転職したいけど自分の気持ちが分からない!希望を明確にするには?

転職したいけど自分の気持ちが分からない!希望を明確にするには?の画像

この記事のまとめ

  • やりたい仕事が分からないまま転職するのは危険なのでやめよう
  • 転職したい理由を深掘りすると、自分が仕事に求めるものが見える
  • 転職先は自分の長所短所を把握することで見つかることがある
  • やりたい仕事が分からない場合は、できる仕事や身に付けたいスキルから探す

今の仕事に満足できず「転職したい」と思ってはいるものの、次にやりたい仕事が思い浮かばない…そんな悩みを抱えている方は少なくないようです。しかし、曖昧なビジョンのまま転職してしまうと、結局同じ悩みを繰り返してしまう恐れも。このコラムでは、やりたい仕事の見つけ方をご紹介します。自分の希望を明確にしてから、前向きな気持ちで転職活動を始めましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職したいけど仕事の選び方が分からない?

転職を希望するものの、どんな仕事を選べばいいのか分からない、自分の気持ちが定まらないという方は意外に多いようです。
転職すべきかどうか分からない場合は、自分が仕事で何を成し遂げたいのか、どんな働き方を希望しているのか、仕事で何を大切にしたいのかを考えてみましょう。現職でこれらが叶わないなら転職を検討してみてください。
また、「やりたい仕事」に重点を置きすぎるのも、転職すべきか分からなくなる理由の一つ。「やりたい仕事」が適性に合う仕事とは限りません。「やりたい仕事」にこだわりすぎてしまうと、やりたいことが見つからない、やりたいけど適性がないから仕事に苦戦するなど失敗のもとに。
転職を希望するなら、「やりたいこと」ではなく「できること」「得意なこと」から考えてみましょう。

何がしたいのか分からないままの転職は危険!考えを整理しよう

具体的な希望がないまま「とりあえず今の仕事を辞めたい」という気持ちだけで転職活動を始めるのはとても危険。入社したい企業が見つからず転職活動が長引いてしまったり、仮に転職先が決まっても自分に合わず再び退職することになってしまったりと、悪い結果につながる傾向があります。具体的な会社や業界までは絞れなくとも、「やりたい仕事」「自分が得意なこと」というビジョンがあった方が転職活動がスムーズに進み、転職後のミスマッチも起きにくくなるもの。勢いも必要ではありますが、冷静に自分の考えを整理する時間をとることをおすすめします。

転職先が分からない原因

ここからは、転職でどんな仕事を選べば良いのか分からないと悩んでしまう原因を解説します。転職先で悩むのは、自己分析や職種への理解が少ない可能性が高め。転職は希望しているものの、どんな仕事を選べばいいか分からない方は参考にしてください。

自己分析不足

転職が分からないと悩む最大の原因が自己分析不足です。自分のこれまでやってきた経験や培ってきたスキル、楽しかったことを思い出すことで、やりたいこと・得意なことが見つかりやすくなります。自分と向き合うことが、自分にマッチする転職先を見つける近道です。

転職にはビジョンが必要と思いこんでいる

転職では書類や面接で「将来の希望」「やりたい仕事」などビジョンを伝える機会が多いもの。採用担当者に響くビジョンがないと転職できないと思っている方もいるでしょう。
もちろん、将来を見据えたビジョンや希望は転職には重要です。しかし、何十年も先のことを具体的に描ける人は少ないのも事実。難しく捉えずに、「1年後に自分に足りない要素やスキルを見つけて3年後に身に着け、5年後には業務で発揮してリーダー職に就く」など身近なものから考えてみましょう。

職種や業種を把握していない

自己分析をして自分のやりたいことは明確になったものの、それにマッチする仕事が見つからないのは、単に業界や職種への知識が浅いだけかもしれません。友人や知人、インターネットの情報を元に、世の中にどのような仕事があるのか見聞を広めてみましょう。また、転職エージェントで自分のやりたいことにマッチする仕事を紹介してもらうのもおすすめです。

条件面を気にしすぎている

条件から転職先を探す方は多いものの、すべての条件が揃う求人を見つけられるのは稀。条件ばかりを気にしていると、転職先の選び方が分からなくなってしまいます。絶対に譲れない条件と妥協できる条件を設定してから、転職を希望する理由を改めて考えてみましょう。

転職先が分からないときに使える仕事の探し方

転職先が分からないときは、転職をしたい理由を深掘りしてください。また、自分がやりがいを感じることや、身につけたいスキルを考えるのもおすすめです。

「なぜ転職したいのか」を深掘りしてみる

例えば転職したい理由が「仕事がつまらないから」という方は「なぜつまらないのか」を考えてみましょう。出てきた答えに対し、さらに「なぜそう思うのか」という問いを繰り返していくと自分が仕事に求めるものが明確になり、やりたい仕事を考えるヒントにつながるはずです。もし「労働条件や社風に不満がある」という答えにたどり着いた方は、仕事内容ではなく企業の選び方を変える必要があります。
自問自答が難しいという方は、他の人に質問を投げかけてもらうのがおすすめ。自分では思いつかなかった切り口で考えが整理できることもあり、仕事探しのヒントが増えるでしょう。

好きなこと・得意なことを書き出してみる

これまでの仕事や生活を振り返り、ワクワクした経験や楽しかった瞬間、趣味などを書き出してみると、自分の興味や関心、さらには長所が見えてくることがあります。些細なことでもいいので、思いつくままに挙げてみましょう。「興味があることを深められるか」「長所を伸ばせるか」といった前向きな視点でやりたい仕事を探すことができますし、キャリアアップを目指すきっかけにもなり得ます
「好きなことは思いつくけど、自信をもって得意といえることはない」という方は、友人に自分の良いところを聞いてみたり誰かに褒められた経験を思い出したりするのもおすすめです。

嫌いなこと・苦手なことを書き出してみる

嫌いなことや苦手なことを挙げてみるのも有効な方法です。「今の仕事が嫌だから、とにかく別の仕事に就きたい」と考えている方は、一度立ち止まってこの方法を試してみましょう。「何が嫌なのか」「なぜ嫌だと感じるのか」が分からないままやみくもに転職してしまうと、仕事を変えても同じ壁にぶつかってしまう可能性が。あらかじめ自分の短所や弱みを把握しておくと仕事選びがしやすくなり、入社後に後悔するリスクを減らすことができます

身に付けたいスキルから考えてみる

「転職することでもっと成長したい」「自分の市場価値を高めたい」とお考えの方は、「どんなスキルを身に付けたいか」という視点で転職先を考えてみてください。
専門的な知識や技術はもちろん、コミュニケーション力や提案力なども仕事をするうえで大切なスキル。まずは自分が伸ばしたい長所や克服したい短所、身に付けたい知識などを整理し、それが叶えられそうな仕事や企業を探すという手順で転職先を見つけてみましょう

なお、これらの方法で自分を見つめ直しているうちに「やはり今の仕事を続けてみよう」という気持ちになり、転職をしない道にたどり着くこともあります。その時は、改めて目の前の仕事に打ち込み、新たな「やりたい仕事」が見つかる日までさまざまな経験を積んでおくのも良いでしょう。また、自分に向いている仕事が知りたいという方は「自分に向いてる仕事の見つけ方とメリットとは?仕事の例もご紹介」にて、自分に向いている仕事の見つけ方や、向いている仕事に就職するメリットを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

​​転職が分からない時、こんな仕事の探し方は避けよう

知名度やネームバリュー、周囲の意見などで転職先を選ぶと、転職に失敗する傾向があります。入社後に「やっぱり転職しなければよかった」と後悔しないためにも、自分の希望を明確にし、慎重に仕事選びを進めましょう。

企業の知名度だけで選ぶ

誰もが知っている大企業で働くことに憧れる方も多いはず。入社を目指すのは悪いことではありませんが、有名だからといって自分に合った企業とは限りません。本当にやりたい仕事ができるか、社風や職場環境はマッチしているか、きちんと詳細まで確認するようにしましょう。

知人や家族の意見に流されて選ぶ

知人に誘われたから、家族に言われたから、という理由だけで仕事を決めてしまうと、ミスマッチにつながってしまうことがあります。他の人からのアドバイスは役に立つこともありますが、自分の仕事探しの軸はきちんと持っておくようにしましょう。
また、やりたい仕事があるのに知人や家族に反対されて諦めてしまうパターンも。その仕事をしっかり分析したうえで、挑戦したい気持ちがあるならば、自分の信念を通すことも大切です。この先「やはりあの仕事をしたかった」と後悔することがないよう、機会を逃さず踏み出してみましょう。

ただ「好き」という理由だけで選ぶ

「好きだから」という理由で仕事を選ぶのは決して間違いではありませんが、「プロ」として仕事をするという意識がなければ長続きしない恐れがあります。厳しさを感じる場面に直面した際、プロとして乗り越えられるかどうか冷静に考えてみましょう。
「趣味としては大好きだったけど、仕事にすると嫌になった」「本当に嫌いになってしまう前に仕事を辞めることにした」という方も少なくないようです。「好き」を仕事にしてプロとして報酬を得たいのか、趣味の範囲で楽しむにとどめたいのか、一度確認することをおすすめします。
また、転職で自分がやりたい仕事がないとお悩みの方は「やりたい仕事がない?理想の仕事の見つけ方とは」こちらのコラムで自分に合った仕事の見つけ方を解説しています。ぜひ、参考にしてください。

転職が分からない人は「自分」を知るためのアクションをとってみよう

「なかなか自己分析が進まず仕事探しまでたどり着かない」という方は、以下のアクションを起こしてみましょう。日常生活のちょっとした場面に「自分」を知るためのヒントが隠れていることもあります。

自然に惹かれるニュースやトピックスに着目する

毎日見るニュース番組や雑誌、SNSなどにはさまざまな情報があふれています。その中で自然とよく目に留まるジャンルやトピックスには興味・関心が向いている証拠。そこからやりたい仕事を探してみるのも一つの手です。
また、自分の部屋の中にも実はヒントが。持っている書籍のジャンルの傾向を確認してみたり、どんなものにお金をかけているのかを把握してみたりすると、自分の興味がある分野が見えてくる可能性があります。

新たな体験をしてみる

今まで触れてこなかったジャンルの情報を取り入れることで、「自分」を知るヒントが得られる範囲も広がります。今の仕事とは異なる他業種のイベントやセミナーへの参加、習い事、旅行など、さまざまな経験値を積む機会を作ってみましょう。
また、普段の仕事の中でも未経験の業務やプロジェクトに携わり、関わることのなかった人たちと働くことで、自分の長所や短所、惹かれる仕事が明確になることもあります。転職までの期間を無駄にせず、自分を知ることに充ててみてはいかがでしょうか。

未来のなりたい自分から逆算してみる

続いて、未来にこうなっていたいという自分の理想像から逆算してキャリアや仕事を決める方法です。とはいえ、未来にこうなっていたいという明確なものを描ける方は少ないはず。そのため、ある程度で大丈夫です。「将来的に△△円くらいは稼げるようになりたい」「5年後には海外で仕事をしていたい」など、大まかイメージからでも転職活動に落とし込めます。自分の理想とする未来図を描き、そこに向かっていけるようなキャリアを考えてみてはいかがでしょうか。

他己分析をしてもらう

家族や友人に客観的に分析してもらうことで、これまで気づかなかった新たな「自分」が見えることも。堅苦しく考えず、家族であれば子どもの頃のエピソード、友人であれば一緒に過ごしていて印象に残っていることなどを聞いてみましょう。自分では当たり前と思っていたことが、実は周囲からは強みに見えていたといったことがあれば、「自分」を知る参考になるはずです。

また、就職活動のプロに分析を手伝ってもらうのもおすすめ。プロの意見を聞きたい方は、ぜひハタラクティブの就活アドバイザーにご相談ください。カウンセリングはもちろんのこと、すべてのサービスを無料で提供しています。
まずは一緒に自己分析をし、あなたの「やりたい仕事」を明確にします。希望条件にマッチした企業を見つけ、転職を成功させましょう。

関連タグ