上司にどう伝える?円満退職するコツ

上司にどう伝える?円満退職するコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・退職意思は直属の上司に、他の社員に聞かれない場所で報告するのがマナー
    ・伝える時期は退職したい日の1~2ヶ月前がベスト。就業規則もあらかじめ確認しておく
    ・繁忙期を避けたり、引き継ぎの時間を考慮したり、会社側への気遣いが大事
    ・気持ちよく送り出してもらえる退職理由を考えた方が良い
    ・上司の感謝や謝罪の気持ち、退職するという強い意思をしっかりと伝える
今までお世話になった会社を退職する際、できることなら円満退職したいという方が多いのではないでしょうか。
こちらのコラムでは、退職交渉をスムーズに進める方法や、円満に退職するコツをご紹介していきます。


◆上司への退職理由の伝え方

仕事を退職したいとき、まずは誰にどのように伝えれば良いか悩んでしまうことがあるかもしれません。
退職意思は一番はじめに直属の上司に伝えるのがマナー。
仲が良いからといって、同僚などに先に話してしまうと、そこから上司や人事など他の人に伝わってしまい、不信感や誤解を招く結果になりかねません。
まずは直属の上司に報告し、退職の手順を確認したあと、組織全体に伝えてもらうようにしましょう。
また、退職交渉を行う場合には、会議室など他の社員に話を聞かれない場所で行うのがベスト。
「今ちょっといいですか」「お話があるのですが」などと声を掛けて、個室に移動してから改めて退職意思を伝えます。

タイミングが合わないなどの事態を避けるためには、事前にアポイントをとるのが良いでしょう。
「相談したいことがあるので、本日(明日)の◯時頃、お時間いただけますか」と声をかけておけば、業務に支障なくスムーズに話を進めることができます。
業務の都合上、なかなか上司と会えない場合には、メールなどでアポイントを取るのも良いでしょう。
相手が身構えてしまわないよう、「今後のことで相談したい」など、退職を匂わせるような言い方をするのは避けた方が無難です。


◆退職のどれくらい前に伝える?

退職するときは、退職したい日の1~2ヶ月前に報告するのが一般的です。
企業によっては、就業規則で「退職するときには◯日前までに報告する」と定められている場合もあります。
トラブルを防ぐためにも、あらかじめ就業規則を確認しておくのがベストです。
退職時期を決める際には、引継ぎや後任探しなどにかかる時間や、繁忙期などを配慮すると、退職交渉をスムーズに進めることができるでしょう。
前もって相談すれば、新しい人を採用したり、今後の人事を考慮したりと、会社側にも余裕ができます。
できる限り会社側に迷惑がかからないよう配慮すれば、会社側も退職をサポートしてくれることが多いようです。


◆円満退職するためのコツ

仕事を退職するとき、最後まで気持ちよく働きたいと思う方が多いでしょう。
いくら退職するからと言って、横暴な態度を取ったり、退職理由として職場への不平不満を伝えたりすると、相手に不信感を与えることに。
また、「給与・休みが少ない」などの理由を伝えると、「今後改善するから」などと引き留められて、退職交渉が進まない可能性もあります。
退職交渉を円滑に進めるには、本当の理由は何であれ、相手が気持ちよく送り出してあげたいと思えるような理由を伝えるのが良いでしょう。
「◯◯に興味があり、それに関連する仕事につきたい」「新しいことに挑戦したいと思っている」など、ステップアップを目指した前向きな理由がベストです。

上司にはお世話になった感謝の気持ちを伝えるのを忘れないようにしましょう。
万が一、強く引き留められた場合でも慌てずに、感謝と謝罪の気持ちや退職する意思は変わらないことを伝えます。
誠実に対応することができれば、退職交渉はスムーズに終えることができるでしょう。

退職交渉が済んだあとは、退職後の業務に支障が出ないよう、引き継ぎをしっかりするのも大事なポイント。
退職までの無理のないスケジュールを立てて行動することが、円満退職の成功に繋がるでしょう。


◆退職、転職の悩みはハタラクティブへ!

転職して新たな仕事をはじめたいと考える方は、金銭面や生活面を考えて、転職先が決まってから退職するというケースが多いようです。
しかし、なかには仕事が多忙すぎて転職活動にあまり時間をかけられず、転職活動が進まないという人も。
そんなときには、転職エージェントを活用してみるのが良いでしょう。

ハタラクティブは、あなたの望む条件と企業側の求める人物像を照らし合わせ、あなたに最適なお仕事をご提案します。
応募したい企業が見つかったあとは、書類作成や面接対策などさまざまな面からあなたの転職活動をサポート。
働きながらの転職活動では難しいスケジュール調整も、忙しいあなたに代わって就活アドバイザーが代行いたしますので、ご安心ください。


▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION