女性フリーターは結婚できない?良縁を引き寄せるには

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 女性フリーターならではの悩み

2018/06/28

【このページのまとめ】

  • ・女性のフリーターが正社員の男性と結婚しづらい理由には、人脈が広がる機会が少ないこと、金銭感覚や責任感が十分でないと認識されてしまうことなどがある
    ・一人暮らしをしたり、貯金を増やしたり、一般的な暮らしやマナーを意識した生活を送ったりすると、フリーター女性に対して男性が抱きがちな結婚後の不安を解消できる
    ・正社員になれば生活が潤う、安心して暮らせる、社会的信用度が高まるなどのメリットがある

「結婚したい」と思っているフリーター女性の中には、素敵な人との出会いがない…彼が結婚に踏み切ってくれない…と悩む人がいるようです。一般的にも「フリーターの結婚は難しい」と言われていますが、なぜフリーターだと女性でも結婚できないのでしょうか?
その理由や、結婚するための具体的な対処法について詳しい情報をまとめました。

◆女性フリーターだと男性正社員との結婚は難しい?

「良い人と出会えない」「彼氏はいるがプロポーズをしてもらえない」という悩みを抱える女性は多くいます。
特にフリーターだと、「そもそも正社員の男性と知り合えない」「出会えても結婚に繋がる関係になれない」と感じている人もいるようです。

これは、フリーターの活動範囲や人との繋がりに対する考え方によるところが大きいと考えられます。
正社員の場合、人脈を広げることで今後の業務の幅が広がったり、新しい価値観を取り入れて自身の成長に繋げたりできるため、比較的交友関係や人脈について考える機会が多め。
コミュニケーションが苦手だったり、それほど交友関係を広げる必要がなかったりする人も、長期間会社で業務を進める以上、一定以上の深い交流や人脈があるはずです。
新卒社員の入社、中途採用、人事異動などによっても、定期的に交流の機会や幅に変化を感じられるでしょう。

一方、フリーターは業務内容上、人脈にフォーカスすることは少なめ。
これはフリーターに限ったことではありませんが、積極的に交友関係を広げたり、多様な価値観を吸収しようと動いたりする意思がない限り、家と職場の往復や特定の友人との交流ばかりが活動範囲になってしまう人もいるでしょう。
アルバイトも採用が流動的に行われているため、一見出会いは多いように感じられますが、正社員に比べれば実質的に業務で関わる人数は少ない上、数年で退職してしまう人が多いため、長く深い付き合いにはなりづらい傾向にあります。
フリーターだと正社員に比べて出会いに限りがあり、人脈が偏りやすいと言えるかもしれません。

合コンなどを通して正社員の男性と出会えたり、交際できたりしたとしても、「金銭感覚が違いそう」「専業主婦を希望しているのでは」「家計や家事・育児を任せるのが不安」と金銭管理や責任能力に対しての不安を抱かれるケースが多々あり、価値観の相違から結婚は難しいと言われています。
とはいえ、フリーターでも構わないと考えている男性はいるので、諦めずに行動していくことが大切です。



◆女性フリーターが結婚するために今すぐできることはある?

一般男性がフリーター女性との結婚に不安を感じる理由は、前項を踏まえれば「社会への適応能力」の有無によるものと考えられるでしょう。
そう考えると、社会の適応力があることを示せればフリーターでも充分結婚できると言えるのではないでしょうか。
具体的には何をすればよいのか、以下を参考にしてください。

・支援なしの一人暮らしをする

男性が気になるのは「生活力」。
一緒に暮らしても家事能力やお金の使い方に問題があれば、家事や経済面での男性の負担が大きくなってしまうからです。
特に実家暮らしで家に数万円入れ、家事を手伝っているだけで「一人暮らしと同等」と考えている人は、世間とのギャップがあるので注意しましょう。

・一人暮らしをしながら貯金を増やす

結婚すると、式の費用、出産費用、教育費用、親の介護費用など膨大なお金が必要です。
女性であっても、貯金が少ないと「お金にルーズそう」「将来の見通しが甘い」「金銭面の負担が大きくなりそう」とマイナスなイメージしか与えません。
フリーターの一人暮らしで貯金をしていくのは困難ではありますが、実現できれば「やりくり上手」「生活力が高い」と高評価になり、他者と大きく差をつけられるでしょう。

・一般的な生活リズムで過ごす

フリーターは自分の都合に合わせて出勤日数や勤務時間を調整でき、生活リズムが崩れている人も。
生活リズムが異なれば、お互いに無理が生じてしまうこともあるでしょう。
もし業務上など特別な理由によって生活リズムが崩れているのでなければ、生活を見直したほうが良いかもしれません。

・マナーや基本的なビジネススキルが身についていることを行動で示す

報連相を欠かさない、遅刻をしないなどは人として最低限のマナー、ビジネススキルですが、アルバイトだとこれらができていなくても軽い注意程度で済んでしまうことも。
修正する機会がないまま過ごしていれば、男性のみならず、交友関係においても「だらしがない人」という印象を与えてしまうでしょう。

・自分のことを棚にあげていないかよく考えてみる

結婚相手には経済力、生活力、父性、身長、顔、優しさ、面白さ、運動能力などさまざまな条件を求めるのに、自分は女性としての自信がない人もいるようです。
魅力のある相手に出会うためには自身も魅力的でなければなりません。もし出会えたとしても、魅力がなければすぐに逃してしまうでしょう。
人に何かを求めるよりも、まず自分自身を磨いてみてはいかがでしょうか。

ご紹介したことを実現するためには、フリーターのままでは難しい面が多々あります。
次項の正社員になるメリットもご覧になり、就職を検討してみてはいかがでしょうか。




◆フリーターから正社員になるメリット

結婚することだけを目的に正社員になるのは現実的ではないかもしれません。
しかし、正社員になるのは結婚以外にも以下のような多くのメリットがあります。

・収入が増えて生活が潤う
・貯金を無理なく増やせる
・社会保障や福利厚生などが厚く安心した生活を送れるようになる
・長期的に勤められ職を失う心配が減る
・社会的な信用度が高くなる
・ローンやカードの申請が通りやすくなる
・産後などに仕事に復帰しやすい
・人脈を広げやすくなる
・価値観が広がり生きやすくなる
・スキルアップや人から頼られることで自信がつく
・仕事のノウハウが私生活で役立つこともある

フリーターから正社員になると自由な時間が減ること、責任のある仕事が多くなり辛いと感じることなどをデメリットに感じる人もいるかもしれませんが、実際はデメリットよりもメリットの方が豊富と言えるのではないでしょうか。
もし結婚を考えているのであれば、早いうちに正社員になり、自分を磨いておくことをおすすめします。

フリーターから正社員を目指そうとしても、不安でなかなか踏み出せないかもしれません。
そんな方は、フリーターの就職支援に特化しているハタラクティブをご利用ください。
フリーター向けの求人が豊富なハタラクティブでは、履歴書作成、面接対策など就活に関することもマンツーマンでサポートしています。
登録から全てのサービスが無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ