1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. どう書くのが正解?退職願の正しい書き方

どう書くのが正解?退職願の正しい書き方

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・退職願は「退職したい」と願い出るもの、退職届は退職が会社に認められた後意思表示をするもの
    ・一般的には「退職を決める」→「退職したいと申し出る」→「退職届の提出」→「退職」というチャートで会社をやめることになる
    ・退職願は手書きを推奨する企業が多く、白色のA5かB4サイズの便箋に書く
    ・パソコン作成や規定の様式に合わせた作成を定めている会社もあるので、事前に確認しよう

会社を辞めたいと思っても、退職願と退職届の違いや書類の書き方がわからない…と困ってはいませんか?
このコラムでは、よく似た書類である両者の違いや退職までの簡単チャート、退職願の書き方などを紹介しています。
退職、転職を考えている方は必見です。

◆退職願と退職届の違い

退職したいと会社に申し出るときに提出する退職願と退職届。両者は似ているようで違う部分もあるので、自分が提出するべきなのはどちらなのか、違いを知って判断しましょう。

【退職願】

退職願は、「退職したい」と退職を願い出る書類。退職の意志が固まったら、直属の上司に提出しましょう。
こちらは必ずしも提出が必要というわけではなく、口頭の相談で問題ない場合もあります。

【退職届】

退職が認められた後で、退職の意思表示をする書類。退職の手続き自体は口頭でも可能ですが、「退職すると言った・言わない」のトラブルを防ぐ役割も果たしているため、提出を義務化している企業がほとんどです。

ちなみに、よく似た書類である「辞表」は公務員や会社役員が退職する時に使うもの。
一般の会社員が提出することはないので気をつけましょう。


◆退職までの流れ

会社を辞めると決めてから、どのような流れで退職日を迎えるのでしょうか。
退職までの流れを、簡単なチャートで解説します。

【退職を決める】

まずは退職するという決意を固めましょう。退職願を出してから撤回するのは難しく、人間関係などにも影響を出してしまう可能性があるため、ここでしっかりと意思を固めておくことが大切です。

【退職の意思を願い出る】

退職したいという旨を、直属の上司に願い出ましょう。
退職願を提出するか、口頭での相談でも問題ありません。
相談した上で退職日を決め、退職手続きを進めていきます。

【退職届を提出】

退職日が決まったら、改めて退職届を提出しましょう。
退職届は、誰もいない場所で直属の上司に手渡しするのがマナーです。

【退職】

問題なく手続きが進めば、退職日を迎えて退職することができます。
この日までに、後任者への引き継ぎや社内外でお世話になった方への挨拶を忘れずに行いましょう。

一般的には、上記のような流れで退職することになります。
次の項目では、退職願、退職届の書き方を解説するので、あわせて確認しておきましょう。


◆退職願・退職届の書き方

退職願や退職届は、手書きが一般的。ただし、企業によってはパソコン作成を推奨する場合や、規定のフォーマットが用意されている場合もあるので事前に就業規則を確認しておきましょう。

手書きの場合、B5かA4サイズで縦書きの白い便箋に書いていきます。封筒のサイズは、B5用紙の場合長形4号、A4用紙の場合は長形3号のものを選びましょう。封筒は白色の無地で、二重になっているものだとフォーマルな印象を与えます。

筆記用具は、黒色のボールペンか万年筆を使用。摩擦などで消えるタイプのペンは使わないようにしましょう。

【退職願(退職届)の内容】

・冒頭
書類の冒頭に、「退職願」または「退職届」と書きましょう。
文章の導入には、「私儀」もしくは「私事」と記載します。

・本文
自己都合退職を願い出る退職願の場合、「このたびは、一身上の都合により○年○月○日をもって、退職いたしたくお願い申し上げます」と希望退職日と退職を願い出る旨を書きましょう。
退職届の場合は、相談して決定した退職日を書き、語尾は「退職いたします」と言い切る形にします。
会社都合で退職届を提出するよう求められた場合は、一身上の都合とせず具体的な退職理由を書くようにしましょう。

・提出年月日
退職願、退職届を実際に提出する日付を書きます。

・所属と名前
行の下の方に、自分の所属部署とフルネームを書き、最後に捺印しましょう。

・宛名
退職願や退職届を渡すのは直属の上司ですが、宛名は組織の最高責任者(基本的には社長)となります。
フルネームと役職を記載し、敬称には「様」もしくは「殿」を使用しましょう。

以上が、退職願(退職届)の基本的な書き方です。
退職前にマナー違反を犯してしまわないよう、しっかり確認してから作成しましょう。

退職を考えているけれど、転職先がまだ見つかっていない…新しい環境に踏み出してみたいけど、どんな仕事が向いているのかわからない…そんな悩みを抱えている方は、転職エージェントに相談してみませんか?
ハタラクティブは、若年層に特化した転職支援サービス。専任のアドバイザーが利用者の方一人ひとりにマンツーマンでカウンセリングを行い、ご希望に応じた求人を紹介しています。
転職活動にお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる