向いている職業の見つけ方!適職の診断方法や自己分析のやり方を解説

向いている職業の見つけ方!適職の診断方法や自己分析のやり方を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・向いている職業が分からないのは、やりたい仕事や自分の能力が分からないことが原因
  • ・向いている職業の特徴は、「能力を発揮できる」「やりがいを持って働ける」など
  • ・向いている職業を選ぶメリットは、成果や満足感を得やすいこと
  • ・向いている職業を探すときは、自己分析を徹底しよう
  • ・どうしても向いている職業が分からないときは、誰かに相談してみるのがおすすめ

「自分に向いている職業は何?」「どうすれば向いてる仕事を見つけられる?」といった疑問を抱えている人は多いのではないでしょうか。就活や転職活動において自分に向いている職業に就くことは、自分の能力を発揮できる、働きやすいといったメリットになります。このコラムでは、自分に向いている職業を見つけるための適職診断や自己分析のやり方をまとめました。適職探しに苦戦中の方は、ぜひチェックしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

向いている職業が分からないのはなぜ?

自分に向いている職業が分からない原因は、考えが足りないからでも努力不足でもありません。そのため、「どうしても向いている職業が分からない…」とネガティブな気持ちになったり、難しく考えすぎて「もう考えたくない」とあきらめてしまったりするのは、避けたいところ。ここでは、向いている職業が分からない主な原因を3つご紹介します。自分に当てはまることはないか、今の状況と照らし合わせてみましょう。

1.やりたい仕事がない

自分がやりたいと思えたり、好きといえたりする仕事が見つかっていないと、自分に向いている職業が分からないと感じてしまう可能性があります。自分の興味・関心が分からないので、「何をしたいのか」「何をしたら良いのか」を考えることが難しく感じてしまうのでしょう。また、知っている職業の種類が少ないと、狭い範囲から職業を選択するしかないため、より一層答えを見つけにくくなります。できるだけたくさんの仕事を調べて視野を広げれば、向いている職業を探しやすくなるでしょう。

2.自分の能力が分からない

「自分の長所や強みは何?」と聞かれてすぐに答えられない人は、向いている職業も探しにくいといえるでしょう。向いている仕事の特徴の一つには、「自分の能力を発揮できる」というものがあります。自分のスキルを正しく理解していなければ、どんな仕事と相性が良いのかも分かりません。まずは、「向いている職業を探すときにやるべき自己分析のやり方」を参考に、自己分析をしてみましょう。

3.今の仕事に満足していない

現職に対して「この仕事は向いていないのでは…」と悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか。具体的な悩みとしては、以下のようなものが挙げられます。

・「職場に馴染んでいない」
・「業務についていけない」
・「入社してから少しも成長できていない」
・「やりがいを感じられない」
・「将来のキャリアビジョンが描けない」

これらは、仕事を続ける過程で改善していくこともあるかもしれませんが、もし「仕事に行きたくない」と思いつめているのなら、その職業は向いていない可能性も。一旦その仕事から離れて気持ちを新たにすれば、向いている職業を見つけやすくなるはずです。

向いている仕事を探そう!4つの職業診断方法

向いている職業が分からない人は、次の職業診断方法を用いて仕事をチェックしてみるのがおすすめです。現職が自分に向いているか判断したい人も、参考にしてみてください。

職業診断方法1:自分の能力が発揮できるか

先述のとおり、「自分の能力が発揮できる」ことは、向いている職業の特徴の一つです。得意なことを職業にすれば、仕事の能率が上がったり、成果を出しやすくなったりします。反対に、苦手なことを職業にしてしまうと仕事でミスや失敗を繰り返しやすくなり、「業務についていけない」と感じる要因になるでしょう。

職業診断方法2:やりがいを持って働けるか

自分に向いていると感じる職業には、「やりがい」を感じやすいといえます。たとえ経験やスキルが不十分でも、「お客さまに喜んで貰えてうれしい」「営業で事業所の売上に貢献できた」といったやりがいがあれば、働くモチベーションになります。

職業診断方法3:自分に合った働き方ができるか

向いている職業を考えるときは、「自分に合った働き方ができるか」にも注目してみると良いでしょう。「業務内容が難しい」「特別楽しくはない」など、一見向いていない職業でも、それが適職でないとは言い切れません。たとえば、プライベートの趣味を大切にしている場合はワークライフバランスを実現できる職業、在宅で働きたい場合はリモートワークできる職業が向いている可能性が高いです。合わないと思っていた仕事でも、向いていることもあるので、さまざまな角度から考えてみてください。

職業診断方法4:適職診断ツールを活用してみよう

より簡単な方法で向いている職業を知りたいという方は、適職診断ツールを試してみることをおすすめします。適職診断ツールは、Web上で「適職診断」と検索すれば簡単に見つかるでしょう。適職診断の進め方は、ツールによって異なりますが、当てはまると思うものを選択する形式が一般的です。試してみたい方は、ハタラクティブの「適職診断」をご利用ください。

向いている職業を選ぶ3つのメリット

就活や転職活動で向いている職業を選ぶメリットには以下のような内容があります。今までの仕事探しで向いている職業かどうかをあまり意識していなかった人は、ここでしっかり確認しましょう。

1.得意な職業は成果を出しやすい

自分の得意なことを仕事にした場合…つまり業務に必要な知識やスキルが備わっている場合は、その能力を活かせるため成果につなげやすいメリットがあります。業務のなかで力を発揮できれば、それだけ会社からも高評価をもらえる可能性が高いです。実績次第では、会社の利益に貢献できたり、スムーズに昇給や昇進したりすることも。向いている職業を選ぶことは、自分にとっても会社にとっても良い結果につながるといえるでしょう。

2.やりがいを持てる職業は満足感を得やすい

自ら進んで「やりたい」と思えるような、やりがいを持てる職業に就いた場合、満足感を得やすいのもメリットの一つです。「やりたい」と思える業務には、熱中して取り組めたり向上心を持てたりするため、仕事における満足感が大きいでしょう。反対に、「やりたくない」と思うような仕事は、業務中に集中力が途切れたりミスが続いてしまったりと、モチベーションが低下しがちです。「仕事が楽しい」「この仕事が好き」と思えるような職業であれば、仕事に対して前向きに取り組めるはずです。

3.働き方が合う職業は長く働きやすい

働き方が合う職業は、長期的に就業しやすいメリットがあります。その職業を長く続けていくには、「残業が少ない」「リモートワークできる」といった仕事のやり方のほかに、「チームワークを重んじる」「個人主義・成果主義」などの社風が合うかどうかも重要です。入社前にやりたいと思っていた仕事であっても、働き方が合わないと「こんなはずではなかった」と後悔することに。もちろん、業務に必要なスキルを持ち合わせているかや、仕事にやりがいを感じられるかも大切な要素ですが、「働き方」にも向き・不向きがあることを覚えておきましょう。

向いている職業が好きなこととは限らない

向いている職業を探す際に、「好きなことを仕事にすれば良い」と考える人は多いのではないでしょうか。しかし、好きなことが向いている職業であるとは限りません。実際、好きなことを職業にする人もいますが、好きなことだから楽しく働けるとイコールで結びつけるのは難しいといえます。

たとえば、「海外旅行が好き」といって旅行代理店に就職した場合、仕事のメインはお客さまに対する接客・営業です。旅行が好きだからこそ、提案できることはあると思いますが、旅行会社に勤めたからといって海外旅行がたくさんできることにはなりません。また、好きな海外旅行でなく国内旅行の案内をする可能性もあり、自分の思いどおりにならないと感じることもあるでしょう。
このように、好きなことを職業にした場合であっても、理想と実際の仕事とのギャップを感じることがあります。無理をして好きなことを仕事にしようとしなくても、プライベートで叶える方法もあると考えてみてください。先程の例でいうなら、趣味で海外旅行ができる「まとまった休みを取りやすい職業」や、旅行中で役立つ語学力が磨ける「英語を使う職業」のほうが向いている可能性も。多角的な視点で自分の理想を叶える職業を探してみましょう。

向いている職業を探すときにやるべき自己分析のやり方

自分に向いている職業を探す際は、自己分析をしっかり行いましょう。漠然と「◯◯が好き」「◯◯が得意」と考えているだけでは向いている職業は見つかりません。自己分析を行うことで頭が整理され、向いている職業を見つけやすくなるので、以下でやり方をチェックしてみましょう。

楽しいと感じることは何か考える

過去の経験から、自分が楽しいと感じることは何か考えてみましょう。「人と一緒に過ごすのが好き」「一人で読書をするのが落ち着く」など、自分が楽しいと思えることを書き出してください。ちょっとした内容からも、自分の性格が何となく分かってくるもの。一つである必要はないので、できるだけたくさん書き出しましょう。

得意なことは何か考える

過去の経験から、自分の得意なことは何か洗い出しましょう。自分が得意と感じていなくても、「人からよく褒められること」や「苦にならないこと」からも探してみてください。得意なことは、表彰されるような特技である必要はありません。「コミュニケーションが得意で友人が多い」「部活でリーダーシップを発揮できた」「細かな作業に集中でき苦にならない」「アルバイトで接客を褒められた」など、さまざまな角度から考えてみてください。

苦手なこと・やりたくないことは何か考える

過去の経験から、自分の苦手なこと・やりたくないことは何か探ってみましょう。人からよく注意されることや嫌いなことでもかまいません。「部屋の掃除ができない」「人前でプレゼンするのが苦手」「細かな作業が嫌い」など、学生生活や仕事中といった日常から苦手を洗い出しましょう。

仕事で優先させたいことを考える

これから働く際に優先させたいことをいくつかピックアップしてみましょう。たとえば、以下のような内容です。

・プライベートの時間を大切にできる
・高収入を目指せる
・職場の雰囲気が良い
・福利厚生が充実している
・残業が少ない
・やりがいをもって働ける

「◯◯歳で管理職を目指す」「◯◯職にキャリアチェンジできる」といった具体的なビジョンでもかまいません。ピックアップしたものは、優先度の高いものから並べておきましょう。

すべての要素から自分の向いている職業を考える

ここまで挙げてきた「楽しいと感じること」「得意なこと」「仕事で優先させたいこと」が叶う職業は何かを考えましょう。たとえば、「人が好き」「コミュニケーションが得意」「高収入を目指したい」という人なら、実力次第でインセンティブが得られる営業職、「一人でいるのが好き」「細かい作業が得意」「プライベートを大切にしたい」場合は、残業の少ない事務職というように考えるのがポイントです。「好きなこと」「得意なこと」から向いている職業が見つからない場合は、「苦手なこと」も参考にしてみると良いでしょう。

向いている職業を探すヒント!10種類の性格タイプ

ここでは、向いている職業を探すヒントとして、長所や短所ごとにおすすめの職業をご紹介します。自分の性格に当てはまるものを選び、自己分析の結果と照らし合わせてみましょう。

1.マイペース

人に流されないマイペースな性格の人は、自分の意思を曲げないような芯が強いところもあるので、一人で作業できる職業が向いているでしょう。

【向いている職業】
・事務職
・営業職
・運送ドライバー
・ITエンジニア
・研究開発職

マイペースに黙々と作業したい人は、事務職やITエンジニア、研究開発職などの職種がおすすめ。自分の裁量で仕事を進めるなら、単独行動がしやすい営業職や運送ドライバーなども適しています。

2.好奇心旺盛

流行に敏感で新しいものを取り込むのが上手な人は、時代の流れによって変化が多い傾向のある職業が向いているでしょう。

【向いている職業】
・商品企画職
・デザイナー
・ITエンジニア
・美容師
・フォトグラファー

好奇心旺盛な人は、ポジティブな姿勢と行動力が評価されます。自分からアイディアを発信するデザイナーやフォトグラファー、美容師といったクリエイティブ職や商品企画職に向いているでしょう。また、変化の多いIT業界の仕事も向いています。好奇心旺盛な人は、夢中になり過ぎると周りが見えなくなることもあるため、選考の際はその点をカバーできるとアピールするのが良いでしょう。

3.人の役に立つのが好き

人の役に立つのが好きな人は、他人の気持ちに寄り添える優しさが長所です。細かな点に気づく洞察力もあるので、医療・福祉や教育に関する職業が向いているでしょう。

【向いている職業】
・介護職
・教師
・保育士
・看護師
・接客、販売職

接客や販売の仕事も、お客さまの求めるものを察する力が必要なので、人の役に立ちたい人に向いているといえます。

4.責任感が強い、完璧主義

責任感が強い人や完璧主義の人は、仕事を最後まで気を抜かずに携われる傾向があるため、数字を扱う仕事や細部にまでこだわる必要のある職業がおすすめです。

【向いている職業】
・事務職(経理)
・税理士
・会計士
・看護師
・ITエンジニア

責任感が強く完璧主義な人は、物事に対して妥協しない姿勢が評価されます。そのため、看護師のような命を扱う職業や、事務職(経理)や税理士、会計士といったお金を扱う職業、論理的思考が求められるITエンジニアなどの職業で力を発揮しやすいでしょう。

5.物事にコツコツと取り組める

物事にコツコツと取り組める人は、着実に作業を進められる特徴があります。

【向いている職業】
・事務職
・工場作業員
・倉庫の品質管理職
・ITエンジニア
・ハンドメイド作家

物事にコツコツと取り組める人は、縁の下の力持ちとして、事務職やITエンジニア、倉庫の品質管理職といった仕事が適しています。また、繊細な作業を得意としている人は、ハンドメイド作家や工場作業員などもおすすめです。

6.コミュニケーション力が高い

コミュニケーションの能力の高い人は、人と接する仕事のなかでも積極性や行動力をともなう職業が向いてます。

【向いている職業】
・営業職(新規開拓)
・スポーツインストラクター
・接客、販売職
・企画職
・クリエイティブ職

コミュニケーション能力は、仕事を行ううえで重要なスキルです。コミュニケーション力が高い人は、営業職のなかでも難易度の高い新規開拓や、自らのアイディアを発信する企画職、クリエイティブ職も向いています。スポーツインストラクターや接客・販売の仕事で自分の顧客をつけていくことも可能でしょう。

7.人見知り

集団でいるより一人でいるほうが安心するという人は、人との関わりができるだけ少ない職業が向いています。

【向いている職業】
・工場作業員
・警備員
・運送ドライバー
・研究職
・在宅のITエンジニア

人見知りでコミュニケーションが苦手な人は、工場作業員や警備員、運送ドライバー、研究職といった一人で黙々と作業できる職業がおすすめです。また、ITエンジニアのなかでも在宅勤務の場合は、会議などを除けば一人での作業が多いでしょう。

8.聞き上手

コミュニケーション能力のなかでも聞き上手な人は、相手の話をじっくり聞く必要のある仕事が向いています。

【向いている仕事】
・介護職
・カウンセラー
・カスタマーサポート
・コンサルタント
・受付

聞き上手な人は、相手の話の意図を汲み取る力が評価されるため、介護職やカウンセラー、カスタマーサポート、受付などの職業が向いています。また、専門知識を持っていれば、その分野でコンサルタント業務を行うこともできるでしょう。

9.飽きっぽい

飽きっぽい性格の人は、熱しやすく冷めやすい短所があるため、つねに新しいことにチャレンジできる職業が向いています。

【向いている職業】
・営業職(新規開拓)
・クリエイター
・デザイナー
・ツアーコンダクター
・イベントプランナー

飽き性の人は、変化を恐れず挑戦できる長所を活かして、自分のアイディアを活かせるクリエイターやデザイナー、ツアーコンダクター、イベントプランナーといった職種がおすすめです。営業職のなかではルート営業よりも新規開拓のほうが向いているといえるでしょう。

10.繊細

繊細なタイプの人は、周りがスルーしてしまうような細かいことに気付ける長所を活かせる職業がおすすめです。

【向いている職業】
・セラピスト
・ハンドメイド作家
・事務職
・カウンセラー
・家事代行

繊細な人は、セラピストやカウンセラーといった人の気持ちに寄り添う職業に向いています。また、細かな作業を得意としている場合は、ハンドメイド作家や家事代行などもおすすめです。あまり前面に出るタイプではありませんが、ほかの職種のサポート役として事務職でも力を発揮できるでしょう。

向いている職業を探す際に見逃しがちなポイント

たとえ向いている職業であっても、会社が違えば働きやすさが変わる可能性があります。ここでは、自分の向いている職業を見つけた人向けに、応募企業を探す際に見逃しがちなポイントをご紹介。入社する前に、職業以外のポイントもしっかり確認しておきましょう。

社風や組織風土が自分に合っているか

自分の価値観とその企業の社風・組織風土の相性を確認しましょう。同じ職業でも、「チームワークを重んじる会社」と「個人主義が根付いた会社」では、働き方が大きく異なります。入社後に自分の価値観とのギャップに気づくのでは遅いので、事前に企業の公式Webサイトや求人情報をよく読み、どのような組織風土があるのか、どのような人物が求められているのかなどを確認してください。

通勤面や待遇面といった職場環境はどうか

次に、通勤時間や待遇面、教育制度などを確認しましょう。向いている職業でも、通勤面や待遇面に無理が生じれば長続きしないこともあります。入社後に資格を取りたいなら「資格取得支援制度」の有無、親の介護といったどうしても避けられない事情があるときは、転勤の有無や残業の頻度なども確認すると良いでしょう。職場環境を見るときは、「こうではければならない」という理想を固めすぎないのもポイント。あくまでプラスの要素として、応募先企業を探す際の判断材料の一つにしましょう。

向いている職業が分からないときの対処法

最後に、向いている職業がどうしても分からないときの対処法をご紹介します。「考えても分からなかった」「2つ候補がありどちらを選ぶべきか迷っている」といった方は、以下の方法を試してみてください。

誰かに相談「他己分析」してみる

一人で考えても分からないときは、誰かに「他己分析」をお願いしてみるのも手です。自己分析は自らの過去の経験を棚卸しし自分について理解を深める作業ですが、他己分析は他人から見た自分について分析します。自己分析で自分を客観視するのは難しくても、他己分析を行えば客観的な意見をもらえるため、やりやすいと感じる可能性も。他己分析のやり方はいろいろありますが、家族や友人、先輩、恩師といった自分をよく知る人物に、「私についての印象を教えてください」などのアンケートを回答してもらうのが一般的でしょう。回収したあとに分析しやすいよう、アンケートは協力者全員に同じ内容のものを配るようにしてください。

就職・転職エージェントに相談してみる

一人で考えるのが不安な方は、プロの意見を聞いてみるのがおすすめです。プロの意見聞くなら、就職・転職エージェントに相談する方法があります。エージェントと聞くと、「難しそう」「お金がかかりそう」と思うかもしれませんが、実際はそんなことはありません。就職・転職エージェントでは、専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望や適性を洗い出したうえで、向いている職業や求人を紹介してくれます。求職活動中の疑問や不安は、アドバイザーと一緒に解決しましょう。「自分に向いている職業が分からない」と素直に伝えれば、担当のアドバイザーが親身になって答えを導き出してくれるはずです。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、若年層向けに求職活動のサポートサービスを提供しています。向いている職業分からず困っている人も、専任の就活アドバイザーが丁寧にカウンセリングを実施するのでお任せください。ハタラクティブでは、社会人未経験の方や経験の浅い方向けの求人を多く扱っており、非公開求人もご紹介可能。アドバイザーと一緒に、あなたに向いている職業や求人を探してみませんか?ほかに、応募書類の添削や面接対策のアドバイス、選考の日程調整といったサービスを受けられます。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION