仕事に失敗したときの対処法とは?会社に居づらくならずに済む方法をご紹介

仕事に失敗したときの対処法とは?会社に居づらくならずに済む方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 体調不良や確認不足、集中力の低下などが仕事の失敗に繋がりやすい
  • 失敗をしてしまったら、すぐに上司に報告するのが重要
  • 小さな失敗でも隠したり報告が遅くなると大問題に発展する可能性がある
  • まずは失敗を認め、次の日には気持ちを切り替えて仕事に取り組む
  • 失敗から学びを得て仕事で成果を出せば、高評価に繋がる場合がある

会社で働いている方の中には、仕事で失敗してしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。
失敗を引きずって落ち込む…立ち直れない…と、反省したり悩む時間に多くの時間を使う方いますが、失敗を引きずっていると他の仕事にも影響が出たり次のミスに繋がってしまったり、悪循環となる場合も。
当コラムでは、仕事を失敗してしまう原因や、失敗してしまったらどうしたら良いのかなどについてまとめています。失敗を次に活かすヒントが掲載されていますので、ぜひこちらをご覧ください。
 

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆仕事での失敗は何が原因?

多くの方が経験している仕事での失敗ですが、どのような原因が考えられるのでしょうか。
 

【体調不良】

体調不良で仕事をしていると集中力も低下し、普段はしないような失敗をしてしまう場合があります。
体調を整えることも仕事の1つと考え、食事や睡眠など、日頃から体調管理を心がけましょう。また、ストレスがたまっていても集中しづらくなり、失敗に繋がることも。休日にリラックスできる時間を作ったり趣味を楽しんだり、意識的にストレスを発散する時間を作りましょう。
 

【確認不足】

時間が無く、確認が不十分であったために生じる失敗が多くあります。
直前になって焦ることの無いように、事前にスケジュールをしっかり立てておきましょう。また、疑問点をそのままにしてしまい独断で仕事を進めてしまった…というのも失敗に繋がる原因の1つ。わからないことを気軽に質問したり相談したりできるよう、普段から同僚や上司と積極的にコミュニケーションをとっておくのも良いでしょう。
 

【集中力の低下】

長い時間仕事をしていると、集中力が低下することがあります。寝不足や疲れなども集中力を低下させ、思わぬ失敗に繋がることもあるかもしれません。
普段から集中力が切れやすいという方は、「椅子を変える」「デスク周りを整える」「水分をとる」など、集中力を維持する工夫をしてみましょう。
 

【緊張や不安】

慣れない仕事に取り組む方の中には、もし失敗したら…という不安を抱えている方が多くいます。
新しい業務に取り組むにあたり不安を感じるのは仕方のないことですが、あまりにも不安が大きいと失敗を誘発するきっかけになることもあります。
わからないことは聞き、準備を万全に行い、少しでも不安を和らげて仕事をすることが大切です。

 

◆失敗して会社に居づらくなる前にやるべきこと

大切なのは、失敗そのものよりも、「失敗した後の行動」です。
 

【すぐに上司に報告する】

仕事で失敗すると、怒られるかも…責任が問われたらどうしよう…と不安になり、失敗をなかなか言い出せなかったり隠したくなったりすることがあるかもしれません。
しかし、報告が遅れたり隠したりすると、たとえ小さな失敗であっても大きな問題へと発展してしまう場合があります。失敗をしたら、すぐに上司に報告することが重要です。
 

【失敗を引きずらない】

仕事に失敗して落ち込むのは仕方がないことです。また同じ失敗をしたらどうしよう…と、仕事をするのが怖くなってしまう方もいるでしょう。しかし、このように失敗を引きずったまま仕事をしていると、新たな失敗を引き起こし、仕事や会社が嫌になってしまう場合もあります。
気持ちの切り替えは簡単ではありませんが、失敗を次の日にまで引きづらないよう意識しましょう。
 

【失敗を認める】

失敗をしたら反省をして後悔をする方が多くいますが、それよりも重要なのは「失敗を認めること」です。
失敗から目を背けずにしっかりと認め、次に「同じ失敗をしないためにはどうしたら良いか」を考えます。失敗を認めて頭を切り替え、新たな気持で仕事に取り組んでいきましょう。
 

【誠意を示す】

失敗をしてしまったら、迷惑をかけてしまった相手に誠意を持って謝罪しましょう。
失敗したことを言い訳したり誰かのせいにしたりすると、悪い印象を与えてしまいます。失敗をしたら素直に謝り、反省の気持ちを伝えることが大切です。

 

◆失敗の経験を次に活かそう!

どんなに仕事ができる人でも、1度も失敗をしたことがない人はいないはずです。
失敗から学び、その経験を今後に活かすことが何よりも重要なのではないでしょうか。
 

【失敗は成功のもと】

失敗を失敗で終わらせるのも、そこから何か学びを得て次に繋げるのもその人次第です。失敗から何かを得ることができれば、それは大きな自己成長に繋がる貴重な経験に変わるのではないでしょうか。

・失敗を受け入れる
・失敗から学びを得る
・次の行動に学びを活かす

以上が、失敗から学びを得るために重要な点です。おすすめなのは、失敗から得た学びを書き出すこと。そうすることで、失敗そのものよりも得た学びの方に意識が向き、失敗に対する落ち込みや不安を手放すことにも繋がるでしょう。
 

【積極的に動いて仕事で成果を出す】

仕事で失敗をしてしまうと、落ち込んで消極的になってしまう方が多くいます。しかし、失敗した時こそ積極的な姿勢で仕事に取り組むことが大切。
失敗の多くは会社でフォローできるため、会社の上司は失敗したことよりも、失敗後の行動に注目していることが多いようです。積極的に動き、失敗をバネにより良い仕事ができれば、上司からの評価も高まるでしょう。その結果、新たな業務を任されたり、重要なポストに抜擢されることもあるかもしれません。

仕事で失敗してしまい、適切な対処をしたけれど会社に居づらくなってしまった…という場合には、転職するのも1つの方法です。
どんな仕事が自分に向いているのかわからない…一人での仕事探しに自信が無い…という方は、就職支援サービスのハタラクティブにご相談を。
多くの就職、転職に携わってきたプロの就活アドバイザーが、転職成功までマンツーマンでサポートします。また、転職活動が初めてで不安…という方もご安心ください。選考書類のレクチャーや企業別の面接対策などきめ細やかなサポートを実施します。転職をお考えの方は、お気軽にハタラクティブまでご連絡ください。

関連タグ