新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 脱ニートを決意したら、ハローワークで相談してみよう!

脱ニートを決意したら、ハローワークで相談してみよう!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークとは厚生労働省が運営する公共職業安定所の愛称で、無料で就職支援を行っている
    ・利用するには、まず求職申込みをしてハローワークカードを受け取らなければならない
    ・求人検索、仕事紹介、相談窓口における相談など、就職する上で役立つサービスが充実
    ・無料でスキルアップできる職業訓練の斡旋も行っている
    ・誰でも利用可能だが、すべての方にとって使いやすいわけでなく、メリットとデメリットが存在する

脱ニートを決めたなら、ハローワークへ相談しに行ってみると良いでしょう。
ハローワークは、職員に相談しづらい、ブラック企業の求人が多そうなど、あまり良いイメージがないという方が多いようですが、ハローワークは使い方次第で転職の強い味方になってくれます。
そこで、ハローワークはニートでも利用することが可能なのか?そもそもハローワークって何?民間サービスとの違いは?と疑問を抱いている方のために、ハローワークについてご紹介します!

◆ハローワークってどんなところ?

ハローワークとは「公共職業安定所」の愛称で、厚生労働省が運営する行政機関です。
仕事を探している方のために、能力や適性、技能、経験に応じた求人を無料で紹介し、職業訓練の斡旋、雇用保険に関する各種手続き、面接対策セミナーの実施などを行っています。

ハローワークは全国で550以上の施設を展開しており、基本的に年齢性別を問わず誰でも利用可能。
しかし、平日の昼間は中年齢層の利用者の方が多いイメージがあるためか、ハローワークに行くのをためらってしまう若年層の方もいるようです。
そこで、厚生労働省は「わかものハローワーク」という45歳以下を対象とした若年層向けの施設を開設。明るく開放感のある入りやすい空間作りを心がけ、若者が訪れやすいように工夫を凝らしています。
正社員として働いたことがない、または正社員経験が少ない方を対象に就職支援を行っているので、職歴なしのフリーターやニートの方でも気軽に利用することができるでしょう。


◆まずは求職申込みをしよう

ハローワークで仕事を紹介してもらうには、まず求職申込書を提出しなくてはなりません。
求職申込書とは、氏名や住所などの基本情報をはじめ、学歴、資格、免許、職歴、希望する雇用形態、労働条件などを記載して提出する書類のことです。

求職申込書は項目数が多いので、ハローワークインターネットサービスで事前に仮登録しておくと、手続きにかかる時間を短縮することができます。ただし、仮登録をしてから1週間以内にハローワークへ行かなければ、登録情報が削除されてしまうので気をつけましょう。

なお、求職活動申込書には公開希望を選択する欄がありますが、これは「希望しない」を選択することをオススメします。
この欄はハローワークに自分のスキルや情報を公開して、企業側から逆指名されやすくするための項目なので、「希望する」を選択してしまうと、自分をアピールするための職務経歴書を作成しなくてはなりません。
最初から希望するのはハードルが高いと感じた方は、慣れた頃に公開希望を検討すると良いでしょう。


◆ハローワークで利用できるサービス

ハローワークには求職申し込みを行うことで利用できる多様なサービスがあります。そのいくつかをここでご紹介しましょう。

まずは求人検索。
ハローワークの求人情報は事業所内に設置されている求人情報提供端末だけでなく、自宅のPCやスマートフォン、タブレットからでも求人情報を検索することができます。
ハローワークが扱う求人情報は求職申し込みをしていなくても見れますが、企業名や住所が非公開になっているものが多く、気になった仕事が見つかっても正確な情報を知ることができません。
より詳細な情報を知りたいのなら、求職申込みを行いましょう。一般の求人サイトには掲載されないような地元の中小企業の求人情報なども多く取り扱われています。

次に仕事紹介。
業種や職種、勤務地などの検索条件を指定し、気になる求人票が見つかったら、求人票を印刷し、窓口へ持っていきましょう。
相談員が求人を出している企業に電話をかけ、面接日の調整を行ってくれます。書類選考があるのなら、履歴書や職務経歴書送付の手続きを行ってくれるでしょう。
見つけた求人に直接自分で連絡をとって応募することもできますが、ハローワークを通して応募することをオススメします。
なぜならハローワークで発行してもらえる紹介状がないと、就職時に再就職手当が貰えない、企業側も補助金が受け取れない場合があるからです。

最後に相談窓口。
就職を決意したものの、自分にどんな仕事ができるのか、どんな仕事が向いているのか、わからない時、相談員が対応してくれます。
希望職種や希望条件に合った仕事が見つかったら、相談員の方が企業側に連絡入れ、面接の日取りなどを調整してくれるほか、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方のアドバイス、必要に応じて職業訓練の斡旋なども行っています。


◆職業訓練について知ろう

職業訓練とは、簡単に言うと就職に必要な技能や知識を無料で習得できる授業・訓練のことです。
国や自治体が主体となって運営しており、職業訓練の申込みはハローワークでできます。
テキスト代などは自己負担ですが、受講手当を受け取ることができるので、金銭的な負担はほぼありません。職業訓練に通う際の交通費も通所手当として受け取れます。
職業訓練には様々なコースがあり、事務職に向いた簿記や経理、PCに関するCADやWEBをはじめ、機械、電気、建築設備などの現場系、医療や介護福祉系のコースが開催。
スキルを何も持っていない状態で就職活動をするのが不安な方は、まずは手に職をつけるのも良いかもしれません。


◆ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークは、すべての方にとって使いやすいわけではありません。
利用する前にメリット・デメリットを理解しておきましょう。

【ハローワークを使うメリット】

まず、ハローワークではマンツーマンで指導を行う個別支援サービスを実施しています。
完全予約制で、原則として毎回同じ担当者が相談に乗ってくれるので、直接自分の希望を伝えたり、就職活動中のアドバイスを貰ったりすることができます。
就職活動をなにから始めればいいのかわからない方には安心のサービスです。

次に、ハローワークには30歳以上でも応募可能な求人情報があります。
30代以上の方の求人情報を取り扱っている転職サイトは少ないので、ハローワークと併用しつつ求人情報を探してみたほうが、自分にあった求人を見つけられるでしょう。

また、ハローワークは国や地方自治体が運営しているため、地域や地元の中小企業の求人情報を多く取り扱っています。地域に根づいて働きたい方や、地元に戻るために転職しようと考えている方にオススメです。

【ハローワークを使うデリット】

ハローワークを利用して就職活動をした場合、就職まで時間がかかる、というデメリットがあります。
ハローワークは土日祝日が定休日であることがほとんど。転職サイトはほぼ365日24時間利用できますが、ハローワークは応募や相談を限られた時間でしかできません。
また、求人への応募を1社ずつしかできず、併願することができないので、どうしても働き出すまでに時間がかかってしまいます。

また、ハローワークの相談員は担当制ではありません。
その時に手が空いている職員が対応するのでどうしても相談員の質に差が出てしまい、民間のキャリアコンサルタントと比べると劣ってしまいます。

さらに、ハローワークは求人情報の掲載費用が無料なので、募集が既に終了している求人やブラック企業の求人が混じっていることがよくあります。
大手企業や有名企業の求人はほとんどないので、求人を探す時はハローワークだけでなく、併行して民間の就職エージェントを使うのがオススメです。

ハタラクティブは、専任の就活アドバイザーがマンツーマンで対応する就職エージェントです。
充実した手厚いサポートを提供し、ニートやフリーター、既卒の方の就職活動を支援しています。
社会人経験はないけど就職したい、学歴や職歴に自信がないけど正社員として働きたい、と思っている方はぜひハタラクティブをご利用ください!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ