仕事ができない…辛いと感じているときの対処法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事ができない…辛いと感じているときの対処法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が辛いと感じるのは、ミスが続いたときや同期が出世した場合など
    ・辛い状況を改善するには、仕事のミスは気にし過ぎず、失敗を次の業務に活かすことが大切
    ・どうしても仕事が辛いと感じるときは、上司に相談するか転職を検討しよう

「仕事ができない」「会社を辞めたい」と思っている方はいませんか?
このコラムでは、仕事が辛いと感じる理由や、苦しい状況を改善するための方法をご紹介。「仕事が辛い」と悩んでいる方は参考にしてみてください。


◆仕事が辛いと感じるとき

仕事が辛いと感じる理由として、以下のようなものが挙げられます。

【仕事が辛いと感じる理由】

・同期が出世している
・職場の人間関係が悪い
・仕事のミスが続いている
・評価されることが少ない
・頻繁に上司に叱られている
・重要な仕事を任せてもらえない
・仕事を進めるペースが遅く、周りに迷惑をかけてしまう など

上記が仕事が辛いと感じる理由の例です。
次の項目では、辛い状況を改善するための方法をご紹介します。

 

◆辛い現状を改善するには

この項目では、辛い状況を改善するための方法を3つご紹介します。

【失敗を次の業務に活かす】

仕事にミスはつきもの。失敗してしまったときは原因を分析し、気持ちを切り替えて次の業務に活かしましょう。
同じミスが続かないよう、失敗の原因や対策をメモ帳などに記録するのがおすすめです。

【周囲と比べない】

過度に周囲との差を気にしてしまうと、自分のペースで仕事を進めることが困難になります。
少しずつ自信をつけられるよう、自分なりの目標を立てて達成していきましょう。

【多少の失敗を気にしすぎない】

反省する姿勢は大切ですが、落ち込む気持ちを引きずってしまうと、その後の業務に支障をきたす恐れがあります。
前向きに仕事に取り組むためには、1つのミスにこだわりすぎず、新たな気持ちで仕事に励むことが大切です。

仕事でミスをしてしまった際、「自分は仕事ができない人だ」「この仕事に向いていない」と自信を無くしてしまうことがあるかもしれません。
そういったときも、すぐにあきらめず、積極的な姿勢で仕事に取り組むことが大切です。会社を辞めたいと思っている人も、「あと半年だけ続けてみよう」と期限を決めて取り組んでみると、成長ややりがいを感じる場面が訪れるかもしれません。

 

◆それでも仕事が辛いときは…

この項目では、「どうしても仕事が辛い」と感じるときの対処法を2つご紹介します。

【上司に相談する】

どうしても仕事が辛いと感じるときは、上司に相談してみてはいかがでしょうか。「仕事が合わない」と思っているときはその旨を伝え、部署異動できないか交渉してみましょう。

【転職を検討する】

今の職場でなかなか状況が改善しない場合は、転職を検討するのも1つの方法。ただし、後悔しないよう、できる限りのことをした上で転職活動を始めるようにしましょう。

ストレス状態が続いてしまうと、心身に支障をきたす恐れも。状況が悪化することのないよう、早めに対策をとることが大切です。

 

◆プロと一緒に自分に合った仕事を見つけよう!

「転職するか悩んでいる」「どのような仕事に向いているかわからない」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービス。退職前の相談にも応じ、マンツーマン体制で応募書類の添削や面接対策、面接日時の調整などを行います。

経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、厳選した1,500件以上の求人からあなたに合うお仕事をご紹介。未経験OKの求人も多数ご用意しています。

サービスのご利用はすべて無料のため、「転職活動は初めて」「希望に合う求人が見つかるか不安」という方は気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ