ニートからの就職は難しい?状況を変えるためには

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートからの就職は難しい?状況を変えるためには

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・就職活動は、ポテンシャルが評価される若いうちの方が有利に進む
    ・ニート生活に逆戻りしないためにも、段階を踏んで生活の基盤を整えることが大切
    ・就職活動を始める前に「生活のリズムを整える」「アルバイトを始める」のがおすすめ

「ニートからの就職は可能なのかな…」
もし、そう悩んでいるのならニートを脱出するチャンスです。
就職できるのか考えているということは、あなたの気持ちが今の現状を変えたいと思っている証拠といえるでしょう。今回のコラムを参考に、就職への一歩を踏み出しましょう。

◆ニートから正社員として就職するのは可能?

「ニートから就職できるのか不安…」「どうせ、正社員になれるはずがない」
そんなことばかり考えて、なかなか行動に移せないニートの方は多いのではないでしょうか。
しかし、そんなふうに悩んでいるうちに、貴重な時間はどんどん過ぎていきます。

就職活動は、若いうちの方が有利に進むのが一般的。年齢が上がるにつれ、経験やそれなりのスキルが求められることが多くなるからです。
年齢が若いうちであれば、経験やスキルよりもポテンシャルを評価する企業は多いため、未経験者を歓迎する企業もたくさんあります。
特に、前向きで就業意欲のある若い人材であれば、正社員として就職するのは難しくないでしょう。

年齢が上がると、選択肢が狭まるだけではなく、採用ハードルが高くなる傾向があります。
少しでも若いうちに就職活動をスタートしましょう。

◆ニートからの就職、まず何をしたらいい?

ほとんど家から出ることがないというニートの人は少なくありません。
そうなってしまうと、必然的にコミュニケーションを取る機会は失われてしまいます。
人と話をしたり、会話をすることに抵抗のない人なら問題ありませんが、コミュニケーション不足によって、自信をなくしている場合は、より慎重に行動することが大切です。

就職活動は、思ってる以上に体力を使うもの。慣れないことを始めて精神的な辛さを感じることもあるかもしれません。
そのような状態が続いた場合、またニート生活に逆戻りになってしまう恐れがあるため、段階を踏んで生活の基盤を整えることがポイントです。

最初から正社員を目指すのではなく、準備を整えてから就活をスタートしましょう。
次の項目から、具体的な方法をご説明します。

◆まずは生活のリズムを整えよう!

ニートの方のほとんどは、毎日好きな時間に起床し、好きな時間に食事を摂っているのではないでしょうか。
学校や会社のように通う場所がないため、翌日の予定を気にせずに、夜遅くまで起きている人も少なくありません。
正社員になれば、午前9時00分~午後5時00分で働くのが一般的。出勤する時間も考えると、毎日早起きする必要があります。

まずは、パソコンやスマートフォンなど、ついつい依存してしまうものに触れる時間を徐々に減らし、早寝早起きをする習慣をつけましょう。
寝る時間になっても、なかなか寝付けないという人は、軽い運動を取り入れるのがおすすめです。ウォーキングやジョギングなど、過度な身体的負担が掛からないものから始めてみましょう。
心地よい疲労感を味わうことで、寝つきが良くなるだけではなく、体力アップにつながります。家に引きこもりがちだった人は、外に出るきっかけにもなるでしょう。

また、生活習慣の改善には、バランスの取れた食事も大切。好きなものを好きなだけでは、栄養が偏りがちになり身体によくないのは言うまでもありません。
運動をすることで、食欲も増進されるはずです。まずは、3食、きちんと決まった時間に食事を摂ることを意識してみましょう。
昔から、旬の野菜は、その時期に必要な栄養を補ってくれると言われています。季節を意識した食事を心掛けてみると良いかもしれません。

◆アルバイトで働くことに慣れよう

全く正社員経験がないという人や長い間働いていないという人は、いきなり正社員として働くのはハードルが高く感じるかもしれません。

まずは、アルバイトから始めるという選択肢も入れてみましょう。
アルバイトは、正社員と比べると採用ハードルが低いのが魅力です。履歴書を持参して、簡単な面接のみということも多いので、比較的チャレンジしやすいでしょう。
また、アルバイトは自分の希望日数や時間で働けるというメリットがあります。慣れないうちは少な目にシフトを入れ、慣れてきたら多めに働くという風に、自分のペースで調整することが可能です。
生活リズムを整えながら、少しづつ働くことに慣れていきましょう。基本的に、アルバイトの経験は職歴としてはカウントされませんが、面接などでアピールすることは可能です。就活に役立つ経験やスキルを学ぶこともできます。
中には、正社員登用制度がある企業も。気になる企業や職種がある場合、求人を探す際に意識してみるとよいでしょう。

「アルバイトを続ける自信がない…」という場合は、単発や短期のアルバイトがおすすめ。期限が決まっているので、モチベーションを維持しやすいのが特徴です。
1日や1週間のものから、数ヵ月のものがあるため、自分の体調や気持ちを優先し、無理のない期間からチャレンジしてみるとよいでしょう。

アルバイトを探す際の注意点が1点あります。
昼間に比べると外出しやすい、時給が高いという理由で、夜勤のアルバイトを始める人がいますが、これはあまりおすすめできません。
前項でもお話ししたように、ニートを脱出するには、生活のリズムを整ることが大切です。
夜勤のアルバイトをしてしまうと、また生活が不規則になってしまうのは容易に想像できるでしょう。正社員を目指すなら、昼間のアルバイトをおすすめします。

◆準備が整ったら、就職活動を始めよう!

生活習慣を整えること、アルバイトから始めることをおすすめしました。
この段階まで来ると、精神的なゆとりが生まれ、正社員になることに対して前向きになっているはずです。
アルバイトで収入を得ることで、自信もついていることでしょう。

就活を始める上で大切なのが、自己分析。自分の得意なことや、やりがいを感じること、どうしても苦手なことなどを書き出してみましょう。
学生時代やアルバイトの経験を思い出し、客観的な視点で取り組むことがポイントです。
次に、念入りに取り組みたいのが企業研究。企業研究は、入社後のミスマッチを防ぐのに役立ちます。
会社のWebサイトを見るだけでは不十分。新聞やニュース、専門誌から情報を集めましょう。

ここまで、就活でしておきたいことを簡単に説明しましたが、「一人で就活を進めるのが不安…」という方もいるかもしれません。
そんな時は、第三者の力を借りるのも一つの手。就職エージェントを活用してみませんか?

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職エージェント。
自己分析のお手伝いや応募書類の書き方のアドバイスをしています。
紹介する求人も、キャリアアドバイザーが実際に足を運んで確かめた信頼できる企業だけ。応募企業の詳しい情報をお伝えすることができるので、入社後のミスマッチを防ぐことが可能です。
まずは、お気軽にご相談ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ