1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートからの脱却は難しい?具体策やきっかけとは

ニートからの脱却は難しい?具体策やきっかけとは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートから脱却できない原因は「気力がない」「親の過干渉・過保護」「コミュニケーションスキルの問題」など
    ・ニート生活を続けていると劣等感や疎外感、経済的な面での不安を感じることが多い
    ・ニートを脱却したいと思ったら、資格取得を目指したり、アルバイトを始めたりするなど、何かしらの行動をすることが大切

ニートから脱却するには、どうしたらよいのでしょうか?
今回のコラムでは、ニートをから脱却できない理由やニートの悩みなどを解説しながら、脱却のためのヒントをご紹介します。
ニートを卒業したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

◆ニートから脱却できない原因

「ニートをやめたい…」と、思っていてもなかなか行動に移せない人は少なくありません。

その理由は、何なのでしょうか。

ここでは、ニートを脱却できない原因を解説します。

【気力がない】

「外に出るのが面倒」「働く気力が沸かない…」「面倒なことはしたくない」など、何に対しても意欲が沸かず、何となくニートを続けている人は意外と多いのではないでしょうか。

「意欲が沸かないから」というように特別な理由がなくニートを続けている人は、健康体で単純に自分に甘いというケースだけではなく、何らかのきっかけで精神的なバランスを崩していることも。このような場合、一人で抱え込まず、できるだけ早く病院に行き、適切な診断と治療を受けることが大切です。

【親の過干渉・過保護】

親が子供を思い、よかれと思ってしていることが子供の自立を妨げていることも。子供が意見を言う前に欲求を汲み取り、先回りして何でもしてしまう親のもとで育った子供は、自分の考えを持たなくなってしまう傾向があると言われています。

将来の目標も見いだせず、何をしてよいのか分からない状態でも、親と同居していることで苦労なく生活できてしまうため、「ニートをやめなくては」という発想にも至りません。

しかし、当然のことですが、親はいつまでも若くはないのです。住む場所や食事、生活費など、将来のことを客観的に考え、危機感を持つことが必要でしょう。

【コミュニケーションスキルの問題】

社会的なつながりを持たないニート生活は、他者とコミュニケーションを取る機会がありません。インターネット上で積極的に発言し、見知らぬ人と交流していたとしても、実際に人と話すのに抵抗を感じてしまうという人もいるようです。

特にニート期間が長い場合は、他者との関わり方が分からず、社会にでることへの不安が大きくなっている場合があります。

上記以外にも、就活に失敗して働く自信を喪失しているケースや自身の能力に対する不安など、ニート生活から抜け出せない原因は多く存在するようです。

◆ニート生活を続けることで考えられる悩み

特に悩みや不安要素がなければ、ニート生活を続けても問題ないのかもしれません。

しかし、ニート経験者は、下記のような悩みを持つことが多いようです。

【経済的な面での不安】

ニートとは、学校や会社に通わない未婚の15~34歳の人を指すため、収入がないのが一般的。

親と同居をしている、仕送りをしてもらっているから何とかなっている…というケースがほとんどなのではないでしょうか。中には、過去に社会人経験があり、貯金を切り崩して生活しているという人もいるかもしれません。

前項でも述べましたが、親がいつまでも経済的な負担をしてくれるわけではなく、貯金も使っていれば、当然のことながら減っていきます。

限りなく自由な時間があっても、金銭的な制限があっては将来的な不安を拭うことはできないでしょう。

【劣等感や疎外感】

正社員として活躍している学生時代の友人と比べて劣等感を感じたり、社会とのつながりがないため疎外感を感じたりすることも。インターネットの普及で、友人の情報や社会の動向は、自宅にいても簡単に分かる時代です。

その分、余計に焦りを感じてしまうこともあるでしょう。

悩みを抱えたままニート生活を続けるのは苦しいもの。次の項目では、ニートを脱却するきっかけになる事例をご紹介ます。

◆ニート脱却のきっかけ

ニートを脱却するきっかけは、大きく分けて下記の2つ。脱却せざるをえない状況での決断か、前向きな意識の変化によっての決断かに分かれます。

【金銭的な問題】

親の収入で暮らしていた人は、親がなんらかの事情で働けなくなってしまった場合、生活資金が途絶えることになります。

場合によっては、同時に親の面倒をみることになるかもしれません。

また、親が元気に働いている場合でも、子供のためを思って援助を打ち切るケースがあります。

生活していくには、ある程度の収入が必要不可欠。窮地に立たされ、ニートを卒業する人は多いようです。

【夢や目標ができた】

何も変わらないと思っている日常の中でも、些細なことから影響を受けることがあります。

それは、テレビのインタビューかもしれませんし、小説の一文かもしれません。「これをやってみたい」「こんな人になりたい」という目標ができたら、ニートから脱却することを自然に考えられるようになっているでしょう。

上記のように脱却のきっかけは、ネガティブなものとポジティブなものに分かれます。

どちらにしても、そこから取るべき行動は同じです。次項を参考にしてください。

◆ニートからの脱却方法

「ニートから脱却したい!」「ニートから卒業しなければ…」そう思ったら、まずは行動することが大切です。

頭の中で考えているだけでは、何も変わりません。

何かしらのアクションを起こすことで、自分に自信をつけていきましょう。

興味のある分野に役立つ資格があるのなら、資格取得を目指して勉強するのがおすすめです。資格取得は、自信がつくだけではなく、就活の際に就業に対する前向きな姿勢をアピールするのにも役立ちます。

勉強をするために、本屋に行ったり図書館を利用したりするなど、徐々に行動範囲を広げ、他者との関わりに慣れるのもよいでしょう。

また、短時間や短期間のアルバイトを始めるのもニート脱却の助けになるはずです。

現状を変える為に、大きな一歩を踏み出して成功する人もいますが、中には今までのギャップについていけず、ニートに逆戻りしてしまう人もいます。

まずは、短時間や短期のアルバイトで少しづつ身体を慣らしていくというのも1つの手。短時間や短期間だと思えば、それほど気負わずに働けるのではないでしょうか。

◆正社員を目指すには?

少しづつ気持ちが前向きになり、正社員になりたいなと思ったらプロの力を借りるのがおすすめです。

例えば、ハローワークに登録するのはいかがでしょうか。

ハローワークでは、仕事に役立つスキルや知識を学べる職業訓練を受けることができます。

スキルや知識を身につけることで、働くことに対して自信をつけることもできるでしょう。

就職エージェントでは、希望や適性に合った求人の紹介をはじめ、応募書類作成のアドバイスや面接対策など、就活にまつわるあらゆるサポートを受けることができます。

「就職活動が初めてで、何をすればいいのか分からない…」という方も安心です。

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職エージェント。

経験豊富なプロのアドバイザーが、マンツーマン体制で就活をサポートさせていただきます。

面接の日程調整や交渉など、企業とのやりとりを代行しているので、就職活動をスムーズに進められるのがメリット。まずは、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる