結婚を機に転職する良い時期って?会社選びや志望動機のコツについて解説!

結婚を機に転職する良い時期って?会社選びや志望動機のコツについて解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・結婚を機に転職する際は、会社ごとの育休の取得やキャリアアップについてに確認しよう
  • ・結婚を機に転職するなら、新生活の前に職場に馴染めることから未婚の時期がおすすめ
  • ・結婚を機に転職する場合は、居住地や年収などパートナーとよく話し合うことが大切

「結婚を機に転職するにはいつが良いの?」と疑問に思う人もいるでしょう。転職する時期を結婚前にすると、新生活が始まる前に新しい仕事に馴染んでおくことができます。このコラムでは、結婚を機に転職するときの時期や、志望動機の例文を紹介。結婚を機に転職する人や悩みを持っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

結婚を機に転職するなら結婚前がおすすめ

結婚を機に転職するなら、時期は結婚前がおすすめです。以下では結婚を機にする転職によって生じるメリットとデメリットを紹介します。結婚を機に転職したいけど時期に迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

結婚前に転職する場合

以下は結婚前に転職する場合のメリットとデメリットです。

メリット

結婚前に転職すれば、新生活が始まる前に職場や仕事に慣れることができます。また、多くの企業は既婚者よりも未婚の人の方が「残業や出張に対するフットワークが軽い」という印象があり、、採用に対して前向きに検討する企業が多いようです。

デメリット

結婚前に転職することによって、結婚後の生活に沿って仕事選びができない点はデメリットになります。家事の分担や金銭的な負担などの役割は、想像していた結婚生活と実際とでは異なる可能性もあるため、場合によっては再度転職することになる人もいるでしょう。

結婚後に転職する場合

以下は結婚後に転職する場合のメリットとデメリットです。

メリット

結婚後に転職することで、現状にあった仕事選びができるという点がメリットです。すでに結婚生活を送っているため、働く時間や業務内容をパートナーとともに考え、生活に大きな支障を出さないように仕事選びができます。また、結婚の準備や手続きに追われることなく就活できることもメリットといえるでしょう。

デメリット

結婚してすぐに転職する場合は、面接官から「すぐに産休や育休を取る可能性がある」と思われる可能性があります。また、育休は入社後1年経たないと取得できない企業もあるようです。結婚後に転職しても、そこからすぐに子育てに入れない可能性があることを考慮しておきましょう。
さらに、結婚後に転職する場合、面接官から「残業や出張は難しそう」と印象付けられることもあります。

結婚を機に転職するときのスケジュール

結婚を機に転職する場合は、新生活に向けて計画的に転職することが大切です。なかには、結婚を機に転居を考えているという人もいるでしょう。以下の大まかなスケジュールを参考に、結婚を機に転職するときの計画を立ててみてください。

・パートナーとの話し合い:1ヶ月
・転職活動:1~3ヶ月
・社内の引き継ぎ:1ヶ月

実際に働き始めたいと思う月に対し、半年前から動きだすと良いでしょう。結婚を機にする転職では、パートナーの人生にも大きく関わるため、話し合いは欠かせません。詳しい転職準備については「もっと時間があれば…後悔しないための転職スケジュール」で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

「結婚を機に転職する」良い伝え方とは?

結婚を機に転職することを理由にした、志望動機の伝え方を紹介します。人によっては、結婚を機に転職するという旨を正直に伝えた方が良いのか悩む人も多いでしょう。

一般的に男性の場合、「結婚を機に転職する」と伝えると「誠実で長く働きそう」というイメージを持つ面接官がいるようです。女性の場合は、「結婚を機に転職する」と伝えると「すぐに産休に入る可能性がある」と企業から懸念されることがあります。そのため、志望動機には業務に大きな影響を与えないことを伝えるのが大切です。

さらに、男女関係なく志望動機が「結婚するから」という理由だけの場合、面接官から「環境が変わるたびに仕事を辞めるのではないか」と思われる可能性があります。志望動機の一部として結婚を理由にすることは問題ありませんが、結婚だけを理由にした志望動機は避けましょう。志望動機の書き方は「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」でも紹介しています。ぜひご覧ください。

志望動機の例文

以下は志望動機の例文です。応募した企業の志望動機を考えるときの参考にしてください。

例1:将来図を明確に伝えた動機

私は前職で営業をしていましたが、結婚を機に転居することになり、退職いたしました。現在出産の予定はなく、貴社でスキルアップを目指し、貢献していくことを1番に考えております。また、出産をしたとしても、退職せずに貴社で活躍していきたいと思っております。貴社では既婚や未婚に関係なく、キャリアアップを目指す人が多いと知り、魅力的に感じました。
前職で培ったコミュニケーション能力やマルチタスクをこなす力を活かして、貴社に尽力していきます。

例2:長く活躍したい意思を伝えた動機

前職はSEの仕事をしていましたが、その職場ではライフワークバランスを取ることが難しく、結婚後の生活が厳しいと思い、結婚を機に転職を決意いたしました。
志望理由は、貴社のワークバランスを重視する環境造りに感動したからです。ワークバランスが整っていると、SEとしての勉強に時間を割けられるため、仕事以外の時間を活用し、前職ではできなかった○○の資格を取りたいと思っております。資格をとることでスキルアップを目指し、常に成長できる環境に身をおくことで、貴社で長期的に活躍できる人材になりたいと思っております。

結婚を機に転職する前に相手と話し合うべき4つのこと

結婚を機に転職する場合、パートナーと話しておくべき内容を紹介します。以下の内容を参考に話し合いをしてみてください。

1.勤務地や居住地について

居住地が決まれば、自然と勤務地も絞られていきます。結婚を機に転居するときは、お互いの勤務地や家事の役割分担に考慮する必要があるでしょう。
また、子育てを考えている場合は、その土地で出産や育児をすることを想定して選ぶことも大切です。

2.業務内容や勤務時間について

結婚を機に、自身の業務内容や勤務時間がパートナーの生活にも影響するため、事前に共有しておきましょう。
業務があまりに忙しかったり勤務時間の終了がパートナーよりも遅かったりする場合、家事分担の役割が回らなくなる可能性があります。また、お互いの勤務先の繁忙期を伝えておくことも、今後の生活を円満に送るための一つのポイントです。

3.年収について

結婚を機に転職する場合は、年収についての話し合いも欠かせません。たとえば、「子どもは○人居ても生活できる収入が必要」「○年後には家を建てたい」など、パートナーと具体的なビジョンを話し合いながら決めると、転職してから給料面で悩むことは避けられるでしょう。
厚生労働省の2019年の国民生活基礎調査では、1世帯の平均所得は約550万円であり、児童のいる世帯の平均所得は約745万円という値になっています。
以下は厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況 Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 (10P)」の平均所得に関するグラフです。

図9 所得金額階級別世帯数の相対度数分布の画像

引用:厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況 Ⅱ 各種世帯の所得等の状況 (10P)

パートナーと話し合いながら、今後の生活に合った年収に繋がる転職をしましょう。

参照元
厚生労働省
2019年 国民生活基礎調査の概況

4.年金や健康保険、税金の支払いについて

結婚を機に、パートナーの扶養に入れるようになるため、年金や健康保険、税金の支払い方が変化します。
健康保険や税金の支払いの変更は、自分で行うことが基本ですが、月をまたがずに転職する場合は、これらの手続きを転職先の企業が行います。また、結婚を機に退職し、次の就職先が決まらずに失業保険をもらっている状態では、パートナーの扶養に入れないので注意してください。
事前にパートナーと相談し、自分たちが立てている計画ではどのような手続きが必要になるのか確認しておきましょう。

結婚を機に転職するときの3つのポイント

結婚を機に転職するときは、育休取得やキャリアアップ、残業の有無などさまざまな視点から企業を選ぶ必要があります。通常の転職とは違い、結婚を機に転職する場合は、パートナーの都合や家庭の役割分担なども考慮しなくてはなりません。以下に詳しくまとめたので、結婚を機に転職を始める前に確認しておきましょう。

1.産休・育休について

結婚を機に転職したあと、子育てを考えている人は、応募先の企業の産休・育休の取得率をチェックしてください。
取得条件については、産休は正社員やパートなどの雇用形態に関係なく、産前6週間~産後8週間の女性であれば誰でも取得することが可能。しかし、育休の場合、「同じ雇用主に1年以上雇用されていること」「所定労働日数が週2以下でないこと」という条件を満たすことを求める企業が多いようです。
産休・育休の取得率が高い企業であれば、申請がしやすく、社会復帰や仕事と育児の両立がしやすいといえるでしょう。

2.キャリアアップについて

結婚後の生活では、独身時代よりもお金がかかると想定されるため、応募先の企業でキャリアップが望めるかどうかも重要なポイントの1つです。子どもが欲しいと考えている場合は、長期に渡って養育費が必要になります。転職後すぐに年収が頭打ちになる環境に転職することはリスキーです。
応募先の企業には、「どのようなキャリアプランがあるのか」「実際に転職して企業に入った人はどのように活躍しているのか」を、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。

3.残業や出張について

応募先の企業が、残業や出張を求める場合は、パートナーと結婚を機に決めた条件に合うか確認することが大切です。残業や出張はどれくらい必要なのか、パートナーとの生活でどのくらいできるのか把握しておきましょう。 
また、転職先で子育てを考えている場合は、子持ちの社員に対して、残業や出張が考慮されるのか確認する必要があります。配慮がされない場合は、パートナーへの育児の負担が大きくなり、結婚生活に影響が出るからです。そのほか企業選びで大事なポイントは「どんな企業に応募する?会社の選び方教えます」でも紹介しているので、あわせて参考にしてください。

結婚を機に退職もしくは転職しようか悩んでいる人へ

特別な理由がなければ、結婚を機に退職ではなく転職をおすすめします。以下では退職や転職以外のキャリアチェンジや、結婚を機に退職して後悔するケースについて紹介。結婚を機に仕事をどうしようか悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

結婚を機に仕事を辞めて後悔する人が多い

転職をおすすめする一つの理由として挙げられるのは、結婚を機に退職して後悔する人が多いことです。結婚生活が慣れてきたり育児が落ち着いてきたりすると、働きたいと思う人がいます。
理由としては、「1日中家に縛られること」「社会から切り離された感覚がすること」などがあり、結婚を機に退職したことを後悔する人は一定数いるため、仕事をすることが少しでも好きな場合や、寿退社に特別な思い入れがない場合は、離職はしないことがおすすめです。

離職後の社会復帰は転職よりも難しい

離職後の社会復帰は困難な状況にあることも、寿退社をすすめられない一つの理由です。
社会復帰が難しい現状には、離職期間が長いと企業から「働く感覚を取り戻すことに時間が掛かりそう」「子どもが居る場合、仕事との両立は厳しそう」などの評価に繋がりやすいことが影響しています。
結婚を機に退職したあとに「働きたい」と思っても、すぐに就職できるとは限りません。
退職するメリットとデメリットを踏まえて、パートナーと話し合いながら今後について考えてみてください。

社内でのキャリアチェンジも視野に入れよう

結婚を機に退職か転職か悩んでいる人は、社内でのキャリアチェンジも検討してみましょう今の企業に不満がなく、現状は働きやすいと感じているのであれば、一度上司に今の働き方を変えることはできないか相談してみてください。
企業によっては、社員のライフスタイルにあわせて時短勤務に応じたり、時間外労働の制限を設けていたりするところもあるようです。

社内でのキャリアチェンジができなかった場合は、速やかに転職活動を始めましょう。結婚前後でバタバタしていて忙しい方は、ぜひハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブは若年層を対象とした転職エージェントです。転職エージェントでは就活のプロがアドバイスするので効率良く、転職活動ができます。ハタラクティブでは選考のスケジュール調整も対応しているので、「結婚を機に転職したいけれど、初めてだから不安」という方も安心です。相談だけのご利用も歓迎しておりますので、お気軽にお問い合わせください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION