転職面接の質問例を紹介!好印象につながる回答の仕方やコツなども解説

転職面接の質問例を紹介!好印象につながる回答の仕方やコツなども解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職面接の序盤に聞かれる質問例は「転職理由は?」「転職先に求める条件は?」など
  • 転職面接の中盤の質問例は「前職での実績は?」「仕事におけるやりがいは?」など
  • 転職面接終盤の質問例は「入社可能時期は?」「聞きたいことはありますか?」など

転職面接における質問例が知りたい方は多いでしょう。転職面接では、「なぜ前職を辞めようと思ったのですか?」「入社後、前職でのスキルをどのように活かしますか?」といった質問をされることが多いようです。また、面接の最後には「何か聞きたいことはありますか?」と逆質問を求められることも。それぞれの回答のポイントを押さえて、転職面接を成功させましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

【流れ別】転職面接でよくある質問例

この項では、転職面接で聞かれやすい質問例を、面接の流れに沿って紹介します。

面接で最初に聞かれる質問

転職面接で最初に聞かれる質問は以下のとおりです。

プロフィール

・自己紹介をお願いします
・経歴を教えてください
・趣味は何ですか?

転職理由

・なぜ前職を辞めようと思ったのですか?
・前職で挫折した経験はありますか?
・前職での不満を解消するためにしたことはありますか?
・前職を辞めてから今までの期間は何をしていましたか?

志望動機

・弊社を志望する理由は何ですか?
・同業他社ではなく、弊社を選んだ理由は何ですか?
・弊社を知ったきっかけは何ですか?
・この業界や職種を選んだ理由は何ですか?
・転職先に求める絶対条件は何ですか?

面接の序盤では、プロフィールや転職理由、志望動機などについて聞かれる場合が多いようです。

面接の中盤に聞かれる質問

転職面接の中間あたりで聞かれやすい質問としては、以下が挙げられます。

スキル

・入社後、前職でのスキルをどのように活かしますか?
・前職での実績を教えてください
・入社後に必要なスキルは何だと思いますか?
・マネジメント経験はありますか?

自己PR

・○○分で自己PRをしてください
・あなたの強みや弱みは何ですか?
・今までの人生で一番頑張ったことは何ですか?
・周りの人から見たあなたの印象は?
・仕事におけるやりがいは何ですか?
・仕事を進めるうえで大切にしていることや工夫していることはありますか?

面接の中盤は、スキルや自己PRについて聞かれるのが一般的です。

面接の終盤で聞かれる質問

転職面接の終わりにされやすいのは、以下のような質問です。

労働条件

・転勤は可能ですか?
・残業時間の許容範囲は?
・入社可能時期はいつごろですか?

キャリアプラン

・目標はありますか?
・入社後はどのように経歴を積み上げていきたいですか?
・5年後はどうなっていたいですか?

会社の概要

・弊社の企業理念や事業内容についての考えをお聞かせください
・弊社のサービスの良い点/悪い点を教えてください
・業界の今後について意見を聞かせてください

その他

・弊社以外にはどのような企業を受けていますか?
・聞いておきたいことはありますか?

採用面接の終盤では、労働条件やキャリアプランなどについて聞かれます。また、企業によっては、応募者からの質問を受け付ける「逆質問」を求める場合もあるようです。

転職面接の質問の大まかな流れや回答のポイントは「転職面接では何を質問される?回答のポイントを知って対策を立てよう」にも載せているので、あわせてご参照ください。

【状況別】転職面接でよくある質問例

転職面接でよくある質問例を、状況別に紹介します。未経験の業界・職種に挑戦する場合と、職歴に空白期間がある場合に分けて載せるので、当てはまる方はぜひ参考にしてみてください。

職歴に空白期間がある場合

・空白期間がある理由を教えてください
・空白期間はどのように過ごしていましたか?
・空白期間に得た経験や学んだことは何ですか?

未経験の業界・職種に挑戦する場合

・この仕事を選んだ理由を教えてください
・印象に残っている成功/失敗体験は何ですか?
・なぜ未経験の業界/職種に挑戦しようと思ったのですか?

空白期間について面接で聞かれた場合の回答方法は「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」で紹介しています。また、「事務職の転職面接で質問されることとは?回答例やマナーを解説」のコラムには、事務職の転職面接における質問例を掲載しているので、事務職に転職予定の方は要チェックです。

転職面接でよく聞かれる質問の意図と回答例

この項では、転職面接における質問の意図と回答例を紹介します。以下を参考に、ある程度回答を考えておき、面接本番に備えましょう。

転職理由

「転職の理由は何ですか?」といった問いかけの背景にあるのは、「入社してもまた辞めてしまうのではないか」という不安です。特に、転職を繰り返している方や短期間で前職を辞めた第二新卒の方は、懸念を抱かれやすいといえます。

回答のポイント

転職理由を述べるときは、「○○という能力を活かせる場を探して転職活動をしている」というように、前向きに回答するのが効果的です。たとえ職場への不満が原因で退職したとしても、そのまま伝えてしまうと、「また同じような問題を抱えて退職してしまうのでは?」と思われる可能性があるので注意しましょう。

面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」のコラムでは、転職理由の効果的な伝え方を紹介しています。ネガティブな転職理由をポジティブに変換したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

挫折経験

「今まで大きな失敗をしたことはありますか?」「挫折したことはありますか?」といった質問から面接官が知りたいのは、エピソード自体ではなく、「失敗や挫折から何を学んだのか」です。同時に、失敗の原因を分析する能力や、失敗体験に向き合うストレス耐性などもチェックされています。

回答のポイント

失敗や挫折から何を学び、どう成長したかを述べることが肝心なので、事例については簡潔な説明で問題ありません。どのように立ち直ったのか、その経験を今後どのように活かせるかを重点的に述べましょう。「失敗したあとから○○を意識するようになった」「○○を心掛けるようになった」など、日々実践している事柄を話すと、より説得力のある回答となります。

志望動機

面接官は、応募者が「競合他社ではなく、なぜ自社を志望したのか」を知りたいと思っています。また、志望動機から「企業への理解度」「入社意欲や熱意」「応募者のキャリアプランと企業のビジョンの一致・不一致」などを読み取り、応募者が一緒に働くのにふさわしい人材かどうか見抜くこともあるようです。

回答のポイント

志望動機を話すときは、競合他社との違いを明確にして、企業の魅力を伝えることが大切です。そのためには、事前の企業研究が必須。企業の事業内容や求める人材を理解したうえで、その企業にしかない魅力を述べましょう。なお、「ここで学びたい!」という姿勢のみを見せるのは、受け身な印象を与える可能性があるので、避けるのが無難です。

志望動機の組み立て方や例文は「面接で述べる志望動機の例文を紹介!応募理由や状況に合った内容を考えよう」で紹介しているので、あわせてご確認ください。

自己PR

「自己PRをお願いします」「長所や短所は何ですか?」といった質問の意図は、「応募者の能力を判断し、職場で活躍できる人材がどうかを見極める」「応募者が自分を客観視できているかを確認する」などです。また、短所の回答からは、その人が短所とどう向き合っているのか、自分の弱みに対してどのような対策をしているのか知る意図があります。

回答のポイント

長所と短所どちらの場合も、裏づけとなるエピソードを交えるのがおすすめです。長所の回答には、応募先の企業で活かせる自身の強みを織り交ぜるのがポイント。短所には、改善に向けて取り組んでいることや意識している点を付け加えます。

もし、長所や短所が思いつかない場合は、以下のように反対語を考えてみてください。

(長所)慎重⇔考え過ぎて優柔不断になることがある(短所)
(長所)新しいことへの興味が強い⇔飽きっぽい(短所)

長所と短所は紙一重なので、表現次第で、長所は短所に・短所は長所になります。
就活の長所・短所の書き方!ない場合の答え方や具体例を一覧でご紹介」では、おすすめの長所・短所一覧を掲載しているので、思いつかない方は、ぜひお役立てください。

逆質問

転職面接で企業が逆質問を求める意図は、「入社意欲」「コミュニケーション能力」「会社との相性」などを確かめるため、とされています。また、応募者の疑問を解消したり、新たな魅力付けをしたりすることで会社の魅力を伝え、志望度を上げる目的もあるようです。

回答のポイント

逆質問をするときのポイントは、「意気込みを伝える」「応募先の企業で役立つスキルや長所を盛り込む」「企業理念や事業内容について、一歩踏み込んだことを聞く」などです。面接の段階に応じて質問内容を変えるのが良いでしょう。注意点としては、面接ですでに説明されたことや、調べたらすぐに分かることは聞かない、といった点が挙げられます。また、「特にありません」「大丈夫です」などの回答は、志望度が低いと判断される可能性があるので注意しましょう。

企業が逆質問を求める意図は、「転職面接の逆質問に上手く対応するポイントは?OK・NG例をそれぞれ紹介」でも詳しく解説しています。また、「転職の面接では逆質問をするべき?コツを掴んで効果的な回答を考えよう」では、面接の段階ごとの逆質問例を紹介しているので、チェックしてみましょう。

「転職したいけど、面接で何を聞かれるか分からない…」「上手く答えられるか不安…」と悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用をご検討ください。ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービスです。アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、一人ひとりに合った求人を紹介します。応募書類の添削や面接対策、就職・転職活動の悩み相談など、一貫してサポートするので、転職活動が初めての方も安心です。サービスはすべて無料でご利用いただけるので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ