覚えておきたい!退職届と退職願の違いや書き方

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 覚えておきたい!退職届と退職願の違いや書き方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職届は会社の都合で退職する際に使用するもので、強い効力を持つため提出後の撤回ができない
    ・退職願は自分の都合で退職する際に使用するもので、効力が弱いため受理される前であれば撤回が可能
    ・用紙はA4サイズのシンプルな便箋を用意し、手書きとパソコンどちらで作成すべきか事前に会社に確認する
    ・退職届や退職願に相応しいとされる封筒は、白色で郵便番号枠の無い二重封筒

退職を決意したとき、退職届と退職願、あなたが会社へ出すべき方はどちらなのか把握できていますか?似たような言葉ですが、実はそれぞれで特徴が異なります。
そこで今回は、両者の違いや作成方法についてご紹介。正しく理解し、円満退社を目指しましょう。

◆退職届と退職願の違い

混同されがちな退職届と退職願。まずはそれぞれの特徴からおさえておきましょう。

・退職届:原則として会社都合で退職する場合に使用する
・退職願:原則として自己都合で退職する場合に使用する

退職届は、退職の強い意志を表すものです。受理された時点で効力を持ち、退職が決まります。提出後の撤回は、原則できません。一方退職願は、会社へ退職を願い出ている、お伺いを立てているというニュアンス。
提出した時点では退職ではないため、受理される前であれば提出後でも撤回可能です。

ちなみに、ドラマなどでよく見かける「辞表」は、社長や役員、公務員などの立場の人が提出する際に使用する言葉です。

退職時に提出する書面には、以上のように退職願、退職届、辞表の3種類がありますが、退職願を使用することがほとんどでしょう。

◆退職届と退職願の書き方

どちらを提出すべきかわかったところで、次は作成方法について見ていきましょう。準備するものは、手書きの場合は、A4サイズのシンプルな便箋、黒のボールペンまたは万年筆。フリクションペンのように、消えるものは避けてください。
パソコン作成の場合は、パソコンとA4サイズのコピー用紙です。手書きかパソコンか、縦書きか横書きかは、企業によって異なる場合がありますので、作成前に確認しておきましょう。
今回は、一般的である縦書きの記載方法にご紹介いたします。記載する内容については以下のとおりです。

(1)表題

1行目の中央に、退職届、または退職願と記入します。

(2)書き出し

2行目の1番下に「私事、」または「私儀、」と記載。「、(読点)」を忘れないよう注意してください。

(3)退職理由

3行目の頭から、本文を書きます。
退職届の場合は、「このたび、一身上の都合により、来たる平成◯◯年◯月◯日をもって、退職致します。」と記入。
退職願の場合は、「このたび、一身上の都合により、来たる平成◯◯年◯月◯日をもって、退職させていただきたくここにお願い申し上げます。」と記入します。
※退職する日付に関しては、作成する前に上司に確認をとり、承諾を得ておきましょう。
※退職する理由は、退職届であっても退職願であっても「一身上の都合」と記載します。

(4)提出日

退職理由から1行空けて、提出する日付を頭から記載します。

(5)所属部署

次の行へ移り、中央あたりから所属部署を書きます。

(6)氏名

次の行の下あたりに、自身の氏名を記入します。氏名の下には捺印を忘れずに。シャチハタは避けましょう。

(7)宛名

退職する会社の正式名称と、社長の名前を記入します。ちなみに社長の名前は、自身の名前よりも上にくるよう記入してください。社長の名前の最後には「様」や「殿」、もしくは社内の通例に従った敬称をつけましょう。

書くべき内容は以上の7つです。退職届と退職願で異なるのは、(1)表題と(3)退職理由の文末のみ。文言は決まっていますので、上記のまま記載するだけで大丈夫です。

◆退職届・退職願を作成したら

次は封筒選びです。適切といわれる封筒は、無地・白色・二重封筒・郵便番号の枠がないもの。ちなみに茶封筒は、請求書や見積もりなどをいれる事務的な用途の際に使用されるものです。
白の二重封筒よりもしっかりした作りではないため、退職届や退職願にふさわしくない、マナー違反とされているため避けましょう。
また、封筒のサイズは、A4サイズの用紙を三つ折りにして入れられる長形3号がおすすめ。
次に、封筒に記入すべき内容を、表面と裏面、それぞれ見ていきましょう。

・表面:封筒の中央に、退職届、または退職願と記入します。
・裏面:封筒の左下に自身の所属部署と氏名を記入します。

記入に使用するペンは、用紙と同じく黒のボールペンまたは万年筆を使用しましょう。筆ペンやサインペンなどで記入すると、主張しすぎてしまうため避けたほうが無難です。
封筒への記載が完成したら、用紙を3つ折りにして入れます。用紙は、下から先に折り、次に上です。ズレの無いよう、しっかり折り目をつけましょう。
封筒へ入れる際は、封筒裏の右上と、用紙の右上が重なっている状態に封筒に入れます。ノリ付き封筒の場合は封をしておき、「〆」マークを記入。ノリ付き封筒ではない場合はフラップだけ折り、封はしないまま提出します。
また、白色の封筒は汚れが目立つため、提出までクリアファイルに入れ、汚れないよう保管しておきましょう。

いかがでしたか?受理してもらいやすいよう、円満退社できるよう、最後までマナー違反の無いよう努めたいものです。ハタラクティブでは、そんなお仕事に関するお悩みにお応えしています。
一人で抱え込まず、プロの手を借りてみませんか?相談は無料です。お気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ