知っておきたい!退職願と退職届の違いとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 退職コラムTOP
  4. >
  5. 知っておきたい!退職願と退職届の違いとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・退職届を出したいときは、まずは就業規則を確認しよう
    ・退職願は退職を「お願いする」もので、退職願は退職を「宣言する」もの
    ・特に退職届は一度提出したら撤回できないため注意が必要
    ・円満退社を目指すなら「退職願」を出すのが一般的

これから会社を辞めようと思っている方は「退職願」や「退職届」の提出を求められることも考えなくてはいけないでしょう。
ここでは退職願や退職届の書き方を例文を沿えてご紹介しています。


◆転職したい…まずは就業規則を確認しよう

民法第627条1項では、退職する14日前までに退職の意思を伝えれば良いとされています。
しかし、一般的には1か月以上前に退職の意志を伝えることが多いようです。
その理由としては、仕事の引き継ぎや新しい人員の整備などに時間がかかることが予測できるため。
まずは就業規則を確認し、退職の意思はいつ伝えるべきかを調べておきましょう。
円満退社を目指す場合は、それに加えて繁忙期を避けた方がより良いでしょう。


◆退職願と退職届どちらを提出する?

退職願、退職届、辞表にはそれぞれ異なる意味があります。

・退職願

退職願は、「退職させて欲しい」というお願いをするためのものです。合意の上で、労働契約を解約するための申込書類ともいえます。あくまでも従業員側からの「お願い」になるので、社長や人事部長などの最終権限者が承諾するまでは、撤回することが可能です。
とはいえ、一度退職したいという意志を伝えてしまっているので、その後「撤回します」といっても簡単に受け入れてもらえないことも。気まずい雰囲気にもなってしまうため、「どうせ撤回できる」と軽い気持ちで提出しないようにしましょう。

・退職届

退職届は、一方的に「退職します」と宣言するもの。従業員側から一方的に労働契約を解約する告知書類ともいえます。原則、提出後に撤回することができないため、一般的には退職が確定した上で最終確認用の書類として提出を求められてくるケースが多いようです。
基本的には、何を言われても退職する意志を曲げたくない、すでに会社側と退職交渉が終わってる、といった場合に提出します。

・辞表

辞表は、よく退職願や退職届と混合されやすいですが、役員や経営者などの一定の役職に就いている人が書くものです。そのため一般的な従業員であれば、退職願か退職届を提出することになります。

一般的に、円満退社の場合は退職願を用いることが多いようです。ただし、会社の規定や慣例がある場合はそれに従うようにしましょう。


◆退職願/退職届の正しい書き方

書類を作成する前に、まずは直属の上司に相談して退職日を明確にしておきましょう。
その後、自分に合った書式に合わせて書くといいでしょう。
一般的に、縦書きが原則とされています。書く流れとしては退職願と退職願はほぼ一緒です。

まずは退職願をベースにご紹介します。

【退職願】

まず、1行目の中央に「退職願」と書きます。

そして2行目の1番下に「私事、」として書き始めます。※「私儀、」でも可。
その際「、」を忘れないようにしましょう。

3行目の頭から、本文を書きます。
例:「このたび、一身上の都合により、来たる平成◯◯年◯月◯日をもって、退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」

そして1行あけて、「提出する日付」「所属部署」「自分の名前」を書きます。
「平成◯◯年◯月◯日 △△事業部 □□課 ◯◯ ◯◯」

自分の名前の下には、認印または三文判で捺印。シャチハタなどは不可なので注意しましょう。

宛名は「退職する会社の正式名称」と「代表名(社長)」を書きます。
例:株式会社◯◯ 代表取締役社長 ◯◯ ◯◯様(殿)

【退職届】

まず、1行目の中央に「退職届」と書きます。

2行目の1番下に「私事、」と書き初めます。同じく「私儀、」でも可。
こちらも「、」を忘れないようにしましょう。

3行目の頭から、本文を書きます。
例:「このたび、一身上の都合により、来たる平成◯◯年◯月◯日をもって、退職いたします。」

異なるのは、1行目の中央に「退職届」と書く点と、本文です。
退職願は「お願い申し上げます」なのに対し、退職届は「退職いたします」と言い切る形なのでその点を注意しておきましょう。


◆手書きとパソコンどちらが良い?

基本的にはどちらでもいいとされていますが、社風や慣例に合わせて使い分けるといいでしょう。
会社に退職願や退職届のフォーマットが用意されている場合は、それに従って記入します。
パソコンで作成してもかまわない場合はテンプレートを利用することもできるので、インターネット上からダウンロードして使ってもいいでしょう。
どちらの場合であっても、B5かA4の白い紙を選びましょう。封筒も白無地です。
履歴書などは折らずに入るサイズのものを選ぶが、退職書類は3つ折り程度の小さいものが一般的です。

【縦書きでの提出を求められたら】

基本的に退職願・退職届は縦書きが原則とされていますが、場合によっては企業側から横書きの提出を求められるケースがあるでしょう。
横書きで書く場合は縦書きのような順番で書けばいいわけではありません。
一部順番が変わってくるため、注意しましょう。

<退職願・退職届の書き方の例>

      退職願(退職届)
                平成◯◯年◯月◯日 
株式会社◯◯
代表取締役社長 ◯◯ ◯◯ 様(殿)

                △△事業部□□課
                ◯◯ ◯◯ 印



                     私事、
このたび、一身上の都合により、
来たる平成◯◯年◯月◯日をもって、退職いたしたく、
ここにお願い申し上げます(退職いたします)。

                      以上  

縦書きと違う点は、本文より先に日付と宛名、自分の名前がくるように書くところと、最後に「以上」で締めくくるところです。
そこに注意すれば、あとはほとんど縦書きと変わりません。

・パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトの場合は、基本的に提出を求められなければ退職願・退職届を出さなくても問題ありません。
ただ、場合によってはバート・アルバイトでも退職願や退職届を求められることもありますが、そのときは書き方は正社員と同様で大丈夫です。

・会社都合で退職しなければいけない場合

会社都合や解雇の場合、退職願や退職届は書かなくていいとされています。
書いてしまうと、自己都合退職にされてしまう恐れがあるからです。
会社都合やリストラなどの場合で退職願・退職届の提出を求められてしまったら、安易に提出することは避けたほうがいいでしょう。解雇の場合、企業側から解雇通知書や解雇理由証明書を受け取るようにします。
会社都合や解雇の場合、失業手当を退職後にすぐ受け取れますが、自己都合退職扱いになると3カ月ほど待たなければいけません。
退職後の生活に大きな影響が出てくるため、なんだか対応が変だなと思ったら労働局などに相談してみるようにしましょう。


◆転職・退職のことで悩んだら

仕事を辞めたい、新しい環境に挑戦したいというときは、悩みが多くなってしまいがち。
そんなときは、就職活動のプロに相談することで、無理のない転職活動が行えるかもしれません。
ハタラクティブでは、20代・第二新卒といった若年層の方を対象に、就職活動の支援を行っています。
就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧にアドバイスを行うので、初めての方でも安心してご利用いただけます。
現在の職場に不安があったり、今後どうするべきか悩んでいたりする方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ