1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職回数が多いと就職に不利?実績を活かした逆転戦略

転職回数が多いと就職に不利?実績を活かした逆転戦略

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職回数が多くても、ただちにマイナス評価に繋がる訳ではない

    ・転職経験が多くてもネガティブに考えず、前向きな気持ちで採用面接に望むことが大切

    ・転職回数が多いときは、明確な転職理由と入社への熱意を伝える

    ・転職活動に不安のある方はハタラクティブの利用がおすすめ

転職回数が多いと就職に不利だと考える方は多いのではないでしょうか。

しかし、転職経験が多いとなぜ採用に影響すると考えられているのかを、把握している人は少ないのではないでしょうか。

そこで、転職回数が多いと採用にどんな影響があるのか、転職が多いときの対策について詳しくご紹介します。

◆転職回数が多いと採用に不利になる?

転職回数が多いと就職に不利になるかどうかは、応募者の能力や企業の考え方次第です。

一般的に、1回や2回の転職ではマイナス評価にはならないという企業が多いと言われています。

企業にとって、第二新卒など、若年層の転職希望者は、同じ会社に長年勤め続けている中堅の人材と比べ、社風に染まっていない、若さや柔軟性がある人材として期待される傾向があります。

そのため、1回~2回の転職であれば、「不利になるかも」と焦る必要はないでしょう。

しかしながら、短期間で複数の転職を繰り返していると、採用担当者は「入社してもすぐにやめてしまうのではないか」「仕事が長続きしない理由があるのではないか?」と感じる傾向があります。

特に、20代で3回以上の転職経験のある方は、「なぜ転職したのか」をしっかりと採用担当者に理解してもらう必要があるでしょう。


◆転職回数が多いことをネガティブに考えない事が大切

若いうちに3回以上の転職経験があると、それを気にする企業は少なくないでしょう。

しかしながら、転職回数が多いからといって、ただちにマイナス評価につながるわけではありません。

担当採用者が気にするのは主に、「協調性や忍耐力がなく、仕事が長続きしない性格なのではないか」「仕事に対してやる気がないのではないのか」という点です。

そのため、これらの不安材料を払拭できれば、転職回数の多さは不利な材料ではなくなる可能性があります。

例えば、転職理由について、目標達成のため、スキルアップのため、経験を積むためなど、自分の意思がしっかりしていることを伝え、転職を繰り返したからこそ身についたスキルや実績があることを上手くアピールできれば、逆に、転職回数の多さをアピールポイントにすることも可能でしょう。

転職回数が多い人は、その事実をネガティブに考えるのではなく、人より沢山の経験を積んだという前向きな気持ちで採用面接に望むことが大切です。


◆仕事に対する意欲や熱意を伝えよう

採用面接では仕事への意欲や熱意、将来のビジョン、キャリアアップに対する考え方などをアピールすることが大切です。

しかし、転職回数が多い場合は、「やる気はあります、一生懸命がんばります」と語るだけでは、説得力に欠けてしまう内容になってしまいます。

転職経験が多いときは、過去の経験からどのようなことを学び、それを新しい仕事でどう活かしていくのかを具体的に説明することが大切です。

例)複数の企業で営業職を経験した場合

「私は営業の仕事においてお客様第一主義をモットーにしています。

A社ではお客様の要望に対し無理と言わないことを心掛けました。次善の策を提案することで、お客様の満足度を高め、新しい契約に結び付けられることを学びました。

また、B社では取引企業との信頼関係を築くことを心掛け、大口契約に繋げました。

C社ではお客様へこまめに連絡を取ることで、問題点の洗い出しに成功し、前年比20%の売上アップを達成しました。

御社では、これらの経験を生かして営業職に携わり、ゆくゆくは会社に貢献できる人材になりたいと思っています。」

このように、過去の経験や教訓を具体的に絡めた形で新たな仕事に対する熱意を伝えれば、説得力のある自己PRに繋げることができるでしょう。


◆転職に不安のある方はハタラクティブへ

転職回数が多い理由は人によってさまざまです。

何をやっても長続きせずに転職を繰り返してしまう人、スキルアップやキャリアアップのために転職を検討する人もいるでしょう。

どちらのケースの場合も、自分にあった転職先を見つけることが大切です。

しかしながら、1人で転職先を探すのはなかなか難しいのが現状。転職先が見つからず、焦りや不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、ハタラクティブを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは第二新卒、既卒、フリーターを対象とした就職・転職支援サービスです。

20代向けの求人を中心に、常時1,000件以上の求人を用意しているため、希望に合った求人紹介が可能です。

仕事紹介、応募書類の添削、面接対策など、サービスはすべて無料ですので、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職回数が多い20代の人が転職する際に意識すべきこと

  • image

    転職回数が多いのは不利?経験を上手にアピールしよう

  • image

    転職回数が多いと、転職が難しくなる?

  • image

    転職回数が多いと採用されない?

  • image

    転職回数が多いと不利になる?その理由と対処法とは

  • image

    転職は何回までが許容範囲?回数が多い人の対策法

  • image

    転職回数が多いと不利?面接を成功させる方法

  • image

    20代だけど転職回数が多い…好印象を与えるには?

  • image

    転職回数が3回目だとどんなイメージ?評価は下がるのか

  • image

    転職回数が多いと不利?転職を有利にする履歴書の書き方

  • image

    転職の回数は採用に影響する?転職成功率を高める方法

  • image

    転職回数が多いと不利?評価される人・されない人の違い

  • image

    20代で2回目の転職はどう見られる?回数を不利にしないアピール方法

  • image

    入社後短期間で転職…面接で不利にならない条件とは

  • image

    20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます

  • image

    転職の多さは不利?就活への影響と対策

  • image

    29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとは

  • image

    転職を繰り返す…その先にある大きなリスクとは?

  • image

    面接での効果的な自己紹介!自己PRとの違いは?回答例文でコツをつかもう

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる