仕事を辞めたいほど人間関係に悩むときにすべきこと

仕事を辞めたいほど人間関係に悩むときにすべきことの画像

【このページのまとめ】

  • ・ちょっとした態度や意見の食い違いで、職場の人間関係は壊れてしまうことがある
  • ・職場の人間関係を良くするには、挨拶など基本のコミュニケーションを徹底しよう
  • ・人間関係を良好に保つコツは、相手に期待し過ぎないこと
  • ・どうしても合わない相手との関係は、「仕事上の付き合い」と割り切ろう

仕事は好きだけど、職場の人間関係がうまくいっていない…そんな悩みを抱えている人はいませんか。

苦手な人はなるべく避けたいと思っていても、仕事をする上では周囲との協調が求められる場面に遭遇することもありますし、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)がうまくいかないと業務が進まないこともあるでしょう。

すべてを投げ出したくなる前に、改善できる余地がないかを検討してみてはいかがでしょうか。

ささいなことでも、人間関係は崩れる

仕事を辞めたいと思うほど人間関係が崩れてしまうきっかけは、実にささいなものであることも珍しくありません。

何をしたわけでもないのに、明らかに敵意を向けてくる人がいる…そんな状況に悩まされる人は、知らず知らずのうちに相手を不快にするようなことをしてしまった可能性があります。

たとえば挨拶をするときや話を聞くときに不機嫌そうな顔をしていたのかもしれません。自分に悪気はなくても、相手にそのように見えてしまったら負の感情を持たれてしまうこともあるでしょう。

そして「何だか嫌われているな…」と思うと、自分からもその人には近付かないようになり、どんどん溝が深まっていってしまうのです。

あるいは仕事への姿勢や考え方の違いから、壁ができてしまうこともあります。

打ち合わせ中や商談中など、お互いがそれぞれの主張を曲げずに話し合いが平行線になってしまった経験のある人はいませんか。

人はそれぞれ持っている価値観がありますから、真剣になればなるほど話の折り合いがつかないことはあるでしょう。

次第にイライラが募り感情的になると、相手のすべてが受け入れられなくなり人間性までも否定するようになることがあります。

冷静に考えれば妥協点が探せることでも、頭に血が上ってしまうとそれどころではなくなってしまうのでしょう。

良好な人間関係のためにできること

このように事の始まりはちょっとしたことでも、1度関係が崩れるとそれを回復するのはなかなか難しく、どんどん溝が深まってしまうこともあります。

お互いに嫌な思いをしないためにも、日ごろから人間関係を健全に保つ努力をしておいた方が無難です。

挨拶や受け答えなど、人とコミュニケーションを取る際には最大限の敬意を払い、ビジネスマナーにのっとった言動を心がけましょう。

コミュニケーションが活発な間柄であれば、すれ違いが生じても話し合いで誤解がとける可能性が高まります。

社内の人とのコミュニケーションは面倒だな、と思う方がいるかしれませんが、後々のトラブルを予防し良好な職場環境を築くためには、人間関係を保つ努力はある程度必要です。

何かをしてもらったら必ずお礼を言う、謝るべきときは素直に謝るといった基本的な姿勢を徹底していきましょう。

また、相手に過度に期待をすることは避けるべきかもしれません。

「○○ぐらいはしてくれるだろう」「○○と言ってくれるはず」などと思い込んでしまうと、相手がそうしてくれなかったときにガッカリしてしまいます。その失望感が相手に伝わってしまったら、相手も愉快な気持ちにはならないでしょう。

不要な衝突を避けるためにも、周囲とは一定の距離を保ち、期待しすぎない・期待されすぎない関係を目指してみてはいかがですか?

1度崩れてしまった関係は、現状を嘆いているだけでは何も解決しません。相手に譲歩したりコミュニケーションの機会を増やしたりと、自分なりに歩み寄ってみることで光明が見えてくるかもしれません。

「仕事上の人間関係」と割り切る手もある

社内の人とコミュニケーションをとる重要性についてお話してきましたが、なかには「あの人だけは好きになれない・どうしても相性が悪い」という相手の存在に悩んでいる方もいるでしょう。

そういった場合は、その人間関係を「仕事の上での付き合い」と割り切り、相手とのやり取りを業務上必要最低限な範囲にとどめてストレスを減らす方法があります。

嫌いな人とのやり取りは目標を達成するための「業務の一部」と考えれば、相手に対して感情的にならずに仕事に打ち込めるかもしれません。

このようにコミュニケーションを意識しても事態が改善されない場合は、人間関係の悩みは一旦忘れて目の前の仕事に没頭するという対処策を考えてみましょう。

辞める前に、ハタラクティブに相談を!

しかし自分がどれだけ努力をしても、解決できないこともあるでしょう。このままでは耐えられない…と転職を考えている人もいるかもしれません。

もしあなたが今の状況に不満を抱えているなら、1度プロの目から解決策を考えてもらうのも1つの手段です。第三者の目を通すことで冷静な分析が可能になり、あなたにとってベストな選択ができるのではないでしょうか。

ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが働くことにまつわるさまざまな悩み相談に応じています。

プロの目から見て、現状を打破するためにはどのようなことが必要なのかを考え、今の職場に留まるべきか、それとも転職すべきか、など具体的なアドバイスをしていきます。

サービスは無料で利用できますので、ぜひご活用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION