転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法

転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職時に年齢が若いほどポテンシャルを重視されるため、異業種にも転職しやすい 
    ・事前調査とキャリアプラン作成をしっかり行い、短期間での転職を繰り返さないように努める 
    ・転職回数が多いとマイナス評価に繋がるため、明確なキャリアプランのもと転職を考えよう

20代の若手社会人は、仕事やプライベートに理想を持っている反面、悩みの多い年代でもあります。初めて社会人経験を積んでいく中で、転職について考える人も多いのではないでしょうか。 
このコラムでは、20代で転職するメリットや、転職を成功させるポイントについてまとめました。 

◆20代で転職するのがいい理由

社会人経験が浅い20代でも、転職について考える人は少なくありません。「転職するなら早いほうがいい」という意見もよく聞きますが、本当に20代で転職してもいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
20代で転職すると、下記のようなメリットがあります。

【ポテンシャルを評価されやすい】

年齢が若い人ほど柔軟性が高く、すぐにスキルアップできる傾向が高いことから、実績よりも意欲や熱意といったポテンシャルを重視してくれる場合が多いです。
一方、30代に近づくほど、ポテンシャルを評価される割合は減ってしまうため、転職したいと思ったらできるだけ早い時期に決断したほうが良いでしょう。

【異業種に挑戦しやすい】

上記のポテンシャル採用と同じく、年齢が若いほど柔軟性が高い傾向があることから、未経験の業種や職種への転職も目指せます。違う業種、職種への転職を考えている人は、20代で転職することで採用される確率が上がるでしょう。
ただし、業種、職種どちらも未経験の仕事に転職したい場合、働く環境だけではなく、仕事内容や業界知識を身につけなくてはいけないということを覚えておきましょう。

また、第二新卒の場合は社会人経験が少ないことから柔軟性が高く、転職先の企業風土に染まりやすいと考えられ、企業のニーズが高い傾向にあります。
社会人経験がある分、社会人としてのマナーやビジネススキルを身につけており、新卒採用よりも教育コストがかからず即戦力になること、入社後のミスマッチが少ないことなどが強みです。


◆20代の転職を成功させるポイント

20代での転職は、前項のようにメリットが多く、転職に向いている年代と言えるでしょう。しかし、全ての転職活動が必ず成功するわけではありません。
20代での転職を成功させるためには、以下のポイントに注意しましょう。

【キャリアプランを考える】

転職を成功させるためには、明確なキャリアプランを考えることが大切。仕事で何を実現したいか、将来自分がどうなっていたいのかなど、何のために転職するのかといった目的意識を持ちましょう。
目的や目標が曖昧なまま、「仕事が嫌だから」などの理由だけで退職してしまうと、転職を繰り返す原因になります。

【年齢に合わせてアピール内容を考える】

20代前半の人は、社会人経験が浅い分、仕事への意欲や熱意、現職で心がけている事などを伝えましょう。実績よりも人柄ややる気など、ポテンシャルで判断する企業が多いためです。
また、基礎的なビジネススキルも評価の対象になると考えましょう。

20代半ばから後半の人は、企業側から即戦力として期待されることが多いのが現状です。入社後に活かせるスキルや経験、今までの実績などを中心にアピールしましょう。
未経験の職種や業種に転職する場合は、ポテンシャルを重視している企業を探すのがおすすめです。

【ポジティブな転職理由にする】

転職理由は前向きに説明するように心がけましょう。「会社の方針が合わない」「人間関係のトラブルがあった」など、他責的な理由やネガティブな理由はマイナスな印象を与えてしまいます。
ネガティブな転職理由の場合は、改善するために取り組んだことを盛り込むなど、伝え方を工夫しましょう。

【事前調査をしっかり行う】

入社後ミスマッチを感じ、転職を後悔してしまわないように、あらかじめ転職先の業界、企業を調べましょう。
特に、異業種・職種へ転職する際は、その業界や働き方、仕事の忙しさなどについて、事前にしっかりと調べておくことが大切です。事前に細かい部分まで調査しておけば、ミスマッチによる早期退職を防ぐことができるでしょう。


◆20代の転職は何回まで?

20代の転職回数に決まりはありません。しかし、転職回数が多いことで「入社してもすぐ辞めてしまうのでは?」「スキルが身についていないのでは?」と思われてしまい、マイナス評価に繋がる恐れがあります。
そのため、転職回数が少ないほうが採用で有利になると言えそうです。
転職に失敗しないように、事前にキャリアプランを考えることが大切。同業種への転職であれば、今の職場でスキルを磨くことで好条件の転職先を見つけられる可能性もあります。

転職を成功させたいなら、転職エージェントでアドバイスをもらうのもおすすめです。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが個別にカウンセリングを実施し、希望に合った求人をご紹介しています。
企業選びのポイントや応募先企業のメリット、デメリットを伝えるなど、入社後にミスマッチが起きないようにサポート。応募書類の添削や面接対策も行っているので、体制を整えてから面接に臨めるのがポイントです。
転職についてお悩みの方は、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A