新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事探しの相談は誰にするべき?選ぶときのポイントや注意点を解説

仕事探しの相談は誰にするべき?選ぶときのポイントや注意点を解説

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事探しの相談相手は、「私情を交えずに意見をくれる人」を選ぶのがポイント
  • ・仕事探しの相談におすすめなサービスは「転職エージェント」や「ハローワーク」など
  • ・仕事を探している人の悩み相談で多いのは、「労働時間」「将来性」「人間関係」など
  • ・仕事探しの相談をするときは、相談内容を事前にまとめておくのがおすすめ

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

仕事探しに関する相談がしたいとき、誰に話せば良いのか分からず悩んでいる人は多いでしょう。仕事探しの相談相手は、自分の価値観を押し付けず、フラットな意見をくれる人がおすすめです。このコラムでは、仕事探しの相談相手を選ぶときのポイントだけでなく、おすすめのサービスも紹介しています。仕事探しの相談相手を誰にするべきか悩んでいる人はぜひこのコラムをお役立てください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事探しの相談相手を選ぶときのポイント

仕事探しの相談相手は、「私情を交えずに意見をくれる人」を選ぶのがポイントです。「あなたはこうするべき」と自分の価値観で決めつける人を相談相手に選ぶと、自分の思いどおりに転職できない可能性があります。また、以下の項目に当てはまる人も、仕事探しの相談相手におすすめです。

・転職市場の最新動向を把握している
・転職活動に関する知識が豊富
・あらゆる業界の情報を網羅している

次の項目で紹介する「仕事探しの相談におすすめな3つのサービス」は、上記の条件を満たしている場合が多いので、ぜひ参考にしてみてください。また、このコラム内の「身近な人に仕事探しの相談をするときの注意点」では、仕事探しの相談相手を選ぶときに注意すべきことを紹介しているので、こちらもあわせてチェックしましょう。

仕事探しの相談はあくまでも「相談」なので、最終的にどうするかは自分自身で決めるのがポイントです。転職は今後の人生を左右する大きな決断ともいえます。人の意見に流されて後悔しないように、自分が仕事探しをするうえで求めることを明確にしておきましょう。

仕事探しの相談におすすめな3つのサービス

仕事探しの相談をするのにおすすめなサービスは、「転職エージェント」「おしごとアドバイザー」「ハローワーク」の3つです。以下でそれぞれの特徴をご紹介します。

1.転職エージェント

転職エージェントは、人材を探している企業と求職者を結びつけるサービスです。プロのアドバイザーが求職者の適性を判断し、一人ひとりに合った求人を紹介してくれるのがポイント。1人で仕事探しをするのが不安な方におすすめのサービスです。仕事探しの相談だけでなく、書類添削や面接対策を行っている転職エージェントもあるので、自分に合った転職エージェントを探してみましょう。

2.厚生労働省「おしごとアドバイザー」

おしごとアドバイザーは、厚生労働省が提供しているサービスの一つです。転職や就職などの仕事探しに関する悩みを、メールや電話で気軽に相談できます。平日の夜や土日祝日にも相談できるのがポイントです。「仕事探しの相談がしたいけどあまり時間が取れない」「対面で相談しづらい」という方は、おしごとアドバイザーを利用すると良いでしょう。

3.ハローワーク

ハローワークは職業紹介をメインに行っている施設ですが、職員の方に仕事探しの相談をすることも可能です。全国ネットを利用して最適な求人を提案してくれたり、求人内容の詳細情報を提供してくれたりするのがポイント。仕事探しの相談だけでなく、幅広い求人を見たいという方におすすめのサービスです。ただし、平日の夜や土日祝日は開庁していない施設が多いため、働きながら仕事を探す人は少し活用しにくいといえます。

「自分に合ったサービスが分からない」「もっと詳しくサービス内容が知りたい」という方は、「自分にあった転職支援サービスとは?」をご覧ください。

仕事探しの相談は、会社のOBやOGにするのもおすすめです。OBやOGは同じ環境で働いていた人たちなので、仕事探しに対する不安や悩みを解消してもらいやすいといえます。さらに、転職を成功させた人に仕事探しの相談をすれば、有益なアドバイスがもらえるでしょう。

身近な人に仕事探しの相談をするときの注意点

仕事探しの相談を家族や友人、同僚などの身近な人に行う場合は、「情報を真に受け過ぎない」「信頼できる数人に相談する」などの注意点を押さえましょう

家族や友人に相談する場合

家族や友人、恋人などに仕事探しの相談をするときは、すべての情報を鵜呑みにしないよう注意してください。なぜなら、相手が仕事探しのプロでない限り、発する情報が最新のものではなかったり、正確な情報でなかったりすることがあるからです。身近な人に仕事探しの相談をする場合は、不安や悩みを解消する目的や、自分を客観的に分析してもらう目的で行うと良いでしょう。

身近な人以外に仕事探しの相談をするときも、一つの情報を信じ過ぎてしまうのは良くないといえます。仕事探しの相談をしながらも自分で情報をしっかりと集め、常に何が正しい情報か判断できるようにしましょう。

同僚や上司に相談する場合

同僚や上司に仕事探しの相談をする場合は、自分が信頼できる数人に相談するのがおすすめです。誰彼構わず相談してしまうと、仕事をやめようとしていることが社内に知れ渡り、仕事をしづらくなる可能性があります。また、上司に仕事探しの相談をした場合、会社の人手不足や上司の自己保身を理由に引き止められてしまうこともあるようです。「上司に仕事探しの相談がしたいけど、引き止められたら転職の意志がぶれそう」と思う人は、転職の意志が完全に固まってから相談すると良いでしょう。

仕事探しの相談相手を選ぶときの注意点は「退職について相談したい…あなたなら誰を選ぶ?」でも詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

仕事探し中の人によくある相談内容とは?

仕事を探している人の悩み相談は、「労働時間」「給与」「将来性」「人間関係」などに関するものが多いようです。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書 No.199 第3章 新規学卒就職者の早期離職と離職後のキャリア―15 年前との異同の検討(p65)」では、初職離職者における性・学歴別の離職理由が以下のように掲載されています。

図表3-7「性・学歴別、初職離職者の初職離職理由(MA)」の画像

 

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「労働政策研究報告書 No.199 第3章 新規学卒就職者の早期離職と離職後のキャリア―15 年前との異同の検討(p65)

男女ともに多い離職理由は「労働時間の長さ」。男性の場合は「ほかにやりたいことがあった」「給与に不満がある」などの離職理由も高いようです。女性の場合は、「健康上の理由・家庭の事情・結婚・出産」「人間関係が良くない」といった離職理由の割合が高くなっています。
上図は単に離職理由を表したデータですが、仕事探しの相談をする人は少なからず現職に不満や不安を抱いていると考えられるでしょう。そのため、上図の離職理由は仕事探しの相談内容に通じる部分があるといえます。自分がなぜ仕事探しをするのか、何を相談したいのかが明確に定まっていない人は、上図の離職理由を参考に考えてみるのもおすすめです。
仕事の悩み相談に多いものは「仕事の悩みにはどのようなものがある?解決方法も紹介!」でも紹介しているので、気になる方はぜひご一読ください。

仕事探しの相談をする際は、自分が何に悩んでいるのかを明確にしましょう。「何となく今の会社が気に入らないから」という理由で転職すると、転職先でまた同じように悩む可能性があります。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
労働政策研究報告書 No.199

仕事探しの相談をする前の準備

仕事探しの相談をするときは、相談内容を事前にまとめておきましょう。相談内容がまとまっていないと、的確なアドバイスを得られない可能性があるので注意してください。具体的には、以下の項目について事前に自分の考えをまとめておくのがおすすめです。

仕事探しに至った原因を明確にする

現職の不満や仕事探しにおける相談内容は、できるだけ具体的に伝えられるように準備しておきましょう。たとえば、人間関係に不満があることを相談したい場合は「どのような点に不満があるのか」を考えます。その答えが「言いたいことを言えないから」であれば、「なぜ言えないのか」「どのような職場環境なら発言しやすいのか」などを考えてみてください。
上記は一例ですが、自分の仕事探しにおける悩みや相談内容をある程度明確にしておくと、相談相手から適切な助言をもらいやすくなります。

このコラム内の「仕事探し中の人によくある相談内容とは?」でも述べましたが、自分が何を不満に思っているかを明確にして転職しないと、転職先でまた同じことに悩む可能性があるので注意しましょう。

仕事探しで求める条件に優先順位をつける

仕事探しで求める条件には優先順位をつけておくのがおすすめです。自分が希望する条件をすべて満たそうとすると、いつまでも仕事探しが終わらない可能性もあります。そのため、絶対譲れない条件もしくは絶対に避けたい条件を1つ決め、それ以外の条件には優先順位をつけておきましょう。

仕事探しに求める条件は、現職や前職に抱いている不満をもとにすると考えやすくなります。たとえば、給料が上がらないという不満がある場合は昇給のある会社、残業が不満な場合は定時で帰れる会社などです。

「現職に不満がある」「仕事探しの相談がしたいけど誰に相談すれば良いか分からない」とお悩みの方は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層の就職や転職に特化したエージェントです。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンで求職者の転職活動をサポート。仕事探しの相談をしながらキャリアの方向をアドバイザーと一緒に考えたり、自己PRや強みなど自分で気づけない良い部分を見つけたりすることも可能です。また、仕事探しの相談だけでなく、書類添削や面接対策なども実施しています。現在の職場を円満に退職する方法や初出勤日の準備など、内定後のサポートもすべてハタラクティブにお任せください!もちろん、就職したあとの悩み相談も受け付けています。サービス料はすべて無料なので、仕事探しの悩みがある方はいつでもお気軽にご相談ください。

仕事探しの相談に関するQ&A

ここでは、転職エージェントで相談できる内容や自分に合う仕事の見つけ方など、仕事探しの相談に関するお悩みに回答します。ぜひ問題の解決にお役立てください。

転職エージェントで相談できる内容は?

転職エージェントでは、転職に関わることであれば基本的に何でも相談できます。「仕事にやりがいを感じられない」「仕事の探し方が分からない」など、仕事探しに関する不満がある方は気軽に相談してみましょう。転職エージェントで相談できる内容は「転職エージェントにはどんな相談ができるのか」でも詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

自分に合う仕事はどうしたら見つかる?

自分に合う仕事は、「自己分析で自分の特性を知る」「世の中にどのような仕事があるのかを知る」「自分の強みが活かせる業務を探す」の流れで探すのがおすすめです。自分に合うかどうかはやってみないと分からない部分もあるので、興味のある仕事は積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。自分に合う仕事の見つけ方は、「自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」も参考になるはずです。

転職エージェント利用時の服装や持ち物は?

仕事探しの相談をするために転職エージェントへ行く場合は、私服もしくはオフィスカジュアルがおすすめです。持ち物は、担当者に指定されなければ基本的に筆記用具のみで問題ありません。「転職エージェントの種類によって服装は変える?利用の基本を解説」では、面接対策をするときの服装や持ち物についても解説しているので、チェックしてみてください。

転職エージェントの利用手順は?

転職エージェント「ハタラクティブ」の基本的な利用手順は、「登録」「仕事探しの相談」「面接対策」「面接」の流れです。また、書類添削や内定後の交渉などもハタラクティブがサポート。サービス料は無料なので、どなたでもお気軽にご利用いただけます。詳しいフローが知りたい方は「ハタラクティブご利用の流れ」をご覧ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ