新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 正社員より高給与も可能?派遣社員とは?

正社員より高給与も可能?派遣社員とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・派遣社員は派遣元となる人材派遣会社と雇用契約を結び、実際は派遣先企業で働く
    ・契約期間で満了の場合と、契約を更新できる場合がある
    ・派遣会社は正社員よりも月の給与が高いこともあるが、ボーナスや賞与などはないことが多い
    ・休暇や給与、社会保険などの待遇は、派遣元によって異なる
    ・契約や登録の際は、就業規則や契約内容をしっかり確認する

求人サイトなどで情報を探している時、「派遣社員」や「契約社員」など、さまざまな働き方を目にすることがあります。そもそも、「派遣社員」とは一体どういった働き方なのでしょうか。

こちらのコラムでは、そんな「派遣社員」についてご紹介していきます。
契約社員や正社員などとの違いや、派遣社員のメリットについてもまとめていますので、派遣社員として働こうとお考えの方はぜひ参考にしてください。

◆派遣社員とは

派遣社員とは、人材派遣会社と雇用契約を結んでいる社員のこと。
派遣社員を雇っているのは派遣元になりますが、実際に働きに行くのは派遣先の会社になります。
派遣先では実際の仕事に対する指示などを行いますが、給与や福利厚生、勤怠管理などを行うのは派遣元の人材派遣会社です。

派遣社員には派遣契約期間があり、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月などの契約が一般的。
しかし、契約期間が終了したからといって必ずしも仕事がなくなってしまうわけではありません。
3ヶ月ごと、6ヶ月ごとなど、契約期間が過ぎたら契約の延長ができる場合がほとんど。
なかには、本当に3ヶ月で契約終了というケースもありますが、その場合は必ず契約の際に説明があります。
派遣社員として働く場合は、期間や給与など、待遇はどのような契約なのかをしっかり確認してから契約しましょう。

同じく契約期間を定める働き方に契約社員があります。
契約社員と派遣社員の大きな違いは、雇用契約を結ぶ会社が違うことです。
先にもお伝えした通り、派遣社員は派遣元である人材派遣会社と雇用契約を交わしていますが、契約社員の場合は働いている会社と直接雇用契約を結んでいます。
そのため、同じ社内で同じ業務にあたっていたとしても、派遣社員と契約社員の給与や待遇などはそれぞれ違います。
派遣社員の場合は多くが時給制ですが、契約社員は月給制であることが一般的。

派遣社員は派遣先ではなく派遣元の福利厚生を受けることになりますが、契約社員は直接雇用契約を結ぶ会社の福利厚生を受けることができます。
しかし、契約社員は正社員に比べて給与が低く、手当やボーナスなどをもらえないことがほとんどです。

では、正社員と派遣社員の違いとは何でしょうか。
正社員の場合は、契約社員と同じく実際働く会社自体と直接雇用契約を結んでいるため、大きな違いは、まず契約に期間がないことが挙げられます。
いわゆる無期雇用になるため、就業規則で定められている定年の時期まで働けるのが特徴です。
また福利厚生のほか、手当やボーナス、昇給などといった待遇がつきます。
そのため、長く働きたい、安定した収入を得たいと考える人は正社員として働くことが多いでしょう。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、「委託社員」という働き方もあります。
また、委託社員は企業と「業務委託契約」を結び、定められた期間内で、特定の仕事を完了するまで働く雇用形態です。
派遣社員と委託社員の違いは、契約のあり方。
仕事内容は同じあっても、派遣社員の場合は期間による契約、委託社員は仕事が終わったら契約満了です。
そのため、もしも定められた期間内に委託社員が仕事を完了できなかったり、仕事に不備が発生したりした場合には、委託社員の責任になってしまいます。

このように働き方にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあると言えるでしょう。
派遣社員のメリットについては、次の項目でご紹介していきます。

◆派遣社員のメリット

派遣社員のメリットには、以下のようなものが挙げられます。

・スキルが活かせる
資格や経験、スキルを持っている場合には、それらを活かした仕事先に派遣してもらうことができます。

・大企業で働ける
正社員よりコストがかからない派遣社員を雇い入れたいと考える大手企業も。
新卒や中途採用のハードルが高い企業にも、派遣社員だからこそ働けるケースがあります。

・間に派遣元が入ってくれる
上司に直接言いづらいと感じることも、派遣社員の場合は交渉する時も派遣元が間に入ってくれます。

・勤務先や時間など融通が利く
正社員と違い、派遣社員は転勤がなく、サービス残業も少ないようです。
人件費などの問題から派遣社員のニーズが高まり求人数が増えていることから、自分の希望にあった勤務先を探しやすいとも言えます。

・様々な企業で働ける
派遣期間が終了したあとは、また新たな派遣先との契約を結ぶため、幅広い企業や業界に触れることができます。

派遣社員のメリットの例をいくつか挙げましたが、その分デメリットも存在しています。
実際に働き方を選ぶ時には、どちらが自分の希望や条件に合っているかを考えてみるのが良いでしょう。

◆派遣の収入について

先にもお伝えした通り、派遣社員はほとんどが時給制です。
以下によくある職種や時給の相場などについて、いくつかまとめてみました。

・OA機器操作など 1,500円前後
・コールセンターなど 約1,000~1,500円
・受付・案内など 約1,000~1,500円
・クリエイティブ系の制作・編集 約1,400~1,500円
・通訳・翻訳・速記 約1,700~1,800円
・ソフトウェア開発 約2,000円以上
・看護師     約2,000~2,500円

上記のように、より専門性が高い職種や業種となると、時給が高くなっています。月給だけで考えると、正社員より手取りが高くなるケースも。
派遣社員はボーナスがない分、時給が高く設定されていることが多いようです。

◆派遣の待遇について

職種や業種、条件によっては正社員よりも月の給与が高いことがある派遣社員。
では、そのほかの待遇面はどうなのでしょうか。

派遣社員の待遇は、派遣元や派遣先の労働条件によって異なりますが、一般的に給与や社会保険、福利厚生などは派遣元の人材派遣会社から給付されるものとなっています。
賞与やボーナスは、派遣社員は基本的にもらえないことが多いようです。
昇給に関しては、契約更新時に派遣元が派遣先に交渉してくれる場合があります。
特別休暇なども派遣会社の規則によりますが、慶弔休暇などといった休暇はないことがほとんど。
しかし、有給休暇は派遣社員であっても就業状況によって発生するため、有給休暇を使って休みを取得することは可能です。

正社員は副業をしてはいけないという企業も多いですが、派遣社員の場合はどうなるでしょうか。
正社員や派遣社員などと言った働き方に関わらず、法律上は副業をしても良いことになっています。
しかし、就業規則に「副業禁止」と書いてある場合は規則違反となるため、一度就業規則を確認しましょう。

「派遣社員は交通費が出ない」という話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。
実際に、派遣社員の場合は交通費も含めた上での高時給である場合が多いようです。
なかには交通費を別途支給する人材派遣会社もある一方で、その分時給が安いという場合も。
時給が高くとも交通費が高すぎるという場合には、交渉次第で別にしてもらえるケースもあるようです。

待遇に関しては、いずれも派遣元によって異なるため、派遣の契約を結ぶ際にしっかり確認するのが良いでしょう。

先にもお伝えした通り、安定して働きたいとお考えの方は正社員として働くのが良いでしょう。
正社員の求人をお探しの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、20代に特化した就職サポートを実施。
あなたの希望や条件などをお聞きし、働き方や職種、業種の中から最適なお仕事をご紹介いたします。
サービスの利用に料金がかかることはないため、お気軽にご相談ください!

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ