仕事を辞める時は会社で何を最後にしておくべきか?

仕事を辞める時は会社で何を最後にしておくべきか?の画像

テストパターン

新卒で会社に入ったものの、さまざまな理由で仕事を辞めようと考える人もいます。どのような理由があっても仕事を辞める時は、会社に迷惑をかけないようやるべきことをやってから退職するようにすることが大事です。
仕事を辞める時にやっておくべきことについて事前に知っておきましょう。

仕事を辞める時に会社で最後にやっておくべきことは?

仕事を辞める時に、会社で最後にやっておくべきこととは何でしょう?
希望していた部署へ配属されなかった、思い描いていた仕事内容と実際の業務内容に大きなズレがあった、会社の雰囲気や人間関係になじめなかったなど、会社を辞める理由は人によってさまざまです。早く辞めたいと思っていると、どうしても今の仕事に力が入らなくなりがちですが、会社に辞めると告げてから辞める時までにはそれなりの期間があるはずです。

その間にやっておくべきことは何でしょうか?

仕事を辞める時までに会社でやるべきことをやっておかないと、その後、仕事を辞める時まで今の会社でするべき仕事をしっかり果たすという姿勢は、その後、第二新卒として転職活動をする際に、説得力をもって仕事への姿勢や熱意をアピールできるのではないでしょうか。

仕事を辞める時までに会社でやるべきことは2つあります。
1つは、会社で吸収できることをすべて吸収しておくこと、もう1つは、与えられた仕事を最後の日まできっちりこなすことです。

仕事を辞める時は会社で吸収できることをすべて吸収しておく

仕事を辞める時に会社でやるべきことの1つ目は会社から吸収できることをすべて吸収することですが、具体的にはどんなことをすればよいのでしょう?

まず、自分のやっている仕事内容をしっかり学び吸収することです。

どんな仕事にも専門のノウハウや知識が必要です。残された期間で、専門的なノウハウやスキルを磨くことは難しいですが、転職後や自分のキャリアアップに必要なノウハウは学べる限り学び吸収しましょう。
入社してからこれまでに得た知識を自分なりにまとめ、不足していると感じることを補足するように努力しましょう。必要であれば、他部署の人に教えてもらうのも効果的な勉強方法です。会社を辞めてしまうとそういったことをする機会はなくなってしまいます。
第二新卒として再度正社員を目指して転職活動をする時に、辞める会社で学んだことがまとまっていると自信をもって自己アピールできることにもなるのできっと役に立ちます。

仕事を辞める時は会社でやるべき仕事を最後まできっちりやる

仕事を辞めるまでに会社でやっておくべきことの2つ目は、辞める日まで自分の仕事をきっちりこなすことです。
会社を辞めることを決めると、辞める日までの期間は次の就職のことが気になるのではないでしょうか。そのため辞めるまでの間、目の前の仕事がおろそかになりがちです。しかし、目の前の仕事をきっちりできるかどうかで、次に控える転職活動の成否が変わってくる可能性があります。

最後まできっちり仕事をすることで、辞めた後でも「やりきった」という気持ちが持て自信につながるでしょう。

採用する側は、仕事にどのような姿勢で取り組んでいたかについても興味があることがあります。最後までしっかり自分の仕事ができた人は、面接の中で面接官に自然に伝わるでしょう。

関連タグ

  • arrow