派遣を辞めるタイミングと辞めたいと思った理由

派遣を辞めるタイミングと辞めたいと思った理由の画像

【このページのまとめ】

  • ・退職のタイミングは契約期間満了のタイミングがベスト
  • ・ただし、理由を話せば契約期間中でも退職できる
  • ・退職を決めたら、できるだけ早く派遣会社の担当者に相談しよう
  • ・退職理由は正直に伝えて良いが、不平不満にならないように気をつけよう

働き方が多様化する現代社会では、正社員、派遣社員、アルバイトといったさまざまな雇用形態があります。中でも派遣社員は、アルバイトより高い給与水準で、限られた期間や時間帯だけ勤務したいという人にはぴったりの働き方です。
魅力も多い派遣という働き方ですが、ここでは派遣の仕事を辞めたいと思った理由についてまとめてみました。また辞めるのに最適なタイミングや円満に辞めるためのコツについても紹介していきます。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

退職のタイミングとマナー

派遣社員は、正社員とは退職の方法が異なります。正社員の場合は、退職の意思を辞める日の2週間前に伝えていれば、法律上は退職することが可能。しかし、派遣社員の場合は、原則として派遣契約期間中に仕事をやめることは出来ません。やむを得ない事情によって退職を希望する場合は、派遣会社と労働者で交わしている契約に基づいた対応となります。

このように、原則として、派遣社員や契約社員は契約期間を満了したタイミングで退職するのが決まり。といっても、それが絶対のルールというわけではなく、病気や怪我、家族の介護など、やむを得ない事情がある場合は契約期間内に退職できることがほとんどです。

仕事内容や職場環境がどうしても合わないという時も、きちんと理由を話せば退職が認めらるケースが多いので、無断で退職したり、バックレたりするのはやめましょう。
 

やむを得ない事情で派遣を辞めるときは

どういった事情があるにしても、退職を決めたらなるべく早く相談するのが社会人としてのマナー。早め早めの相談で派遣先や派遣会社にかける迷惑を少なくできますし、自分自身も円満退職できるというメリットがあります。

契約期間中の退職については契約書に記載があるはずなので、詳しくはそちらをご確認ください。
退職の際に最も気をつけたいのは、退職の話は「派遣会社の担当者」にするという点。

派遣社員は派遣会社に雇用されているので、待遇や退職に関する相談は全て派遣会社にするのがルールです。
派遣先には派遣会社の担当者から話をするのが一般的な流れなので、派遣会社に了承をとっていない限り自分から退職について話してはいけません。

退職理由はどうすればいい?

退職理由は基本的に事実のままを話せば問題ありません。給与や環境に不満がある場合は、その点を伝えて構わないでしょう。同じ派遣会社で次の派遣先を探す場合、退職理由が次の職場を選ぶ際の参考になるので、今の状況を詳しく伝えておくと良いかもしれません。

派遣先は派遣会社の大事な取引先でもあります。正直に理由を伝えるといっても、あまりにネガティブな表現や批判的な言葉を使うのは避け、退職相談が愚痴や不平不満にならないよう節度を守ることが大切です。

派遣の仕事、辞めたいと思う理由は? 

派遣の仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、大きく2つの原因に分類されます。

1つ目は労働環境です。
人間関係が良くない、パワハラなどの問題行為があるなど、不適切な職場環境に配属された場合は、そこで働くことが大きなストレスとなります。
また勤務時間や時給などの条件に不満があると、派遣の仕事を辞めたいと考えてしまうこともあるでしょう。

こういった場合は辞めるのも1つの選択肢ですが、まずは派遣元の担当者に相談してみましょう。そうすることで問題が解決する場合もあります。

そして2つ目はプライベートな問題です。
自分自身の体調不良や家族の看護・介護などの事情で、働くことが困難になることもあります。
このような場合は、まずはプライベートな問題を解決するのが1番です。

まずは仕事を辞めて、治療や看護・介護に専念するのが良いでしょう。改善の兆しが見えてきたら、そのタイミングで働き方について考えてみてください。

派遣を辞める前に考えておきたい2つのポイント

派遣を辞めたいと思ったら、辞める前に次の2つのポイントを考えておきましょう。

1つ目は次の職場探しです。
自身の体調不良や家族の介護など働けない理由があるケースは別ですが、特に問題なく働けるのであれば、次に働く職場についても、考えてみましょう。 

もし何か不満があって今の職場を辞めるのであれば、次はどんな条件で職場選びをするのかを明確にすることで、満足のいく働き方が見つかるはずです。

2つ目は雇用形態です。
派遣という働き方は、自由度が高い反面、雇用が不安定といったデメリットもあります。もし安定した雇用を求めるのであれば、正社員という道も検討してみると良いでしょう。

また転職の際は、ぜひ就職支援サービスを上手に活用してください。
就職支援サービスを提供しているハタラクティブでは、派遣から正社員の就職も積極的に支援しています。自己分析や面接対策も無料でご利用できますので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION