変わった仕事がしたい!正社員の求人はある?珍しい職業の一覧をご紹介

変わった仕事がしたい!正社員の求人はある?珍しい職業の一覧をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 変わった仕事は求人が少なく、一般的にあまり知られていないことが多い
  • 正社員で働ける変わった仕事には探偵やアウトドアガイド、遺品整理士などがある
  • クリエイティブな変わった仕事には、動画クリエイターやバイオアーティストなどがある
  • 変わった仕事に就くには自分の適性を見定め、第三者からのアドバイスをもらうのが有効

世の中に多くの仕事があるなか、変わった仕事にはどんなものがあるか気になる人は多いのではないでしょうか。一般的には、求人が少なかったり特殊な資格が必要だったりするものが「変わった仕事」と呼ばれるようです。変わった仕事は時代の流れとともに生まれたり消えていったりするため、働くことで時代に即した柔軟な思考が身につく可能性があるでしょう。変わった仕事を知り、今の時代の働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

変わった仕事とはどんな仕事?今後求められる人材は?

変わった仕事とは、「求人が少ない」「一般的にあまり知られていない」「特殊な資格が必要」といった特徴を持つ仕事のこと。変わった仕事は、時代の移り変わりや、新たな価値観によって生まれるといえるでしょう。以下、今の時代の働き方や求められる人材について解説します。

新しい働き方に注目が集まっている

これまでの主流のようにキャリアを一つの決まった道すじに制限するのではなく、自分がしてきた多くの体験を通じて自分なりの働き方を確立することで、人の心を動かす仕事ができるという考え方に注目が集まっているようです。現在はこれまでのモノ優位から、人と人とのつながりを重視する風潮に移り変わっているといわれています。自分ならではの体験が人への共感を生み、新しいビジネスチャンスへと繋がるといえるでしょう。

どんな人材が求められている?

今求められる人材は、柔軟な思考ができる人とされているようです。既存の考え方ではなく、体験や情報といった実体のないものをビジネスの対象として柔軟に捉えられる人といえるでしょう。そのような柔軟な思考ができる人になるには、変わった仕事や珍しい仕事に積極的に挑戦する姿勢も大切なようです。経験を積むことで、より独創的な考え方ができるようになっていくでしょう。
変わった仕事に興味のある方には「面白い仕事がしたい人必見!世の中にある珍しい職種の例をご紹介」のコラムも参考になります。

正社員の求人がある12個の変わった仕事

変わった仕事のなかには、正社員の求人もあります。生活を安定させながら変わった仕事へ挑戦するのに最適といえるでしょう。以下、12個の仕事をご紹介します。

1.探偵

探偵は人の素行調査や浮気調査、行方不明者の捜索などが主な業務。警察で取り扱ってもらえない揉め事の解決にあたることもあり、困っている人を助けられる仕事です。人の行動を調べるのがメインとなるため、長時間の張り込みや不規則な勤務時間などから精神的、肉体的にタフさが求められるでしょう。

2.遺品整理士

遺品整理士とは故人の家に残された物を遺族に渡したり、処分したりする仕事です。主に孤独死が起きたところなどで遺品整理を担当します。業者による遺品整理は遺族との間でトラブルに発展することもあるので、遺品整理士は適切な整理を行えることを証明する資格として需要が増えているようです。

3.特殊清掃員

特殊清掃員とは、長期間気づかれなかった孤独死などにより著しく汚れてしまった部屋を掃除する仕事です。著しく汚れた部屋は通常の清掃では対応できないため、特殊清掃員に依頼されます。汚れや匂いがひどいなか強い薬剤を使ったり発生した虫の駆除を行ったりと、長時間に渡ってハードな作業をするので体力や精神力が要求される仕事といえるでしょう。

4.ドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターは結婚式場でウエディングドレスやブーケ、小物などのコーディネートを新婦に提案する仕事です。新婦のほかにも新郎、列席者の衣装のアドバイスも行います。また、ドレスコーディネーターは衣装選びだけでなく受付や電話応対、衣装などの手配といった事務的な仕事も担当しています。また、センスだけでなくコミュニケーション力や衣装に関する専門知識も重要です。

5.アウトドアガイド

アウトドアガイドは、観光客向けに山や森などを案内する仕事です。案内がないときは、企業で経営している飲食店や音楽フェスティバルが行われる際の出店などを手伝うのが一般的。また、豊富な経験と深い知識が要求されるので、経験が浅いうちはベテランのサポートをしながら登山技術を学びます。海外からの観光客も多いため、英語など外国語の勉強や積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢も必須といえるでしょう。

6.地質調査の補助員

地質調査の補助員は、地質調査士のサポートをするのが仕事です。地質調査は建造物を建てる前に土地の土質調査やボーリング等を行い、土地の安全性を調べるために行います。地質調査士とともに採取した土質資料・調査機材の運搬や資料の整理、報告書の作成などを行うのが主な業務。一般的に地質に関する専門知識は要求されませんが、土質サンプルや調査機材の運搬のためにトラックを運転する必要があるので、中型車の運転免許は必須のようです。

7.ゲームデバッガー

ゲームデバッガーは開発中のゲームのバグを探すのが主な仕事で、「ゲームテスター」という企業もあります。プレイできる状態になったゲームと仕様書を開発者から受取り、仕様書を見ながらプレイするのが業務の流れです。動作に問題があったり仕様書と違う箇所があったりすればデバッガーがバグとして報告し、プログラマーがバグを修正します。こうしてデバッガーによる報告とプログラマーによる修正を繰り返しながらアルファ版、ベータ版とゲームの完成度を高めていき、発売できる状態の商品となります。デバッガーはゲーム発売前に止まらず、ゲームの修正パッチや追加コンテンツの開発など、発売後も引き続き関わるのが特徴です。

8.ひよこ鑑別師

ひよこ鑑別師は、生まれたばかりのひよこの性別を見分ける仕事です。オスは主に食肉用、メスは卵を産むためと用途が別れるため、用途別に育てるために小さいうちに見分けることが必要となります。ひよこ鑑別師は、4カ月間養成所で技術講習や養鶏に関する講義を受けたのち、孵化場で孵化作業を手伝いつつ、鑑別研修を2~3年受ける必要があります。プロのひよこ鑑別師になるには予備考査、高等鑑別師考査に合格する必要があり、深い知識と熟練の技が必要となります。

9.自動車教習所の指導員

自動車教習所の指導員になるには、まず自動車教習所へ就職する必要があります。教習所での仕事を通じて学びながら、教習指導員の資格を取るのを目指すのが一般的です。教習員には「教習指導員」と「技能検定員」の2種類があり、まずは教習指導員を目指します。教習指導員になると一般の教習や授業を担当することができ、教習指導員として経験を積んだのちに卒業検定や修了検定を担当できる技能検定員の資格取得へと進みます。学歴や経歴は不問で、自動車免許を持っていれば応募可能という教習所も多いようです。

10.サンゴ漁作業員

サンゴ漁作業員は、サンゴ漁を営む個人の漁船によって募集があります。漁期間にはサンゴ漁にまつわる作業、禁漁期間には船や魚網の修繕が主な仕事です。
また、海技免許を保有している人を対象に機関士や航海士の正社員募集をしている船も。船で経験を積み、船長や機関長を目指すことができます。こちらは、免許を持つ人を対象としているので、作業員に比べて給与が高いようです。

11.ゲームメーカーのラウンダー

ゲームメーカーのラウンダーは、家電量販店を周って自社のゲームを売り場のどこに配置するか、どうしたらより売れるかを販売店スタッフと一緒に考える仕事。一日に数件を周ったうえで報告書を作成するのが通常業務です。主に取引先を周る仕事なので、家からの直行直帰も可能で出社の必要が少ないのがメリットの一つでしょう。

12.ヘリコプター操縦士

ヘリコプターを運転する仕事で、個人所有のヘリコプターを預かる企業の正社員としての勤務です。事業用操縦士の資格が必要なものの、学歴や年齢の制限はないのが特徴。給与は個人の技量や経験によって異なるようです。
他にも珍しい仕事を知りたい方は「珍しい仕事を紹介!正社員求人や高収入が得られる職種も」のコラムも併せてご覧ください。

クリエイティブな4つの変わった仕事

変わった仕事のなかにはクリエイティブなものも多く、時折話題となる動画クリエイターや専門知識をもとにアートを作成するバイオアーティストなどがあります。ここでは、クリエイティブな変わった仕事を5つご紹介します。

1.動画クリエイター

オリジナルの動画を作成し、専門サイトに投稿する仕事です。自分で面白いと思ったことをやってみたり、おすすめの品物を紹介したりと個性のある動画を作り、企業からの広告収入で生計を立てます。ヒットすれば世界中の人に再生されるので、莫大な収入を得るチャンスもあるのが魅力です。

2.バイオアーティスト

バイオアーティストとは、バクテリアや細胞組織など自然の造形を使って芸術作品を作る人のこと。絵画や粘土作品、動画など、その表現方法はさまざまです。生命に関する専門知識がなくても感性が優れていればアーティストとして認められるので、自然の造形に魅力を感じていれば誰にでも可能性がある仕事といえるでしょう。

3.トランスクリエーション

トランスクリエーションとは翻訳業の一つですが、外国語に直すときに直訳せず言語の意味や伝えたいメッセージを考慮したうえで、ターゲットに訴求力のある翻訳をする仕事です。主に世界進出を狙う日本企業で重視されており、検索エンジンを使ったときに自社のサイトが上に来るためのSEO対策も大切な要素。よって、マーケティングやターゲットとなる国に関する知識、元の意味から離れずかつインパクトのある言葉選びをするセンスなどが求められます。

4.デザインリサーチャー

デザインリサーチャーとは、企業の商品やサービスに関して消費者のニーズを探る仕事です。商品開発・マーケティング部門が商品やサービスの性質から市場のニーズを探るのに対し、デザインリサーチャーは人が手に取りやすいデザインや想定されるライフスタイルといったものからニーズを探るのが特徴。デザインリサーチャーには商品開発などの経験を積み、キャリアアップしてなる場合が多いようです。
クリエイティブな仕事に興味のある方は「未経験でクリエイティブな仕事に就く方法とは?職種ややりがいも紹介」のコラムをご参照ください。

高収入が期待できる7つの変わった仕事

変わった仕事のうち高収入が期待できるものには、執事や治験などが挙げられるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.執事

執事とは資産家や上流階級の屋敷の雑務の一切を取り仕切る仕事で、屋敷における使用人を統括する役割も担っています。業務内容は食事やお茶の給仕、財産の管理、来客対応などさまざま。屋敷に欠かせない重要な存在のため、大きな屋敷では高額な報酬が支払われるようです。

2.治験

開発中の新薬の人体に対する影響を調べるため、被験者となる仕事が治験。不定期に募集があり、一度に高額な報酬が支払われるのが特徴です。拘束時間も実験によって異なるので、自分のスケジュールに合わせて申し込めるのもメリットといえるでしょう。

3.潜水艦の料理人

潜水艦の乗組員たちの食事を作るための料理人という仕事もあります。潜水艦では長期間に渡って拘束されるので、報酬も高めのようです。日本では主に自衛隊の潜水艦での募集となるようです。

4.ボイス・オーバー・アーティスト

ボイスオーバーとは、外国語のニュースなどの元の音声を小音量で残しながら翻訳音声を被せる仕事です。吹き替えがすべて翻訳音声になるため聞き取りやすい一方で、ボイスオーバーは元の音声を残すことでリアリティを演出できるのが特徴。当日その場で原稿を渡されることもあるので、原稿読みの実力が求められるようです。

5.占い師

占い師は多岐に渡る占術を利用して依頼者の相談事に関する答えを導いたり、アドバイスをしたりする仕事です。特に資格はありませんが、占術によっては広く深い知識や経験を要するものも。個人で開業する以外に占い相談の運営会社に所属する方法もあり、口コミなどで評判が広がれば多くの依頼が得られ稼げる占い師になることも可能です。

6.ホテルの住み込み管理人

ホテルや旅館、研修所での住み込み管理人も高収入が期待できます。夫婦での募集が多く、給与はおよそ2人で50万円ほどです。給与額自体は一般的ですが、ポイントは家賃、水道光熱費、駐車場代が無料であること。生活費がかなり抑えられるので、結果として実入りは大きめといえるでしょう。仕事内容は施設の設備管理や清掃、来館者の食事の調理や配膳、その他雑務など施設全体での業務です。

7.ドラマのエキストラ

ドラマのエキストラは、ドラマにおける重要な役どころ以外の役を演じる仕事です。通行人や店の店員や客といった、物語の背景を構成するための人員といえるでしょう。演技経験は必ずしも必要なく、拘束時間も主に2時間から5時間程度と短めなのも特徴です。また、単発で日払いの仕事が多く、日給1万円以上と比較的高額なのもメリットといえます。

今後の需要が期待できる3つの変わった仕事

変わった仕事のうち、今後の需要が期待できる仕事には並び屋やドローン操縦士といったものが挙げられるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.並び屋

並び屋は、依頼者の代わりに行列に並ぶのが仕事。人気商品やイベントの入場券など、入手が困難なものに対して依頼されることが多いようです。また、流行性の病気が蔓延していて人ごみに行きたくない、外せない仕事があるなど、行列に直接並べない人にも需要があります。並ぶ時間は長時間に及ぶことが多いので、ある程度の体力や忍耐力が要求されるでしょう。

2.ドローン操縦士

ドローン操縦士は高い技術を要する仕事です。人が撮影できないようなアングルでの写真を撮ったり高層建造物の点検をしたりとドローンを使った業務はさまざまですが、需要の大きさに比べて高い技術を持った人は少ないため、月収はおよそ50万円から60万円と高額なのが特徴。操縦するのに免許不要のドローンもありますが、業務に使用する高性能のドローンを操縦するには専門知識や操作技術を学んだうえでの資格取得が必要なようです。

3.インフルエンサー

インフルエンサーとは、多くのフォロワーを持つSNSユーザーのことです。積極的に情報発信し、フォロワーが増えて有名になるとそれだけ影響力が大きくなるため、企業の広告塔としての依頼が来ることも多々あります。そうすると莫大な広告収入が入るため、著名なインフルエンサーであれば数億といった額を稼ぐのも可能です。
時代の流れを考慮しながら仕事を検討したい方には「なくなる仕事って?将来を見据えて職種を選ぼう」のコラムが参考にあるでしょう。

変わった仕事に就くメリット・デメリット

変わった仕事に就くと「他人にインパクトを与えやすい」などのメリットに対し、「求人数が少ない」「仕事内容が伝わりにくい」といったデメリットも。ここでは、変わった仕事に就くことのメリットとデメリットについてご紹介します。

変わった仕事に就くメリット

変わった仕事に就くと他人にインパクトを与えやすいうえ、貴重な経験が積めるといったメリットがあるでしょう。以下、それぞれご説明します。

他人にインパクトを与えやすい

自分の仕事を聞かれたとき、他人にインパクトを与えやすいのはメリットといえるでしょう。変わった仕事は人の興味をひきつけます。会話が盛り上がったり自分自身に興味を持ってもらうきっかけとなったりするので、ビジネスや私生活で良い効果があるでしょう。

貴重な経験が積める

変わった仕事では一般的な仕事にないような経験ができるのも魅力。たとえ短期間でも変わった仕事の経験は自分の考え方に大きな影響を与える可能性が高く、ときには人生観を変えることも。変わった仕事をすると人と違った視点で物事を捉えられたり、柔軟な発想でビジネスを成功させられたりと人生においてそのメリットは大きいでしょう。

変わった仕事に就くデメリット

一方、変わった仕事に就いたときのデメリットは、以下のとおりです。

仕事内容が伝わりにくい

変わった仕事は業務内容が想像しにくいため、他人にどんな仕事をしているのか伝わりにくいというデメリットがあります。初対面だと何の仕事をしているかで最初の印象が決まる場面も多いので、業務内容が伝わらないと他人から「どんな人なのかよく分からない」と思われる可能性もあるでしょう。

求人が出にくい

変わった仕事は一般的なものに比べて募集が少ない傾向があります。よって、変わった仕事に就きたいと思っても、目当ての求人がなかなか出ないことも。めったに求人が出ないため、就職のチャンスを逃してしまいやすいのがデメリットといえるでしょう。

変わった仕事に就くには?仕事探しの3つのポイント

変わった仕事に就くために仕事探しで意識すべき点は、以下の3つです。それぞれ見ていきましょう。

1.自分の適性を見定める

変わった仕事に就きたいと思ったら、自分の適性を正確に把握するのが重要です。まず自分にできそうなものは何か、自己分析などを通じて考えてみてください。自分ができることや得意なことをどのように仕事にできるか、世間のニーズを考えながら検討してみましょう。または、自分が「こんなサービスがあったら良いのに」と思うことを考えるのも効果的。自分と同じように考える人たちのニーズに応えられる可能性があるからです。ある程度やりたいことを固めたうえで求人を探してみると、自分に合った求人を見つけられるでしょう。

2.就業条件を細かくチェックする

変わった仕事を選ぶ際には、就業条件のチェックは必須。変わった仕事はいつも需要があるとは限らず、仕事によっては思うように稼げない場合があるからです。また、長期育成のために年齢条件が細かく決まっていることも。変わった仕事は就業条件も一般的でない場合が多いので、自分が働き続けられそうな求人かどうか内容をよくチェックしてから応募しましょう

3.第三者にアドバイスをもらう

変わった仕事を探したい場合、第三者に聞いてみるのも有効な手段です。自分が知っている仕事や想像できることには限りがありますが、他人に聞くと思ってもいなかった話や選択肢を教えてもらえる可能性があるからです。自分は「何が得意で、どんな働き方をしてみたいのか」を多くの人に共有すると、有益な情報を教えてもらえる可能性が高まります

なかには「変わった仕事に就いてみたいけれど、どんなものが自分に合っているのか分からない」という人もいるでしょう。その場合、まずは一般的な仕事に就いて働きながら自分の可能性を探るのも手。まったく動かなければ自分ができることは分からないものですが、何かしらの仕事をしているうちに自分の得意不得意ややりたいことが見えてくる場合が多いからです。
また、変わった仕事を探す前に、自分にはどんなものが向いているか就活のプロに相談してみるのも良いでしょう。ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスには相談員や就活アドバイザーが在籍しており、プロの目線から相談者に合った仕事をアドバイスしてくれます。
変わった仕事に就くには自分の適性を正確に把握したうえで、できるだけ多くの情報を得られる状態にしておくのが望ましいといえるでしょう。

「変わった仕事に就きたいけど何が良いか分からない」「自分の適性を知るサポートをしてほしい」という方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、スキルや経験の少ない20代の方向けに人柄やポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介しております。専任の就活アドバイザーが豊富な経験や業界知識をもとに丁寧なカウンセリングを行い、就職活動を全面的にバックアップ。プロからのアドバイスで自分に合った仕事を見つけられる可能性が高まるでしょう。ご登録やご利用はすべて無料。どうぞお気軽にご相談ください。

変わった仕事に関するQ&A

ここでは変わった仕事に興味のある方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

変わった仕事にはどんなものがある?

変わった仕事には「求人が少ない」「一般的にあまり知られていない」「特殊な資格が必要」といった特徴を持つ仕事が該当します。たとえば、潜水艦の料理人や執事のように一般的な生活と関わりの薄いものや、ひよこ鑑別師のように専門的な資格や経験が必要なものが挙げられるでしょう。「世の中の仕事一覧!職業の種類を知って適職を探そう」のコラムでは業界別に多くの仕事をご紹介していますので、併せてご覧ください。

変わった仕事はどうやって探せばいい?

変わった仕事は自分で探す以外には「できるだけ多くの人に聞いてみる」のが有効でしょう。自分だけでは得られる情報に限界があるからです。接客業や営業職など幅広い人々と関わる仕事をしている人であれば、より多種多様な仕事を知っている可能性があるでしょう。ぜひ、多くの人に聞いてみてみてはいかがでしょうか。「仕事一覧から適職を探そう!高卒向けや英語を使う職業などもご紹介」では、業界別だけでなく「人を楽しませる仕事」など違った観点からも多くの仕事をご紹介していますので、参考にしてみてください。

変わった仕事に就くには?

変わった仕事に就くには、自分の適性を見定めたうえで他の人に聞いてみるのが良いでしょう。変わった仕事は求人が少なく知られていない場合が多いので、自分で調べる以外にもできるだけ多くの情報源を持ち常にアンテナを張っておくのが大事です。自分のやりたい仕事が決まっていない方は「やりたい仕事がない?理想の仕事の見つけ方とは」のコラムをご参照ください。

どんな変わった仕事が自分に向いている?

自分に向いている仕事を探すためには、自己分析などを通じて適性を正確に把握しておく必要があります。しかし、自分の適性を正確に把握するのはなかなか難しいもの。一人では難しいと感じる方は、就職支援サービスでプロのアドバイスを受けるのがおすすめです。就活のプロが豊富な知識や経験をもとに、向いている仕事を一緒に検討してくれるでしょう。就職エージェントのハタラクティブでは、丁寧なカウンセリングで仕事の適性に関するアドバイスを行っていますので、一度ご相談ください。

関連タグ