退職のタイミングを見極め、段どりよく転職するには

退職のタイミングを見極め、段どりよく転職するにはの画像

【このページのまとめ】

  • ・退職の意思を伝える前に、自分の気持ちを再確認しよう

    ・退職の意思を伝えるのは、1.5~3ヵ月前

    ・退職前に、転職先に提出する書類を確認する

    ・転職活動が不安なら、ハタラクティブへ

退職をする場合、会社に伝えるタイミングはいつごろがよいのでしょうか。

正社員で新たに就職が決まったときには、入社までに準備が整っていることはもちろん、今の職場を円満に退職できるようにしておくことが大切です。

◆退職の意思を伝える前に

会社に退職を切り出す前に、もう一度自分の気持ちを確認しましょう。

きちんと決断できていない場合、強く引き留められて気持ちが変わることも。

結果的に退職の引き留めに応じても、きまずい状況になることやその後の評価に影響することが考えられます。

感情的に判断していないか、将来的なキャリアプランを見据えて再度確認してみましょう。


◆退職の意思を伝えるタイミング

転職活動をするのが初めての場合、なにをいつまでにすればよいのか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。 
もし、現在仕事をしているのであれば、まずは職場に退職の意思を伝えなくてはなりません。

このタイミングが遅くなってしまうと、現在の職場への退職の意思表示が遅れ、引継ぎなどで迷惑をかけてしまうことになります。
1.5~3ヵ月前までに会社に伝えるのが一般的とされていますが、会社の就業規則で定められいることもあるので、事前に確認しておきましょう。
転職を考えていると、新しい職場のことに気持ちが向いてしまいがちですが、現在の職場に迷惑をかけないよう十分に引き継ぎを済ませてから、退職することが大切です。


◆退職前にしておくこと

内定した会社に承諾の意思を伝え、無事現在の会社に退職の意思を伝えることができれば、まずは一安心です。
入社日と退職日が確定すれば、予定が立てやすくなります。しかし、そこで転職活動が終わったわけではありません。
内定後に入社の意思を伝えると、正式な契約の手続きをするため多くの書類が必要となります。これらの書類については初めて目にするものもあるでしょう。
まず、労働契約書や就業規則が届きますので、内容をきちんと確認して、署名をします。

さらに、年金手帳を用意しておくなど、会社に提出するために必要書類も揃えておきます。
ほかにも健康診断が必要な場合や身元保証書の提出が必要なこともあります。

現在働いている会社からは雇用保険被保険者証や、源泉徴収票を発行してもらい、転職先に提出する必要があるでしょう。

このように、内定後もするべきことがたくさんあるので、早めに準備に取り掛かり、入社前に慌てないよう気をつけましょう。


◆転職活動の進め方が分からず不安な時は

退職、転職を控え、今後の環境の変化に不安を感じる人は多いでしょう。

入社前の準備や現在の職場にいつ退職の意思を伝えようかと悩んでしまうこともあると思います。そんなときには就職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、無料で就職・転職のカウンセリングを行っています。

求人の紹介をはじめ、どのような仕事に適性があるのかなどをアドバイス。自分でも分からなかったアピールポイントに気づくきっかけになるかもしれません。

内定が確定した後も、初出勤前の準備から就職後まで、長期的にサポートさせていただきます。


▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION