新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 会社を辞めたくなったらどうする?退職願の書き方

会社を辞めたくなったらどうする?退職願の書き方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「退職願」は退職の意思を伝えるための書類で「退職届」は退職することが決まった後に会社に提出する書類、「辞表」は公務員が辞めるときや取締役など雇用関係にない人が辞めるための書類を指す
    ・退職するには口頭か書面で直属の上司に退職を願い出て、了承してもらうのが第一歩
    ・退職を直属の上司に了承してもらった後は、退職日を話し合って決定し退職届を提出する

一度就職した会社を辞めることなく退職まで勤め上げる人の数は、一昔前と比べると減少する傾向にあります。キャリアアップのために転職することが当たり前になりつつある現在、スムーズな転職のためには退職する意思を誰に告げるか、どのタイミングで表明するかが大きく関わってくると言えるでしょう。
このコラムでは、間違えやすい退職願と退職届、辞表の違いを取り上げ、退職願の書き方について解説します。
記事を読んで退職に必要な書類や退職までの流れを、しっかりと把握しておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆退職願、退職届、辞表の違い

そもそも退職願や退職届、辞表などは、それぞれどのような内容を書くべき書類なのでしょうか。

【退職願】

退職願とは、労働契約の解除(退職)を会社に打診するために提出する書類です。
一般的には退職の決意が固まった段階で上司に退職を願い出ることが多いですが、必ずしも書類を提出する必要はなく口頭で伝えることも認められています
しかし、退職願を書類にして直属の上司に提出することで、退職の意思が固いことが伝わりやすくなる上、会社に労働契約の解除を求めたという証にもなります。転職先がすでに決まっている場合など、退職交渉の時間が短い場合は口頭だけでなく書類の準備もしておく方が良いでしょう。

【退職届】

「退職します」という内容が書かれた事務手続き上の記録を退職届と呼びます。上司に退職が認められた後、会社に提出するものです。
退職届の種類や提出の仕方については、会社規定の退職届がある場合や上司ではなく人事部宛てに出す場合などさまざま。会社ごとに書類のフォーマットや提出先が異なるため、記入する前に確認することが大切です。

【辞表】

辞表は、公務員が仕事を辞める際に届け出る書類として認識されています。
また、社長や取締役など雇用関係のない立場の人が、役職を離れる際にも辞表を提出することになっています。会社員として雇用されている立場の人は、辞表を提出する必要はありません。

◆退職届はどう書く?

それでは、退職届の具体的な記入例をご紹介します。書類は縦書きで記入しましょう。

【退職届の書き方】

・右端中央に「退職届」と書く。
・本文1行目の下部に「私儀(わたくしぎ)」と記す。
・自己都合退職の場合、本文2行目から「一身上の都合により◯年◯月◯日をもって退職いたします」と書く。
・会社都合退職の場合、本文2行目から「『部門縮小のため』や『早期退職推奨のため』◯年◯月◯日をもって退職いたします」など、退職の理由を具体的に書く。
・退職日は、退職届は上司と合意した年月日。年の表記は会社規定に従うことが前提で、規定がなければ西暦、元号どちらでも可。
・本文3行目を空けて、4行目に実際に書類を提出する年月日を記入。
・本文5行目の下方に正式な部署名と氏名を書き、末尾に捺印する。
・本文最後の上方から宛先として組織の最高執行責任者の名前を記す。殿あるいは様の敬称が抜け落ちないよう、役名とフルネームを、自分の名前より上方に書く。

【封筒の書き方】

・封筒の表面の中央に「退職届」と書く。
・裏面には左下方に、差出人の所属部署と氏名を行頭をずらして書く
・封入口にのりでしっかりと留め、〆と書いて封をする。

◆退職前の流れ

最後にもう一度、退職までの流れを振り返ってみましょう。

・退職願を直属の上司に渡す(口頭のみでもOK)
・上司と退職日を決める
・退職日が決まったら退職届を作成し提出する
・引継ぎ後、挨拶をする

退職を決めたら、直属の上司にまず伝えるのが大切です。安易に周囲に相談した結果、同僚や他の部署の上司から退職の噂が耳に入るようなことがあれば、直属の上司としては気分の良いものではありません。スムーズに話が進めるためにも、まず上司に打ち明けることが重要です。

退職の気持ちは固まったけど、転職をどう進めてよいかわからない、とお悩みの方はプロの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは20代の若年層を対象に転職活動をサポート。非公開求人が豊富で、あなたに合う職場をご紹介することも可能です。
応募書類の書き方や面接対策もマンツーマンで指導するので、安心かつ効率的に就活を進められます。
まずはお気軽にご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?