退職届の書き方は?手書きで書くべき?封筒の表記や横書きの場合も解説

退職届の書き方は?手書きで書くべき?封筒の表記や横書きの場合も解説の画像

この記事のまとめ

  • 退職届とは退職決定後、手続きのために企業へ提出する書類のこと
  • 退職届の書き方は企業によって異なるが、一般的な形式を踏まえたものが多い
  • 退職届の内容は縦書きと横書きで同じものの、書き方が異なる
  • 退職届を作成、提出する際には書き方と同時にマナーも押さえておこう

退職が決まり退職届の提出指示を受けたものの、「書き方が分からない…」と混乱する方もいるでしょう。退職届は企業によって書く内容や提出先が異なりますが、一般的な形式があります。よって、就業規則を確認しつつ主な内容やマナーを押さえておくのがおすすめです。このコラムでは書き方や他の書類との違い、よくある疑問点など退職届に関することを網羅的にご紹介していますので参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

退職届とはどんな書類?

退職届とは、退職決定後に手続きのため企業へ提出する書類。企業ごとに形式や提出先が異なるのが特徴です。以下、退職願や辞表といった書類との違いや提出する際のポイントを解説します。

退職願・辞表との違い

退職届と退職願の違いは、その提出目的と撤回可否にあります。退職届は退職の承認が下りたあとに手続きを進めるために提出する書類です。よって、退職届提出の際には退職が決定しています。
一方、退職願は企業に「これから退職したい」と打診を申し出るための書類です。人事責任者からの承認が下りるまで待つ必要があるため、退職願を提出しただけでは退職と見なされません。
また、退職届の大きな特徴は撤回できないこと。退職届は労働契約の解除を届け出る書類で、上司に受理されたときから法的効力を発揮するからです。
一方、退職願は提出後でも承認前であれば退職を撤回できる可能性もわずかにありますが、基本的には撤回できないものと考えたほうが無難でしょう。

退職届と辞表では、提出する人の立場が違うのが特徴です。退職届の対象が広く一般企業の会社員であることに対し、辞表の提出は公務員と一般企業の役員に限ります。どちらも退職を届け出る書類のため、撤回はできません。

退職届を提出するタイミング

退職届を提出する時期は退職が承認されて具体的な退職日を決めたあと、職場の人への引き継ぎや挨拶回りを始める前です。

退職を考えたらまず就業規則を確認しよう

退職を考えたら、まず退職願の提出前に就業規則を確認しましょう。なぜなら、いつまでに退職を申し出るべきかは企業によって異なるからです。法律では「退職予定日の2週間前まで」、一般的には「退職の1~2カ月前」とされていますが、それより早く設定されている企業もあります。退職願を出すのが遅い場合、スムーズに受理されなかったり退職交渉に悪影響を及ぼしたりすることがあるので注意してください。
退職届と退職願の違いについては「退職願と退職届の違いとは?仕事を辞めたいときの流れをご紹介」のコラムで詳しくご紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

退職届の書き方と準備するもの

退職届の構成は冒頭に始まり書き出し、退職理由と続きます。また、作成する際には便箋や封筒、クリアファイルなどを用意しましょう。以下、退職届の具体的な内容や書く順番、準備するものをご紹介します。

退職届を縦書きで作成する場合の書き方

退職届を縦書きで書く場合には、以下の順番で記します。

1.冒頭

最初の行の中央に「退職届」と書きます。

2.書き出し

次の行の下部に「私儀」または「私事」と書きます。これは「わたくしごとですが…」という書き出しの言葉です。

3.退職理由・退職日・文末

「この度、一身上の都合により(理由)△月□日(退職日)を持って退職いたします。(文末)」と書きます。退職理由が会社都合の場合には、「事務所閉鎖のため」「業績不振のため」など具体的な内容を記載しましょう。また、退職日の箇所は上司と話し合って合意した日付を書いてください。

4.提出年月日

退職届を提出する日付を記入します。

5.所属部署・氏名

提出年月日の次行の下の方に所属部署を書き、その次の行の少し下に氏名を書いたうえで捺印します。所属部署は退職日の時点で所属しているところを書いてください。

6.宛名

「株式会社△△」など自社の正式名称を氏名の次の行の上部に、隣の少し下に最高執行責任者の名前を「□□殿」とフルネームで書きます。企業の最高執行責任者は一般的に代表取締役である場合が多いです。

退職届を横書きで作成する場合はどうする?

パソコンを使用して横書きで作成する場合も、記載内容は縦書きと同じです。横書きの場合は記載する順番が縦書きと異なり、提出年月日と宛名、所属部署と氏名が書き出しの前に来ます。また、最後に「以上」と記すのを忘れないようにしてください。
パソコンで作成する場合、用紙の大きさはA4とB5どちらでも構いません。

退職届を書く際に必要な4つのもの

退職届を作成するときに必要なものは、以下の4つです。

・白色の便箋
・白色の封筒
・黒の筆記具
・クリアファイル

手書きで作成する場合、便箋は縦書き用の白いものを使用します。それに合わせて、封筒も白の縦書き用で郵便番号枠のないものを用意しましょう。筆記具は黒のボールペンまたは万年筆で、インクの消えないものを使用してください。提出するまでに退職届が折れたり汚れたりしないよう、持ち運び用のクリアファイルも用意しておくと便利です。
退職届を郵送したいという方には「退職届の郵送はあり?マナーや宛名の書き方などを解説!添え状の例文も紹介」のコラムが参考になるでしょう。

便箋の折り方・入れ方

便箋の折り方は三つ折りです。書き出しが右上に来るように置き、下から3分の1を折り上げたのち上から被せるように折ります。便箋を入れる際には、封筒の裏の上部分に右上の書き出し部分が来るようにしてください。

封筒の表記の書き方

封筒の表面の中央に「退職届」と大きめの文字で記入しましょう。封筒の裏には、左下部分に差出人の所属部署とその隣に氏名を書きます。封入口はのりで貼り付け、しっかり封をしたことを示す「〆」を書いてください。
退職届の折り方などのマナーについては「退職届の正しい折り方とマナーをご紹介!」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてください。

退職届や退職願に関する主な3つの疑問点

退職届や退職願でよくある疑問点は、以下の3つです。退職届や退職願の提出時には認識ミスによるトラブルが発生したり、思いがけず退職交渉が順調に進まなかったりすることも。あらかじめ想定される事柄は、書類提出前に確認しておきましょう。

1.退職願は撤回できる?

退職願には法的効力がないため、撤回できる可能性はあります。しかし、撤回できるかどうかは退職願を提出した際の状況にもよるでしょう。就業規則で定められた退職の申し出期限を大きく超えていたり退職理由が信義にもとるものだったりと企業側に著しく迷惑をかける事情があった場合、退職願の撤回が難しいこともあります。退職を検討する際には、お世話になった恩を忘れず誠実に行動しましょう。

2.退職願を上司に受け取ってもらえない場合は?

直属の上司に退職願を受け取ってもらえない場合には、さらに上の上司に相談してみてください。それでもうまく行かなければ所属部署の部門長、人事部と承認を得る順に相談するのがマナーです。直属の上司と折り合いが悪いからといって、飛ばしてその上の上司に直接相談するといった行為は社会人マナーに反するため、相談する順番は必ず守りましょう。

3.会社都合で退職するときにも退職届は必要?

退職届は労働契約の解除を申し出る書類のため、会社都合でも退職届を提出するよう就業規則に定めている企業が多いようです。会社都合で退職届を作成する際には、退職理由の書き方に注意が必要。「一身上の都合」と書くと自己都合の退職として扱われ、失業手当の給付期間や給付額が変わってしまうからです。会社都合で退職する場合には、「経営不振のため」「事業所の閉鎖のため」など具体的な理由を記載しましょう。

退職届提出後の転職活動は支援サービスを利用しよう

退職届を提出して退職日が確定したあとも転職先が決まっていないという人は、転職支援サービスを活用するのがおすすめです。以下、代表的な2つの転職支援サービスについて解説します。

ハローワーク

ハローワークは扱う求人数が多いうえ、管轄地域の求人に強いのが特徴。そのため、「地元で就職したい」など働きたい地域が決まっている人におすすめです。また、就職セミナーが無料で受けられたり、職員に選考対策を受けられたりするのもメリットといえるでしょう。

転職エージェント

転職エージェントとは民間企業が運営する転職支援サービスのこと。運営企業によって求人を扱う業界や支援対象が異なるのが特徴です。転職エージェントの強みは、自分に合ったサービスを選べば希望に近い求人が紹介される可能性が高まります。また、ハローワークに比べて支援対象が限られているので、就活アドバイザーが求職者一人ひとりにじっくり向き合えるのもメリットといえるでしょう。一人での転職活動でお悩みの方は、自分に合った転職支援サービスを選んで活用してみるのをおすすめします。

退職届を提出したあとも転職先が決まらずお困りの方は、転職エージェントのハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブは20代のスキルや経験に不安を持つ方に向け、人柄やポテンシャルを重視する企業の求人を多数ご紹介しています。転職活動のお悩みは、最初のカウンセリングで担当の就職アドバイザーに遠慮なくお伝えください。豊富な経験と業界知識を持つ就職アドバイザーが、あなたの転職活動を全面的にサポートいたします。ハタラクティブへのご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

退職届の書き方など退職に関するQ&A

ここでは、退職に関してよくある質問にお答えしています。

退職願と退職届の違いは?

退職願と退職届の主な違いは、提出目的と撤回できる可能性にあります。退職願が「退職を願い出る書類」であるのに対し、退職届は「退職を届け出る書類」です。退職の願い出は口頭でも可能なので退職願は必ずしも提出しなくて良いのに対し、退職届は承認が下りたあと必ず提出します。また、退職願は撤回できる可能性がありますが、退職届の提出は「労働契約解除の届け出」で法的効力が発生するため撤回できないのが特徴です。退職願と退職届の違いは「退職届は横書きでもいい?退職願や辞表との違いも解説」のコラムでも詳しく解説しています。

退職を検討する際の注意点は?

退職を検討する際の注意点は、就業規則の確認を怠らないこと。なぜなら、退職の申し出は法律で2週間前まで、一般的には1〜2カ月前までとされていますが企業によって異なるからです。企業の就業規則に記されている期間を守らなかった場合、退職を認めてもらえなかったり退職交渉が難航したりすることがあるので注意しましょう。事前に「退職届を出すタイミングとは?いきなり提出するのはマナー違反!?」のコラムで退職届を提出する際のマナーを押さえておくと安心です。

退職届を上司に受け取ってもらえない場合は?

直属の上司に退職届を受け取ってもらえない場合は、その上の上司に相談しましょう。その上の上司もダメなら部門長、人事部と承認を得る順番に相談するのが社会人のマナーです。直属の上司と折り合いが悪いからといって、その上の上司に直接相談する行為はマナー違反なので避けましょう。上司の退職許可が下りないとお悩みの方には「上司が仕事を辞めさせてくれないという人必見!退職方法や相談先をご紹介」のコラムが参考になります。

退職届を提出したあとも転職先が決まりません…

退職日が決定しても転職先が決まらないようなら、転職支援サービスの利用を検討するのがおすすめ。民間企業の転職エージェントでは、就活アドバイザーが豊富な業界知識と経験から求職者に合った求人を紹介してくれるからです。また、就活アドバイザーがスケジューリングや選考対策など転職活動を全面的にバックアップしてくれるのも大きなメリット。ハタラクティブでは20代の方に向けて人柄やポテンシャル重視の求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。