結婚したい!女性はフリーターと正社員どちらが良い?

結婚したい!女性はフリーターと正社員どちらが良い?の画像

この記事のまとめ

  • 女性フリーターでも結婚することは可能
  • 女性のフリーターが結婚しづらい理由は、理想の高さや価値観の相違などがある
  • フリーターでも結婚できる女性は、前向きな理由から明確な目標に向けて努力している
  • 女性フリーターが結婚するには、正社員になって生活を安定させるのも一つの手

「フリーターでも結婚できるのか」「正社員じゃないと無理?」と悩む女性も多いのではないでしょうか。フリーターは、収入面や社会的信頼度などから、結婚しづらい場合があります。しかし、明確な目標があってフリーターを選んでいるなら、相手からも好印象を持たれるでしょう。
このコラムでは、女性フリーターの結婚事情について解説します。正社員を目指すためのポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターの女性は結婚できる?

結論からいうと、女性フリーターでも結婚することは可能です。
内閣府「非正規雇用対策・若者雇用対策について」をみると、フリーター(非正規雇用)では、男女ともに成婚率が低いことが分かります。

【正規雇用労働者の有配偶率】
・20~24歳 男性9.6% 女性3.8%
・25~29歳 男性33.6% 女性22.5%
・30~34歳 男性62.1% 女性45.9%

【非正規雇用労働者の有配偶率】
・20~24歳 男性2.5% 女性5.5%
・25~29歳 男性13.8% 女性31.9%
・30~34歳 男性25.0% 女性57.5% 

参考:内閣府-非正規雇用対策・若者雇用対策について

上記の結果を見ると、正規雇用と非正規雇用によっても、男女ともに違いがあることがわかります。
女性フリーターのほうが有配偶率が高い理由は、結婚して家庭に入り、パートや専業主婦となって働く人が多いためです。しかし、これはあくまでも結婚後の話で、最初からフリーターのまま結婚しているとは限りません。すでに交際相手や婚約者がいる場合はフリーターでいることも可能かもしれませんが、まだ相手がいない女性の場合は、フリーターのままだと結婚が難しくなってしまうこともあるでしょう。
フリーター女子が結婚するためには、「フリーター女子が結婚するために就職は必要?」もあわせてチェックしてください。

参照元
内閣府
非正規雇用対策・若者雇用対策について

女性のフリーターが結婚しづらい理由

女性フリーターが結婚できない原因はさまざまあります。ここでは、具体的な理由についてまとめました。

将来の結婚生活が不安になる

相手に社会人経験がないと、「責任感がないのでは」「世間の厳しさを知らなさそう」といったマイナスのイメージをもつ方がいます。「不況」と言われる近年の経済状況では、結婚しても妻や子どもを養えるほどの給与が期待できない、と考える男性が多いもの。結婚後は共働きで家計を支えて欲しいと考える人も少なくありません。そのため、この先の生活をともにする女性がフリーターだと、不安になる男性も多いようです。

価値観が合わないと思われている

結婚はお互いが歩み寄ることが大切です。しかし、責任感や金銭感覚などお互いがもつ価値観の違いを埋めるのは、なかなか難しいといえます。フリーターをしていると、社会的信頼度も低く見られたり、「精神的に自立していないのでは」と思われたりすることから、女性フリーターが結婚相手として見てもらえないこともあるようです。
不安なく結婚するためには、正社員の方が有利である場合もあります。

結婚相手に対する理想が高いと思われている

女性側の理想が高くなっていることも、フリーターが結婚しづらい理由の一つです。実際に正社員として働いたことがない女性の場合、社会的な常識、一般的な企業男性の平均(給与や人柄)などを知る機会が少ない場合があります。
また、自分はフリーターでも、相手には好条件を求めてしまうことも。理想の相手と出会える機会も少ないので、結婚が難しくなってしまう可能性があるでしょう。

フリーターでも結婚できる女性の3つの特徴

フリーターでいる理由は人それぞれですし、事情も異なります。そのため、フリーターであっても理由が合致すれば、結婚は可能です。ここでは、フリーターで結婚できる女性の特徴について3つ解説します。

1.やむを得ない事情からフリーターをしている

さまざまな事情から、フリーターを選択せざるを得なかった女性も存在します。たとえば、持病や家族の介護、家業の手伝いなどがある場合は、正社員としてフルタイムでの勤務は困難となるかもしれません。また、元々正社員として働いていたものの、会社の倒産や経営悪化による早期退職などから、やむを得ずフリーターを選んだ場合もあるでしょう。仕方ない事情によってフリーターでいるのであれば、男性からマイナスのイメージを持たれることはないはずです。

2.夢や目標に向かって努力している

明確な理由があって自らフリーターを選択した女性もいるはずです。たとえば、公務員試験や司法試験など目標の職種に就くためにフリーターという道を選んだ人もいるでしょう。クリエイティブ系の活動をしているなら、フリーターとして生活しながら勉強をすることもあります。また、起業準備をしているという人も。
このような場合は「一生フリーターでも構わない」「やりたいことが見つからないからフリーターをしている」というわけではなく、あくまで「フリーターとして働くほうが目標を達成するために適している」「やりたいことのために融通の利く仕事をしている」だけに過ぎません。ポジティブな理由から努力している姿は魅力的であるため、結婚したいと思う男性は多いでしょう。

3.計画的に生活している

「フリーターはお金や生活にだらしない」というイメージを覆すような姿は、好印象を与えます。たとえば、働いていても毎月コツコツと貯金をしていたり、食事は三食自炊をしたりと、計画的かつ謙虚に生活をしていることをアピールしましょう。フリーターでもまったく問題のない生活を送っていることが相手に伝われば、結婚生活を具体的にイメージすることが可能です。また、きちんと自立している人であると判断されれば、結婚相手としても安心できる人である印象を与えることができるでしょう。

ほかにも、女性フリーターが結婚するための方法を知りたい方は、「女性フリーターは結婚できない?良縁を引き寄せるには」もあわせてチェックしてください。

フリーターの女性が結婚するためにできること

現状を変えて結婚を目指すなら、次の方法を試してみると良いでしょう。

自分自身を磨く

人から「魅力的」「一緒に居たい」と思われるような人物を目指しましょう。結婚相手を選ぶうえで理想はもちろん大切ですが、自分だけではなく、相手にも選ぶ権利があります。何事にも前向きで一生懸命な姿は、フリーターを問わず相手を惹きつける魅力があります。

相手に求める条件は1つに絞る

結婚相手に求める条件を書き出したうえで、絶対に譲れないものを一つ選んでみましょう。理想が高すぎたり、相手に求めすぎたりしては、条件に合う人はなかなか見つかりません。自分が結婚に求めるものは何か、一度よく考えてみることが大切です。

正社員を目指す

フリーターを脱却して、正社員を目指してみましょう。正社員になれば、安定した生活ができて社会的信頼度も上がり、心にもゆとりがもてます。また、職場や取引先など人との関わりも多くなるので、きっかけが生じやすくなることも。さらに、正社員としてやりがいのある仕事をすることで、結婚に囚われすぎず、自分らしい人生を歩めるでしょう。

フリーター女性が結婚に向かって正社員になる方法

ここでは、女性フリーターが正社員を目指す方法についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

正社員登用のあるアルバイトを見つける

正社員登用のある会社でアルバイトをしましょう。正社員登用制度がある会社で基準を満たせば、正社員への社内試験を受けられます。明確な基準は会社によって異なるため、よく確認しておきましょう。

求人サイトで正社員求人を探す

求人サイトを利用して正社員求人を探してみましょう。世の中に数ある求人サイトにはそれぞれ得意分野があったり特徴があったりと差別化を図っています。そのため、自分の状況に適した求人サイトを見つけることが重要です。

ハローワークを利用する

ハローワークではさまざまな状況に応じて求人検索ができるので、自分に合う求人が見つかりやすいでしょう。就職活動で困ったことや相談したいことがあれば、職員が対応してくれるので安心です。ハローワークは、自分の住んでいる地域や市町村などで一番大きなところへ行っても構いません。この機会に一歩踏み出してみましょう。

就職エージェントを利用する

就職エージェントは、就職のプロが求職者をサポートする民間サービスです。求人紹介のみならず、応募書類の添削や面接対策、ビジネスマナー講座など就職をするために必要なスキルを教えてくれます。また、不安なことがあれば細かく相談に乗ってくれるので、心強い味方になってくれるでしょう。

ハタラクティブは、フリーター歴の長い人や職歴がない人も安心して利用できる就職サポートサービス。約11万人以上のカウンセリング実績を持つ就活アドバイザーが、あなたの就職をお手伝いいたします。ITや流通、人材・教育、マスコミ、メーカーなど幅広い分野の求人を取り扱っており、内定率は80.4%(2021年3月)。
サービスの利用は無料です。まずはお気軽にご相談ください!

女性フリーターと結婚に関するQ&A

女性フリーターと結婚に関するさまざまな疑問について、Q&A方式で解決していきます。

女性フリーターで結婚するのは無理ですか?

女性フリーターであっても結婚は可能です。現代は、女性も経済的自立や社会経験が必要な時代であることから、男女ともに結婚に求めるものが変化しいます。しかし、夢や目標のためにフリーターという働き方を選んでいる方や、堅実な生活をしている方などは、フリーターであっても好印象を持たれることも。日々頑張っている方は、結婚相手として惹かれる可能性もあるでしょう。

相手がフリーターなので将来が不安です…

結婚を考えている相手が年齢を重ねてもフリーターを続けているなら、就職する意思があるのかを確認してみましょう。資格を取得するためや、特定の職種に就くためにフリーターをしているなら、将来就職する意思があります。また、「△年後を目標に頑張る」と、具体的なタイムリミットを決めるのもおすすめ。結婚するタイミングを待ちながら、ずるずると無駄な時間を過ごさずに済むでしょう。詳しくは「30歳以上のフリーター彼氏がいる人が知っておくべきこと」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

フリーター同士ですが結婚したいと思っています

結論からいうと、フリーター同士でも結婚はできます。ただし、お互いに収入が不安定なため、節約をしながらの生活を送る可能性もあるでしょう。ただし、元々の収入が低いままだと、なかなか満足できる結婚生活にならないことも。自信をもって結婚を決めるためには、どちらかが正社員を目指してみるのが得策といえます。「フリーター同士の結婚、周囲の理解は得られるの?」もあわせて参考にしてみてください。

女性フリーターが結婚しづらい原因はある?

女性フリーターが結婚しづらいのは、「将来の目標がない」「自立できていない」などと思われてしまうことがあるため。目的があってフリーターを選んでいたとしても、第一印象ではなかなかそれが伝わらないこともあるでしょう。もし結婚願望があるなら、身分を安定させるためにも正社員を目指すのがおすすめです。就活の準備に不安のある方は、マンツーマンのサポート体制が魅力のハタラクティブまでご相談ください!

関連タグ