ニートから就職して正社員になるのは無理?

  • image

    ニートから就職するために必要なことって何?

  • image

    ニートから脱却!正社員とアルバイトどちらがいいの?

  • image

    ニートから就職は可能?どんな仕事が狙い目?正社員になるコツを解説

  • image

    就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?

  • image

    ニートから脱出する方法!働きやすい仕事の種類と探し方

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる