転職成功を決める!面接あるある質問集

転職成功を決める!面接あるある質問集の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職者の面接でよく聞かれるのは、転職理由とこれまでの失敗体験について

    ・今後についての質問では、就職後の展望や入社意思が問われる

    ・長所と短所を尋ねる質問では、客観的に自己評価できるているのかが問われている

    ・面接対策に力を入れたいなら、アドバイザーが1対1で指導するハタラクティブへ!

今回のコラムでは、転職活動中の面接でよく聞かれる質問をご紹介します。

自己分析をし、予想される質問への回答を用意するのが面接準備の基本。

コラムではよくある質問の例を挙げるので、回答のポイントや質問に隠された面接官の意図を理解し、内定に向けて大きな一歩を踏み出しましょう。

◆「これまで」に関する質問

中途採用や第二新卒の面接では、必ずと言って良いほど前職での経験や転職の理由が問われます。

【質問:「転職の理由は何ですか」】

<問いかけの意図>

転職理由の問いかけの背景にはあるのは、「うちに入社してもまた辞めてしまうのではないか」という不安。

特に転職を繰り返している方や短期間で前職を辞めた第二新卒はそんな懸念を持たれやすく、的確な回答で面接官の不安を払拭しなければなりません。

<回答のポイント>

転職理由に関しては、「〇〇という能力を活かせる場を探して転職活動をしている」など、前向きな理由を答えるのが正解です。たとえ職場への不満が原因で退職したとしても、ネガティブな理由は御法度。

面接官から、「また同じような問題を抱えて退職してしまうのでは?」と思われてしまいます。 

【質問:「今まで仕事での大きな失敗は何ですか」】

<質問の意図>

こんな質問ですが、面接官が本当に知りたいのはそのエピソードではなく、失敗や挫折から何を学んだのかということ。

同時に失敗の原因を分析する能力や、失敗体験に向き合うストレス耐性がチェックされています。

<回答のポイント>

「失敗したことがない」という回答は、仕事に対する問題意識の低さや傲慢さと受け取られてしまうので絶対にNG。

加えてNGなのが、失敗したエピソードのみを話す回答。失敗について聞かれたら、失敗をどのように立て直したのか、その反省を今後どのように活かせるかを述べることが大切です。

「失敗した後から〇〇という意識を持つようになった」「〇〇という行動を心がけるようになった」など、日々実践している事柄を話すとより説得力のある回答となるでしょう。

失敗から何を学びどう成長したかを述べることが肝心なので、失敗の事例については簡潔な説明で問題ありません。 

◆「これから」に関する質問

【質問:「あなたの今後の展望を教えてください」】

<質問の意図>

これは、「一緒に働く仲間としてふさわしいか?」を問う質問。

面接官が知りたいのは応募者個人の将来ではなく、応募者のキャリアプランと自社のビジョンが一致するかどうかです。

<回答のポイント>

新卒と違い、ある程度の社会人経験を積んだ第二新卒や20代後半の応募者は、入社への熱意だけで面接を突破することは厳しくなります。

今後の展望を尋ねられたら、具体的にどんな仕事に携わりたいのか、5年後、10年後に自分がどうなっていたいのかを述べられるようにしておきましょう。企業は応募者のキャリアプランが自社で実現できるものかを見極めようとしています。

綿密に練られたキャリアプランであっても企業の求めるものと相違があれば、面接官には響きません。適切な回答を導き出すためには、企業研究を重ね、応募先の企業が求める人物像をよく理解しておく必要があります。

【質問:「内定を出したら入社していただけますか」】

<質問の意図>

これは応募者の採用を視野に入れた、手ごたえのある質問です。

この問いかけには、内定を出す前に入社意思を確認したい、応募者の中で入社意欲の高い人を選びたい意図というがあります。

<回答のポイント>

質問を受けた企業が第一志望である場合は、入社の意思を伝えれば何の問題ありません。

ただし、内定獲得のために第一志望ではないのに「もちろんです」と回答するのは避けた方が良いでしょう。

企業は応募者の返答次第であと何人に内定を出すかという採用計画を決めることもあり、嘘の回答をすると多大な迷惑がかかる可能性があります。

ここは社会人のマナーとして、第一志望でない企業には正直にその旨を伝えましょう。

「前向きに検討したいとは思っていますが、他の企業の選考が残っているので現時点ではお返事ができません」など、誠意が伝わる形で事実を説明します。

◆志望理由を尋ねる質問

志望理由については、転職理由と同様ほぼ全ての面接で問われることになるでしょう。

志望理由は履歴書などの応募書類にすでに記載しているはずなので、書類の内容とズレが生じないよう一貫性を持たせて回答をしましょう。

【質問:「なぜ当社を志望したのでしょうか」 】

<質問の意図>

面接官は、応募者が競合他社ではなく、なぜ自社を志望したのかを知りたいと思っています。志望動機には、応募先の企業への理解度、応募者のキャリアプランと企業のビジョンの一致・不一致が表れるものです。

転職理由の場合と同様、面接官は志望理由を通して応募者が一緒に働くのにふさわしい人材かを判断しています。

また、志望理由から入社意欲や熱意が図られている場合もあるでしょう。

<回答のポイント>

自分の持つ経験やスキルだけではなく、その能力が相手先の企業のどこで活かせるのかを説明することで、志望動機に説得力を持たせることができるでしょう。

そのためには事前の企業研究が必須。企業の事業内容や求める人材について理解した上で、自分の特性やスキルを応募先企業のニーズと絡ませてアピールすることが大切です。

「ここで学びたい!」という姿勢のみを見せるのは一見意欲あるようで実はNG。会社でスキルを身につけて、キャリアアップのためにまた転職してしまうのでは?と思われる可能性があります。

仕事をしながらスキルを身につけ、会社に貢献していきたいという展望を語りましょう。

◆自己PRに関する質問

【質問:「長所は何ですか?短所は何ですか?」】

<質問の意図>

この質問の一つ目の意図は、応募者の能力を判断し職場で活躍できる人材がどうかを見極めること。

二つめの意図は、応募者が自分について客観的に把握できているかを確認することです。

また、短所の回答からは、その人が短所とどう向き合っているのか、自分の弱みに対してどんな対策をしているのか知りたい意図があります。

<回答のポイント>

長所の回答は比較的考えやすいですが、自分に不利な短所については頭を悩ます人も多いでしょう。

そんな時には、長所の裏返しから短所について考えてみるのがおすすめです。たとえば・・・

(長所)マイペース⇔考えすぎて優柔不断になることがある(短所)

(長所)新しいことへの興味が強い⇔飽きっぽい(短所)

このように、短所と長所は見方によって言い換えが可能です。面接における長所・短所は紙一重。受け取り方で、長所は短所に、短所は長所になります。

長所と短所のどちらの場合も、裏づけとなるエピソードを交えつつ、短所を述べた後には改善に向けて取り組んでいることや意識している点を付け加えます。

長所の回答には、応募先の企業で活かせる自身の強みを織り交ぜるのがポイントです。回答を通して、自然と自分の人柄や自己PRを伝えられるのが理想といえます。

今回ご紹介したのは、面接で聞かれる質問のごく一部です。

面接対策に力を入れたい転職活動中の方は、正社員の非公開求人を揃えるハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは若年層の就職・転職に詳しい就活アドバイザーが、高卒や既卒、第二新卒の就職・転職を親身にサポート。それぞれの志望に合った正社員求人をご紹介します!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION