フリーターの就職活動の方法とは?

大学中退のフリーターは就職できますか?

就職は可能です。特に人手不足の業界では、未経験者を歓迎する企業が多くあります。営業職などの未経験者歓迎の求人が多い職種も狙い目でしょう。20代のうちはスキルよりも人柄やポテンシャルを評価する企業があるので、早めに就活を始めることが重要です。みんなの就職エピソード」では、フリーターから正社員になった人の声を掲載しています。

20代後半フリーターが正社員になるには?

求人の希望条件は減らし、職種の幅は広げましょう。
求人を探す際の希望条件は「これだけは譲れない」というものに絞り、それ以外は妥協しましょう。また、職種自体を最初から1つに絞ってしまうと、可能性を狭めてしまうことになりかねません。正社員のチャンスを掴むためには、希望条件を減らし、幅広い職種から視野を広げて探すことが大切です。詳細は「職歴なしの20代が正社員になるための方法」をご覧ください。

30代のままフリーターでも就職できますか?

20代と比べると求人の選択肢が狭まる可能性も。
ポテンシャルを見込まれる20代のうちは、比較的業界を問わず求人が多い状態です、しかし、企業が30代を中途採用で迎える場合は経験者を求めていることが多いので、30代でフリーターの場合、求人も減少していくでしょう。そのため、就活をするなら20代のうちがおすすめです。
詳しくは「将来を考えると就職?30歳フリーターの就職観と現状」をご参考にしてください。

面接では何に気をつければ良いですか?

身だしなみや話し方といった基本的な振る舞いに気をつけましょう。
面接前には、スーツにシワがないか、髪型に乱れがないかをチェック。面接中ははきはきと明るく話し、敬語の使い方に気をつけてください。猫背だと自信のない印象になるので、姿勢を正すのも忘れずに。面接のマナーは、「面接でのマナー!減点を避けるための基本ポイント」で確認できます。

「なぜ就職しなかったのか」の上手な答え方を教えて!

面接で「なぜ就職しなかったのか」を問われたら、正直に理由を述べましょう。
「大手に絞って就職活動を行っていましたが、うまくいきませんでした。視野が狭くなっていたことを反省しています」など、過去の就活を振り返り、反省点を盛り込むのがポイントです。「既卒の就活『なぜ新卒で就職しなかったのか?』上手な答え方と回答例7つ」では、プロの就活アドバイザーの回答例をご紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

どうやって面接準備をすれば良いですか?

よくある質問の回答をあらかじめ考え、回答できるようにしましょう。
面接で緊張する人は、家族や友人に面接官役を頼み、模擬面接をするのがおすすめ。頼める人がいないなら、就職エージェントで選考対策をしてもらいましょう。フリーターの就職を支援するハタラクティブでは、企業ごとの選考対策を実施しています。

フリーター生活は何歳まで続けられますか?

アルバイトが見つかる限りはいつまでも続けられます。ただ、いずれ就職したいなら早めに就職活動を始めるべき。アルバイトは職歴に入らず、実績としてはそれほど評価されません。若さが武器になる20代のうちに仕事を探した方が、より多くの選択肢から就職先を選べるでしょう。
就職と年齢の関係は、「フリーターが就職できる年齢はいくつまで?」で詳しく解説しています。

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事