転職のための履歴書作成!書き方やフォーマットを解説

転職のための履歴書作成!書き方やフォーマットを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職用の履歴書は記載する内容とスペースを見て決定する
  • 転職用の履歴書作成を手書きにするかパソコンかは応募企業の社風に合わせて決める
  • 転職用履歴書の志望動機は退職理由を前向きに盛り込んで作成する

転職活動において履歴書が重要な意味を持つのはいうまでもありません。しかも、転職の場合、企業が求めるレベルはより高くなります。したがって、新卒とはひと味違う履歴書を作成したいものです。しかし、どうすればレベルの高い履歴書になるのかわからないという方も少なくないでしょう。そこで、第二新卒のための履歴書の作成方法について説明をしていきます。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職で使う履歴書はどう選ぶ?

履歴書は基本的に設けられている項目は同じです。「氏名」「住所」「連絡先」「学歴・職歴」「資格・免許」は統一されていると捉えて問題ありません。
「志望動機」「自己PR」といった項目もほとんどの履歴書で設けられているものの、種類によって記入場所の大きさが異なるといった違いがあります。
また、転職者用の履歴書は退職理由欄があったり職務経歴書がセットで付いていたりと、用途に合わせた違いも。「種類豊富な履歴書!自分に合うものを選ぶポイントは?」を参考に、しっかりと自己アピールができる履歴書を選びましょう。

履歴書のサイズは?

アルバイトに応募したことがある人は、履歴書=B5サイズの印象を持っているでしょう。就活で使用する履歴書はA4という意見もありますが、どちらを使用しても問題ありません。記入スペースの大きさや他の書類との統一性から選びましょう。

パソコン作成の履歴書は使っても良い?

企業から指定がなければ、パソコンで作成した履歴書を提出しても問題ありません。また、「なぜ?履歴書は手書きが良いとされる理由とは」でも説明しているように、企業の社風などから手書き・パソコン作成を判断することもできます。
パソコン作成するなら、Webで履歴書フォーマットを探してダウンロードするのがおすすめ。フォーマットを自作することも出来ますが、自作のフォーマットに対して「書きたくない項目を作っていないのでは」と考える採用担当者もいます。自作でフォーマットから作成する場合は、市販の履歴書と内容が大きく異ならないよう注意しましょう。また、企業によっては履歴書のサイズやフォーマットを指定しているところもあります。それを見落として自作してしまうと、「資料をしっかり読めない人」などマイナスイメージにつながるため、求人要項などをよく確認することが大切です。

履歴書の基本マナーを確認!

履歴書は企業が最初に見る書類です。マナーが守れていないと、書類だけでマイナス印象を与えてしまうことも。作成前に基本マナーを確認しておきましょう。

消せる筆記具は使用不可

履歴書は応募者の基本情報が載っている正式な書類です。鉛筆や消せるボールペンなど消える可能性がある筆記具で記入するのはマナー違反。同じく、修正テープなども使用不可です。

空欄が多い

履歴書で空欄が多いのはマナー違反。就職意欲が低いと思われるほか、「記入漏れ」と認識されて使えない履歴書と思われることもあります。資格や賞罰など記載することがない欄には「特になし」と書きましょう。

これ以外にも、各項目で基本とされるマナーが存在します。履歴書の書き方が不安な方は、「今さら人に聞けない?履歴書の基本的な書き方」のコラムを確認してください。

転職用の履歴書の内容は?押さえたい3つのポイント

転職の履歴書では、これまでの職歴や自己PR、志望動機が重要になります。社会人経験があるからこそ、経験や経歴を踏まえた内容を意識しましょう。

1.職歴

転職の場合はこれまでの職歴をすべて記載します。書き方は「職歴の書き方を知りたい!アルバイトも含まれる?疑問を徹底解説!」でチェックしましょう。
採用担当者は、応募者の職歴から仕事に対する姿勢や働き方を予測。会社の知名度や規模ではなく、営業なら提案力や瞬発力がある、中小企業なら複数の業務を兼任できる可能性が高いなど、所属していた部署や担当していた業務に注目しています。

2.自己PR

自己PRは単に自分の特技や適性を述べるだけではなく、今までの社会経験を踏まえたうえで、この企業で具体的にどのような貢献ができるかをアピールする必要があります。
例えば、『前職では○○の業務を行い、××という社内目標を達成しました。この経験を貴社での業務でも生かして△△を達成し、貢献したいと思っています』といった具合です。「履歴書の自己PR欄の基本の書き方とは?新卒と転職での違いや例文を紹介」では、企業が自己PRから何を知りたいのか、転職者はなにをアピールすればいいのかまとめています。合わせてご確認ください。

3.志望動機

転職の場合、採用担当者は「なぜ前の会社を辞めたのか」を必ず確認します。その際、退職理由として前の職場の不満を書くのはNG。前向きな印象を与える内容を伝えます。例えば、「前の会社では○○を頑張ってきましたが、その経験を通じて将来的には××を目指そうと考えるようになりました。今回の募集を見て希望をかなえるチャンスだと思い、チャレンジさせていただきました」というように、原因とこれからの姿勢をポジティブに伝えられるものが良いでしょう。
志望動機の内容で悩んでいる方は、「履歴書の志望動機はどう書く?効果的な書き方やポイントを例文つきで解説」をご覧ください。

低評価につながる転職の履歴書の書き方

履歴書のマナーは社会人として身についていて当たり前と考える企業が多いようです。つまり、ルールに反した書き方をすれば低評価につながる可能性が高いということ。特に下記で紹介する箇所は注意が必要です。

細かい文字が詰まっていて読みにくい

大きすぎる文字は幼稚な印象を与えますが、小さな文字でスペースの限界まで埋め尽くすのもよくありません。採用担当者は1日に何枚もの履歴書に目を通します。そんな中で字が小さくて読みにくい履歴書を見れば、それだけでよい印象を持てなくなってしまいます。文字は読みやすい大きさで、スペースに収まるように内容をまとめるようにしましょう。

業界用語などわかりづらい言葉を羅列する

これまでの経歴や専門性のアピールとして専門用語を使用する人がいますが、これもマイナス要素です。
履歴書を読む人全員が専門用語に詳しいわけではありません。例えば、専門性の高い企業に応募しても、最初に履歴書を読むのは専門知識を持たない人事部ということは十分ありえます。
履歴書は、誰が読んでも分かる内容にするのが基本。読む側への配慮を示し、専門用語や業界用語、社内用語は使用しないよう注意してください。

前職の守秘義務を守らない

履歴書にこれまでの経歴や実績を記載する際、載せても良い情報なのかの確認を徹底するようにしましょう。守秘義務に反して、前職のプロジェクトの詳細や顧客についての記載があったりすると問題です。取引先や実績などは特に注意。コンプライアンス意識が低いと判断されれば、採用リスクが高いと評価され内定は難しくなります。

誤字脱字がある

転職の履歴書を作成する際は、誤字脱字にも注意しましょう。誤字脱字のある履歴書だと、採用担当者から「この人は、詰めの甘い人なのかもしれない」と思われてしまうこともあります。転職活動は人生を変える一大イベント。何度も履歴書を見直して、誤字脱字をなくしましょう。

転職の履歴書で採用担当者がチェックするポイント

応募者が多い企業の採用担当者は、履歴書を1枚1枚熟読しているわけではありません。ポイントを押さえた上で要領よくチェックをしているのです。
それぞれ1つずつ確認してみましょう。

写真

写真の表情が暗かったり、服装が不潔そうだったりすると、その段階で評価は大きく落ちてしまいます。いくら人となりを面接でアピールできるといっても、書類審査で落とされてしまってはどうしようもありません。そのため、証明写真は写真館に行ってプロにお願いするのがよいでしょう。プロならではの視点から、好印象を与える写真のアドバイスをもらえます。「イメージアップする証明写真の撮り方とは?」のコラムも参考になるでしょう。

本人希望記入欄

履歴書の最後には本人(希望)記入欄がありますが、ここには必要最低限の事柄だけを書いてください。例えば、「職種は営業企画を希望します。その他の条件については貴社規定に従います」のように、仕事に対する希望と、その他は貴社規定に従います。という一文を入れるとわかりやすく適切な量になります。
収入や待遇面の希望ばかりを書くと、仕事に対する情熱を疑われてしまうこともあるので、必要最低限のものだけに留めておきましょう。
ただし、「すべて貴社規定に従います」と書くのはあまり好ましくありません。仕事に対してこだわりがないと思われ、違う意味で仕事に対する情熱を疑われるからです。

転職の履歴書作成で困ったら

転職の履歴書をどう書けばいいか悩んだら、転職経験のある人など周囲に聞いてみるのが良いでしょう。作成した履歴書を第三者目線で確認してもらうのもおすすめです。

周囲に相談できる人がいなかったり、知り合いに履歴書を見てもらうことに抵抗があったりする場合は転職エージェントを活用しましょう。転職のプロが履歴書の添削を行ってくれます。
どの転職エージェントを利用するか悩んでいるなら、若年層向けのハタラクティブにご連絡ください。専任の担当者によるカウンセリング、個々の経歴やスキルを把握した自己PRの作成サポート、希望や適性をふまえた求人の紹介などを実施しています。

関連タグ