フリーターの平均年収とは?|フリーター就職支援のハタラクティブ

フリーターの平均年収とは?|フリーター就職支援のハタラクティブの画像

この記事のまとめ

  • フリーターの平均年収は、およそ150万円
  • フリーターの平均年収は、時給と労働時間によって差が出る
  • 時給が高くない分、労働時間を増やせば平均年収は増える
  • ただし、フリーターは年齢を重ねると長時間労働が難しくなる点に注意しよう

フリーターの平均年収が気になる方に向けて、時給別の平均額をご紹介します。フリーターの年収は時給と労働時間に左右され、働けば働くほど収入アップが可能です。ただし、年齢を重ねると長時間労働がきつくなる点に注意が必要。
無理なく働きながら得られる収入を把握し、フリーターを続けるか、就職するかを考えましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

フリーターの年収について

フリーターの平均の年収は150万円と言われています

統計によって数字に上下はあるものの、アルバイトの年収なので、月給10数万円が限度と考えると大体150万程度になるでしょう。
フリーターの年収は、時給と労働時間によって大きく差がでます。毎日働ける時間は限られており、健康的に働くフリーターの月の平均勤務時間は120時間ほどです。労働時間があまり変わらなければ、時給が高ければ高いほど当然収入は増えます。

月の労働時間が120時間の場合

時給700円

週給:21000円
月給:84000円
年収:100万8000円

時給800円

週給:24000円
月給:96000円
年収:115万2000円

時給900円

週給:27000円
月給:108000円
年収:129万6000円

時給1000円

週給:30000円
月給:120000円
年収:144万

という計算になります。あくまでこれは働いた時間をお金で換算した場合の計算です。実際はここから所得税や住民税などが引かれるため、手元に残る額はほんのわずかになってしまいます。これでは余裕のある生活はなかなか難しいかもしれません。
時給がそれほど高くなくても、労働時間を増やせば、年収は自然と増えます。フリーターの月の平均労働時間の120時間とのことですが、これは毎日6時間を週5日ほど働いた場合の合計時間です。フリーターになる理由は人それぞれですが、時間に融通がきいて、もっと働ける人も多いでしょう。

働けば働くほど収入が増えるのだから、もしかすると周りの正社員で就職した人より収入が多い場合も出てきます。すると、正社員として働くより、フリーターの方がいいように感じてしまいがちです。

ただし、ここで注意したいのは、働けば働くほど収入が増えるのは若いうちだけだということです。年を重ねれば重ねるほど、長時間労働が厳しくなってきます。
病気になってしまうことも、会社が潰れて働けなくなることも十分にありえるのです。

労働時間を増やして稼げば稼ぐほど、自分の健康を損ない、日々の生活や本当に大切なものを守れなくなることもあるのだということを十分理解して、自分の働き方と向き合ってください。

関連タグ

  • arrow