仕事に行きたくない…そんなときは休むのも1つの手!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に行きたくない…そんなときは休むのも1つの手!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・会社へ連絡を入れて後日に業務フォローができる場合は、仕事を休んでも問題ない
    ・無理に出勤して体調を崩すより、時には自分を労ることが大事
    ・当日に連絡する場合は「体調不良」を理由にするのがベスト
    ・休んだ日は仕事のことを考えず、心身をリフレッシュさせよう

「どうしても仕事に行きたくないときは休んでも良いの?」「休む理由はどうしたら良い?」
こちらのコラムでは、このような疑問を解決すべく、仕事に行きたくない場合の対処法を紹介します。
効率的な業務に取り組むためにも、心身を適切に休めましょう。

◆仕事に行きたくない…休むのはあり?なし?

働いていれば、誰しもが一度は「仕事を休みたい」と思う日があることでしょう。
仕事を休むことは、労働者の権利です。
会社へきちんと連絡をし、後日に業務のフォローができる場合は、休んでも問題ないと言えるでしょう。
疲労やストレスを感じている場合は、体調を崩す前に休むことが大切です。

中には、仕事を休むことに罪悪感を覚える人もいるかもしれません。
しかし、行くか休むか悩んでいる内に連絡が遅れたり、遅刻したりするのは印象が悪くなる可能性もあります。
「仕事に行きたくない」と思っている時点で、あなたはかなり無理をしている状態と考えられます。
無理に出勤して心身へ影響を与えるよりも、必要に応じて休みを取り、自分を労ることが大切です。


◆休む理由はどう説明すれば良い?

休みたいからといって、嘘をつくのは避けましょう。
例えばインフルエンザなどの重い症状を理由にすると、診断書が求められる可能性があります。

「休みたい」と感じていることは、身体と心が弱っている状態であると言えるでしょう。
そのため、当日に休む場合は「体調不良」として連絡するのがベストです。
風邪や腹痛など、身体に異変を覚える場合には、症状をそのまま伝えても問題ありません。

しかし、頻繁に休みすぎても居心地が悪く感じたり、体調管理ができていないと思われたりするので注意が必要です。
どうしても休みたいときに連絡を入れ、ゆっくりを体を休めて次の仕事の活力にしましょう。


◆「仕事に行きたくない…」という日を少なくするには

今後の業務のことを考えて不安になったり、ズル休みに思えてしまったりと、せっかく休みを取ったのに心が休まらないという人もいるかもしれません。
このような場合は、心身がリフレッシュされていないため、仕事に行きたくない気持ちが解消されづらい傾向にあります。
休んだ日は仕事のことを考えず、散歩をしたり趣味に取り組んだりと、有意義に過ごしましょう。

また、余裕のあるときに仕事に行きたくない理由を書き出しておくと、その理由から対処法が見えてくるかもしれません。
どんな理由でもいいので、自分の気持ちを見つめ直すことが重要です。
そして、忙しくないときに、書き出した内容の改善に向けて取り組んでみましょう。
例えば、「仕事が溜まっているからやる気が起きない」という人は、周囲に協力してもらうなどして解決策を見出します。

しかし、会社を休んでもその場しのぎにしかならないこともあります。
社風が合わない、人間関係が苦痛に感じるなどの場合は、退職が最適な手段である可能性も。

改善ができないときや、すでに心身の余裕がないという人は、転職エージェントを活用してみませんか。
若年層に特化した就職・転職サービスのハタラクティブでは、ここにしかない非公開求人を多数取り揃えています。
プロのアドバイザーによる手厚いサポートを提供しており、転職に関する悩みや相談にも対応。
ハタラクティブによる支援で、効率的な転職活動をしましょう。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ