明日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒で、就活する上での注意点とは

第二新卒で、就活する上での注意点とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒は新卒入社後、短期間で退職した人のこと。働いていた期間は一般的に数ヶ月~3年ほど
  • ・既卒は、学校卒業後に正社員として就職しなかった人のこと。フリーターも含まれる
  • ・第二新卒として就活する際は、仕事に対する意欲、前職で身についた経験を中心にアピールするのが効果的
  • ・退職理由は具体的且つ、志望動機と一貫性を持たせ、「すぐ辞めるのでは」という不安要素をカバーする

第二新卒で、就活する上での注意点とはの画像

なぜ第二新卒になってしまったんだろう?ご自身で問いかけている方もいるはず。前職を辞めた理由は、人それぞれです。今回は、第二新卒の方で、これから再就職を考えている方、転職を考えている方に就活する上での注意点をご紹介したいと思います。

【関連記事】
第二新卒のための転職成功の秘訣

第二新卒と既卒の違いとは

第二新卒と既卒の違いが、理解できないまま、第二新卒と既卒になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。再就職や転職をスタートする上で、ご自身がどっちの枠なのか気になっている方のために、簡単に解説をします。

第二新卒・・・ 学校(大学・専門学校)を卒業後、新卒として就職するが、数年内になんらかの理由で退職をした人のこと。
既卒・・・ 学校(大学・専門学校)を卒業後、正社員として職歴がない人のこと。 フリーターでも、正社員としての職歴がなければ、既卒という扱いになります。

第二新卒は、既卒やフリーター、ニートと比較すると、社会人経験もあり、求人募集枠も幅広く、支援サイトのサポートも多く存在します。
後の項目でも触れますが、企業側が第二新卒に感じる魅力の一つにフレッシュさや柔軟性があります。しかし、ブランクが長引くほど第二新卒としてのメリットも伝わりづらくなりますから、すぐ就活をするのがおすすめ。
第二新卒としての価値が下がり、求人も減っていく前に就活をスタートさせましょう。
ブランクを長く空けてしまった方は、長いブランクの間何をしていたのか、しっかり理由を考えることをおすすめします。

第二新卒で就活をする時の心得

第二新卒の実態として、新卒で入社して3年以内に退職をした人は、3割弱と言われており、年々増加傾向にあります。
理由は、人それぞれで、会社の社風に合わなかった、人間関係、ブラック企業であったなど。「こんなはずでは!」と泣く泣く会社を去ってしまった方もいらっしゃると思います。
次こそは!と意気込んでいる方、自分に合った企業に就職したいと考えている方は多いのではないでしょうか。第二新卒で就活をする時の心得ポイントを紹介したいと思います。

1.あなたの若さと頑張りたい意欲をアピールしましょう

なぜ、企業は第二新卒を採用するのか、考えたことはあるでしょうか?最初の就職で培った経験もあり、社会人としての最低限のマナーが身に付いていること、短時間の人材教育で済むこと、新卒者とあまり変わらず長期的なキャリア形成が見込めること、などが挙げられます。若くて教育のしがいのある第二新卒は、企業側にもいいメリットなのです。
企業側のメリットをどう活かすかは、あなた次第。前職で身に付いたノウハウをリストアップしてみましょう。履歴書や面接の準備に役に立つのではないでしょうか。

2.注意すべきポイントとは

企業の採用担当者は、この会社で長く働いてもらいたいことを前提で、採用選びをします。第二新卒の注意すべきポイントとして、『すぐに辞めてしまうのでは』、『1つの仕事を頑張れない人材なのでは』とマイナスイメージがあること。
内定を出しても、前職と同じなのではと不安要素がたくさんあります。失敗したその経験を再就職先でどう活かせるか、反省したポイントと向き合い、意欲がある旨を採用者側に伝える必要があります。

3.自分に合った企業選び

日本には、多くの会社があり、様々な職種があります。自分の理想の企業、職業に就くことも夢ではありません。しかしながら、第二新卒の方で、理想の就職をしたはずなのに、退職をしてしまった人も多いのではないでしょうか。理想と現実とのギャップは大きかったのではありませんか。ここは、ご自身の理想を少し離れて、色々な業界、職種の下調べをしてみましょう。
企業サイトや求人情報だけではく、求人支援などの力も借りて、どういった業界、職種が自分にぴったりなのか慎重に考えてみましょう。

ハタラクティブが転職支援を行う第二新卒に関するQ&A

ここでは、ハタラクティブの転職支援対象である第二新卒に関する質問をまとめました。Q&A方式で分かりやすく回答しているので、ぜひ転職活動のご参考にしてください。


第二新卒が採用されやすいって本当ですか?

一般的な早期退職と比べると、第二新卒の転職は採用されやすい傾向があるようです。同じ早期退職に当てはまるものの、通常の早期退職は忍耐力・努力不足などデメリットが目立ちます。一方、第二新卒はそれらのデメリットよりもポテンシャルや柔軟性の高さといったメリットが評価されるようです。「第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは」やハタラクティブでは第二新卒のメリットをより詳しく紹介しています。

第二新卒は「新卒」と「中途」どっちですか?

第二新卒は「新卒入社後3年以内に退職(転職)する者」を指すため、経験年数によって、新卒と中途のどちらに近いか意見は分かれるでしょう。たとえば、同じ第二新卒でも入社半年で退職したのであれば、ほぼ新人。一方、3年近く働いたうえでの転職であれば中途に近いイメージがわくでしょう。とはいえ、新卒と中途のどちらで扱うかは会社次第です。詳しくは「第二新卒は「新卒」・「中途」どっちなの?」で確認してください。

社会人4年目は第二新卒に入りますか?

第二新卒は一般的には「新卒入社後3年以内の退職者(転職者)」とされていますが、実は明確な定義はありません。普通に考えると中途採用枠になりますが、会社によっては、社会人4年目の方も第二新卒として扱うところもあるようです。どちらの扱いになるにせよ、転職を考えているのなら早めに行動することをおすすめします。「社会人4年目は第二新卒に入る?」やハタラクティブの取り扱い求人もぜひ参考にしてください。

第二新卒も自己分析をしたほうが良いですか?

新卒3年以内となると「新卒時にやっているのに、あらためて自己分析をする必要はあるのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、一度就職をして「転職したい」と思ったのなら、自己分析や企業研究が足りなかったことが考えられます。再度、自己分析を行いましょう。「第二新卒がするべき自己分析とは?」では自己分析方法について詳しく記載しています。ハタラクティブでも具体的なやり方を指導しているので、ぜひご利用ください。


いかがでしたか?第二新卒は、限られた時間で就活をしなければいけません。正社員になるための就職活動をしなくては!と、1人で焦っていませんか。
アピールポイントがわからない、自分に合った企業がわからないなどで悩んでいる方は、就職支援のハタラクティブにご相談ください。履歴書や面接対策などもサポートをします。1人で悩まず、一緒に乗り越えましょう。専任コンサルタントがあなたの転職活動をお手伝いします。内定を一緒に獲得しましょう。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?